01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/12/27//Thu * 23:45
●○白元

白元01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

掘り掘りシリーズの残りを駆け足でUPして来ましたが、遂に最終回です。最後
に相応しく、BDの最後の最後に発掘されたブツをご紹介しませう。右側の小壜
(アラバスター的なヤツ)がそれ。楽しかった掘り掘りタイムが終了し、掘りに
伴って出て来た大量のガラどもを片していた時のことです。そのガラの一つの
欠けた茶碗をゴミ袋に入れようとしてふと見てみると、内側に土の塊がこびり
ついていました。その土の塊から白い何かが覗いていて、なんだコレ?と思い
ながら茶碗から土塊を引っ剥がし、崩してみるとなんと!そこから小壜が現れ
ました。アラバスター的な中々かわいいヤツ。これにはビックリです。しかも
もう少し注意を払っていなかったらそのままゴミ袋行きだったので、ホントに
危ないところでした。しかし凄い現れ方をしたな。そんなキュートな出遭いな
こともあってか、未だにお気に入りのブツの一つなのです。左側のも同じくBD
中に発掘されたモノ。両方とも白元のエンボスが底にあります。

続き…


2018/12/22//Sat * 21:31
●○メヌマ

メヌマ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

つい先日、いつかは気紛れでUPするかも?と宣言したばかりだってのに、もう
いきなり気紛れ発動とは。。 これでは普通に今回の掘り掘りシリーズの一環
になっているだけではないですか。なんだか、久しぶりにこの壜を出して来て
グリグリと撫で廻していたら、ガツシリ感と重量感が心地よくて何かいいなあ
って感じになってしまったのです。そんな訳で、メヌマポマードです。
コレが土の中からゴロリとまろび出た時は、うわ、でか重っ!であり、こんな
デカ目なヤツはあまり興味がなく、置いてこようかな・・とさえ思っていたの
ですが、いつの間にか連れ帰ってました。でも今では連れ帰ってよかったかな
と思っております。ズツシリ感と白さ感が妙にいいのですよね。8.1cm×5.4cm、
中々ご立派な佇まいで茣蓙居ます。

続き…


2018/12/18//Tue * 23:45
●○IDEAL

IDEAL01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

掘りモノをまだ続けます。今まで放置してたのを何で今更UPに走っているのか
知りませんが、火が付いたのはチャンスなので突っ走りたい所存です。年内に
完遂すること希望。まあ、この時の掘りモノシリーズで、カゴメケチャップ
のような大物はもう残ってませんけど。というより、もう壜自体が殆ど残って
なく、恐らく次回のUPで打ち止めな感じでしょうか。

今回のこれは小物ですらないヤツです。このハケで掘って出たガラや不要壜は
各自持ち帰って処分しましょうということになり、持ち帰って処分する予定の
ブツでした。何か佇まいが気になり洗ってみたところ、透明感がありいい感じ
の壜に化けたため、急遽懐にしまったという。他のガラたちと一緒くたに適当
に運んだので、恐らくその時に付いてしまった傷が悔やまれる一品ですね。

続き…


2018/12/12//Wed * 23:57
●○香水らしき三種

香水らしき三種01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

さあて、続けてガシガシと行きませう。
今度は香水っぽい三種です。こんな感じのは、BD体験中この三つだけしか取得
出来てないので、これで全部です。小さくていい感じの物体です。流石BDモノ。
こんな感じのヤツは浜拾いでもたまに出遭いますが、みな擦れているのばかり
です。今回の特に左のヤツの状態のよさは中々なもので、思わずキュウと声を
漏らした。透明感が全然違う。

続き…


2018/12/09//Sun * 14:57
●○クリームジャー三種

クリームジャー三種01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

アっという間にもう12月。もう一年の終わり月。年月が経つのが早過ぎて大変
弱っております・・・ が。まあアレです。直前の記事で書いた通り、今まで
溜め込んで来たヤツらのジワジワUPに戻ります。そして、こうなったら昨年の
二月BDの成果残りを続けさまに出してしまおうかと。連れ帰ったモノの内、UP
しようと思っているモノはもう幾らもないですし。

そんな訳で、今回は化粧品クリーム的なヤツ全部。ホントはもう一つメヌマの
大き目のジャーが一つある(BD体験記事三枚目の写真)のだけど、なんか重いし
何となく面倒(酷い理由)なのでいつか気紛れでUPでいいかな・・・

続き…


2018/11/30//Fri * 21:43
●○ユウシオガイ

ユウシオガイ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もう一発位、南紀行の時の採取ブツをUPしておきましょう。これで一旦終了と
して第二陣以降はまた適当にやって行こうかと。次回からはまた溜め込んでる
何かをじわじわと行こうかと思います。

この第一陣のトリを飾るのがこちら、ユウシオガイです。今回実施した南紀行
の主目的の一つでして。見た目通りニッコウガイ科、つまりサクラガイの仲間
なんですが、地元神奈川で全く見たことがありません。どうも棲息してる場所
はあるようですが、私自身は全く見たことがありません。何となく形が似てる
モノは見つけることがあるのですが、何かが違う。といったことで、この貝を
拾うのはプチ憧れでした。何より名前がいい! 夕潮貝なんて、なんて浪漫か!
桜貝の仲間で名前がカッコよく、地元で拾えないなんて、もうこれは行き掛け
の駄賃をやらなくてどうするのか?

続き…


2018/11/22//Thu * 21:12
●○イワカワウネボラ

イワカワウネボラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

などとUPしてみましたが、ホントにこれらがイワカワウネボラかどうか相当に
自信がなくなっています。最初の勢いはよかったのです。図鑑で見つけた時は
「これだっ!」と電流が走りました。ところがホントにそうなのかどうか確認
するためネット上をその名前で検索して行くと、どうも唇の部分が違うように
感じてしまい、現在は疑心暗鬼の嵐・・・ でももう判らないからこの名前で
通すことにしました(棒読)

この貝、三年前にオゴクダ浜に行った時は一つも見つけていないのに、今回は
幾つも目にしました。前回は見る目が違ったのかも知れません・・・

続き…


2018/11/14//Wed * 22:39
●○マダライモ

マダライモ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

なんか牛を見ているような気がしてきた・・・
ってことで、南紀での収穫ブツ第二弾、マダライモです。三年前にオゴクダ浜
に行った時は一つも見つけていないけど、今回は結構見かけました。まだ暗い
浜でヘッドランプが照らした姿は結構きれいだと思ったのに、現実に戻ったら
思ったよりしょぼい状態でガツクリときました。ツヤツヤに見えたアレは一体
何だったんだ? でもまあ、その後拾ったもう一つのヤツと共にUPに堪えられ
そうな状態ではあったので、記事にしてみることにしました。本州中部以南に
分布するとなっているので、関東じゃ拾えなさそう。実際地元とかで見たこと
がありません。うん、牛っぽい。

続き…


2018/11/11//Sun * 22:11
●○アヤメダカラ

アヤメダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回の記事でお伝えした通り、今回から何回か南紀行で拾って来た貝殻とその
関連(同じ貝だけど前に別の海岸で拾ったヤツとか)のモノをUPして行こうかと
思います。その第一弾は、オゴクダ浜に行く度結構見つかるアヤメダカラです。
とはいっても擦れたモノばかりしか拾えませんでしたが・・・

上手い具合に擦れてると、カモンダカラと一瞬勘違いする気がしないでもない
アヤメダカラ。背中側は写真をご覧の通り、何で「アヤメ」って名がついてる
のか判らない地味目な模様の貝です。とはいっても、ツヤピカなヤツの背中側
の模様は地味でもとても美しいのですが。

続き…


2018/11/07//Wed * 23:59
●○南紀ノ残滓

IMG_6228A.jpg
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

せっかくの南紀行だったので、これから数回はそこで拾った貝や関連の記事を
UPして行こうかと思いますが、それやる前にちょこっと小さ目のお気に入りや
なんて貝か不明なヤツを記念写真しておこうかと思います。今回巡った海岸の
中から、オゴクダ浜メインになっています。一番右上のリシケイモっぽいヤツ、
右下ツグチガイ三つとその左のトガリアヤメケボリ??みたいなヤツと、腹を
見せている謎のタカラガイは御前崎、マルフトコロ左の謎のフデっぽいヤツは
串本町の別海岸で拾ったモノ。それ以外のブツは全てオゴクダ浜です。

お気に入りはマルフトコロ。何ですこの超愛らしいお姿は? 何というか名前
もマルフトコロ以外の何モノでもなく、コロコロです。
判らないので気になっているのは、先程書いたマルフトコロ左隣のフデガイの
仲間っぽいヤツ。そしてイモガイたち。イモガイたちの中にソナレイモらしき
モノが二つありますが、その上の赤いヤツが気になって仕方ありません。コレ
は波打ち際で見つけたのですが、中身が入っていました。そして中身も真っ赤
でした。そして、他のイモガイたちも全滅です。全然判らない・・・ 下の方
にあるクチベニホラダマシっぽい貝が結構いい感じなのですが、もうちょっと
ツヤツヤだったらなあ。そして、腹を見せている謎のタカラガイ。背中は特に
模様らしきものがなく薄い茶色。結構ツルツル。ツヤピカではない。コイツが
何か判らなくてとてもモヤモヤしています。

続き…

<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ