02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/02/09//Thu * 23:11
●○カメセ

カメセ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

一見何に利用されているのか、推測がし難そうな壜です。薄っすらとした青色、
上品に散った気泡、独特なフォルムとか、中々に落ち着いた雰囲気をを醸して
いて、お気に入りです。ホント、いい味出しているのです。そして、海モノと
してはとても状態もよくて、一箇所だけ気泡が爆ぜたような傷がありますけど、
それ以外は良好です(あくまでも海モノとしては・です)。

続き…


2017/02/04//Sat * 19:54
●○大日本麦酒

大日本麦酒01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何度撮り直してみても色んな場所や条件で試してみても、全然うまく撮れない。
撮る度にこのセンスのなさは一体どうか?と、思ふばかりなり。結局、一度も
まともな写真なんぞ撮れやせず、かなりどうでもよくなったため、諦めました。
なんて云うか、何でこうでかい瓶ってこんなに写真撮るの難しいのか。いつか
もう少しマシな写真が撮れたら是非差し替える所存ですが、そんな日はきっと
やって来ないのでしょう。       - - お・し・ま・い - -

続き…


2017/01/27//Fri * 21:17
●○イソバナ

イソバナ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今月はも一つオマケに生物的な何かをUP。イソバナです。いや。もしかしたら、
何か他のヤギの仲間かもしれません。でも、どうせきっと判別は出来ないので
イソバナでいいことにします。軟質サンゴ(ソフトコーラル)の一種。赤橙黄等、
色んな色があり、以前にUPしたツグチガイの宿主で、このイソバナの色により
ツグチガイの色が変化するそうです。ということは、黄色のツグチもいるんだ
よね? もしいるのならすごく見てみたいのですけど・・・

続き…


2017/01/22//Sun * 21:48
●○カコボラ

カコボラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

フジツガイの仲間ってのは、何でこんなに魅力的なのでしょうか? 完全なる
王道のザ・巻貝!っていうよりは、ちょっと捻くれ気味方向の仲間たちが多数。
この仲間を見つけると地味に嬉しい。嬉しさ微量UP!って気分になります。
っていう訳で、そのフジツガイの仲間のカコボラをUPです。少し前に銀の足跡
の真紅さんと、この貝の殻を覆う毛のような藻のような変な物質について話を
していたばかりで妙に記憶に残っていた上に、ちょうど洗浄が終わったことも
あり、勢いでこいつ等をUPしてみることにしました。
その時の話の対象になったのが、初拾いのページで載せていた、鎌倉で拾った
毛に覆われたカコボラで、いざ洗浄が終わって一皮剥けてみれば小振りながら
今まで見つけたカコボラの中では群を抜いて状態がよく、軽く感動してしまい
ました。この写真で云うと、左下のヤツがそうです。

続き…


2017/01/17//Tue * 22:27
●○コダマケボリ

コダマケボリ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

恐らく。多分。色々と調べていて、何となくこれが一番近いかなあって思った
のですが、正直云ってホントにコダマケボリなのか、全く自信がありません。
漢字では小玉毛彫と書くようです。特徴的な模様でもあればまだしも、真っ白
だし、でもこれはただ色が落ちているだけかもしれないし、小さいし。
しかし、このプックリ具合はどうですか。個人的にはコダマケボリって名より
コダマウサギって名前にすればかわいかったのに・・とか思うんですが、その
名前で調べるとまた違う形のウサギが現れます。何ていうか紛らわしいですね。

続き…


2017/01/12//Thu * 23:21
●○コモンダカラ

コモンダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

タカラガイの前回のUPだったカモンダカラと一文字しか違わないのに、えらい
違うコモンダカラ。成貝になるとドッシリした感じになって、何か落ち着いた
高級感とか重厚感とかを漂わせているような気がしないでもない貝です。何と
いうかですね、造形や模様がいちいちいい感じなのです。大人っぽい貝とでも
云えばいいのか。

続き…


2017/01/06//Fri * 20:01
●○初拾い群(小)

初拾い群(小)01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

特に凄いモノは拾えなくていい、地味でも何か嬉しいモノを拾えればいいなあ
今年。そんなことを願って、その世界では特に珍しくもないであろう壜と貝を
一緒に撮ってみました。相変わらず太陽の動きが思ったよりも速くてドタバタ
したため、「この節操の無さはどうなのか?」「ママァ、あの構図変だよ?」
とかの疑問文句質問問答自問自答悲哀嗚呼焼売とか無しに願います。
※小壜だけは今年のモノではありません。それが残念な気がしないでもない。

今年もやはり少々出遅れましたが、明けましておめでとうございます。
今年は三が日が仕事で、その後は三日間休みであり、四日に初詣と初拾い実施。
五日に初拾い第二弾を実施しました。去年のように三日連続な超豪華版は出来
ませんでしたので、タイトルに(小)を入れておきました。

続き…


2016/12/30//Fri * 18:11
●○無銘 026

無銘 02601
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

口欠け、全体的に擦れ擦れで、それでも壜の体裁を保っているという、まさに
海モノの風格を持った小壜で、今年最後の更新としたいと思います。

・・・なんて、去年の最後の記事と全く同じ文を使用。特に狙った訳ではない
けど上記の文の通りの壜だし、何と色まで同じグリーン。自分でUPしておいて
なんだけど、ちょっと驚きました。

続き…


2016/12/22//Thu * 22:22
●○プラトンインキ

プラトンインキ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もうちょっと光の中の美しく・・というイメージが欲しかったのですが、こう
いう風なガラス自体が凸凹したデザインだと光がうるさ過ぎて、ちょっと落ち
着いた写真に出来ず(完璧力不足)、仕方なく大変大人し目に光を当てる作戦に
出てみました。結果、中々ガラス感が出た写真になったようなのかどうなのか。

コレを見つけたのは今月。つい先日です。壜は基本的に時系列順に載せている
のにも拘わらず、なんでコレを今UPしたのか。実は前回記事のひょうちゃん
引き続き、その日に見つけた陸モノ第弐号なのです! なので、今回の記事は
前回の続きみたいな位置付けになっています。

続き…


2016/12/17//Sat * 22:11
●○ひょうちゃん 肆

ひょうちゃん 肆01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

二代目ひょうちゃんです。ホントは前回のUPからたった二つしか増えていない
ので載せる予定ではなかったのですが、最後に拾ったヤツが記念すべきブツで
あり、これは載せんとならんと載せずにはいられなかったのです。

何の記念なのかといいますと、「壜陶磁器類を拾う」ということに興味を持つ
ようになってから三年弱、今まで見つけた壜陶磁器類は全て海辺か海縁の場所
でしたが、今年の12月(つまりホンの少し前!)、遂に海とは縁も縁もない地で
初めて壜陶磁器類を拾いました記念で茣蓙居ます。
下の列右端のボールとグローブ絵のヤツが祝!初ノ陸モノ! 最後に見つけた
左隣の涙のDearfriend(これも本ブログ初掲載)から実に一年半以上ぶり。初代
ひょうちゃん以上にお目にかかれない二代目を、まさか陸地で見つけることが
あろうとは。とても感慨深いです。

続き…

<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ