09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/09/17//Thu * 00:04
●○味の素?

味の素?01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

味の素小放出なんかしてたので、2014年の台風19号が通り抜けた翌日の話から
随分かけ離れて行きましたけど、またその日に拾ったブツに話が戻ります。
ただし今回挙げたそのブツ、実は味の素小放出のラストの一品でもあるという、
何だかとってもお洒落着地気分(><)


味の素?02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:神奈川県藤沢市 2014/10/15

拾った時の状況。とにかくあちこち漂着物だらけなのですが、ココら辺一帯は
牡蠣殻だらけ。その中に混じってコロリンとありました。これを見つけた時は
全く何なのか判らず、壜かどうかすら不明でした。口の部分はスクリューじゃ
ないし、もしかしたらアルコールランプとかランプ類の容器の部分ではないか?
とか考えたり、果てはドアノブ?とかまで思考が飛びました(泣) 何かですね、
ちょうど手に握って廻し易そうな感じなんですよコレが。外のドアには強度的
に無理でも、室内のお洒落ドアとかだったら実用に耐えるのでは?とか、もう
どう見てもドアノブにしか見えなくなってしまって早数ヶ月。或る時たまたま
平成ボトル倶楽部さんのブログ問題のブツが載っているのを見つけました!
何い?味の素の卓上容器だと? 全く予想外の正体に軽い衝撃が。ただしその
記事では、問題の容器は何種類もある味の素壜の一つとして写真に載っている
だけであり詳細が全く判らなかったため、味の素のサイトで卓上容器を調べて
みたのですが、何故かこの容器だけきれいに載っていません。ブログには四つ
の卓上容器が載っており、その内の三つは味の素サイトに載せられているのに、
まるでこの容器は最初から無かったかの如く、有りません。この容器に関して
は、平成ボトル倶楽部さんのブログ以外では一切写真が見つかりませんでした
ので、こうなったらこの記事のコメントに質問してしまえ!と、質問しました。
そしたらなんと、新しい記事を立てた上でお答えをいただきました! こんな
全く何のガラスなのか判らなかったものが、こんなにも細かいことまで判って
しまうなんて・・・ その記事を以下にリンクさせていただきますので、もし
興味のある方は是非ご覧になってください!

N氏所蔵の謎の「味の素 容器」
東京大学総合研究博物館画像アーカイヴス(No.295をご覧下さい)

上段が平成ボトル倶楽部日記の記事、下段が、発売当時の新聞広告です。
貴重な情報をありがとうございました!

この容器は、昭和二年に発売された味の素の卓上容器に間違いないことが判明
した訳ですが、新聞広告を見る限りでは限定品? としても五万ダースという
のは果たして限定といえるのか。限りなんて数じゃないじゃないか(><)


味の素?03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

結構状態はよくないです。擦れは海モノにしては意外とないんですけど、非常
に残念なことに、口から側面の下部にかけて大きなヒビがピシッと一箇所斜め
っぽく走っています。そして口の辺りは貝殻類のカルシウムがピシピシと付着。
これはまあなんとなく風情と思ってそのままにしていますよ。そして、気泡が
幾つかあります。これが昭和初期のものとは・・・ ちょっと信じられない程
古いんですよねえ。
味の素の卓上容器はコレを含めて四種類確認されていますが、他の三種類には
本体に味の素の文字がキツチリ入っているのに、この容器だけは本体には何も
文字がありません。そのせいで長い間ドアノブとか思っていた訳ですが・・・
文字は蓋の方にキツチリとあるんですね。拾いモノで被せ式の蓋なんてそれは
無理ってなモンです。

そんな訳で、ちょっと脱線したプチ味の素祭り、これにて出し尽くしました。
打ち止めです。底が浅いですね。次回の記事からはまた台風19号痕の漂着モノ
からジリジリとUPして行こうと思うです。


>> 2015/09/17 19:07
こんばんは。
この牡蠣殻とゴミの中から、宝物を探す目を持っているとはさすがです(´▽`)
しゃれた素敵なビンだ~!と思ったら、味の素のビンなんですね!
今の赤いパンダはついてるけど、形自体はシンプルなビンしか知らなかったので、こんな凝った形のものが出てたなんて驚きです。
この頃は味の素も高級品だったんでしょうか(´▽`)
なんとかフタも欲しいですねぇ。

>> 2015/09/18 00:03
こんばんは
ビーチコーミングですか?台風の後は期待できますよね、行こうにもなかなか都合良く休みの日程が合わなかったりしますが(*~*)

そう言われるとドアノブに見えてきました、本当に加工して取り付けたら面白い…かも(笑)

原型を留めている瓶を海で拾った事がないので羨ましいです!
岩が多いのか分かりませんが、よく行く海は破片ばかり…いつかよ〜かんさんのような形のある漂着物との出会いがあることを祈ります。

これからもブログ更新頑張ってください^_^

>> 2015/09/20 12:48
>かのこさん

こんにちは!
壜は大きいからそこにありさえすれば目に付きますけど、それよりも、あんなチカチカした貝溜まりから小さなウサギ系とかを見つけられる方のが遥かにすごいのではないかって思います♪

味の素の壜ってかなり奥が深いです。今のびんになるまでは、色々と変遷があって面白いんですよね。
出た当初はきっと高級品だったと思います。色も今みたいな真っ白ではなくて、褐色っぽい色だったそうですよ~
確かに、蓋は欲しいです。海での拾いモノの場合、蓋は全く期待出来ないので、別々でもいいから見つけられたら嬉しいですね。

>> 2015/09/20 13:00
>もち子さん

初めまして。コメントありがとうございます!
確かに台風の後は、今までにないようなモノも期待出来るので、台風の後は休みであってくれ!と祈りますが、まあなかなかタイミングが合う訳もなく、職場で「嗚呼、今日海に行けてればきっと凄いのを見つけられたんじゃないか?」とか身悶えしまくりです(笑)

丁度底のところを握って手をクイクイやるとホント丁度いい感じなんですよ。アルコールランプの底かドアノブかと思っていたんですけど、ドアノブ度はその内75%位でした(笑)

私がビーチコーミングを始めた頃は壜とかを見つけることはなかったんですが、意識し始めるとあちこちで見つけられるようになりました。破片がたくさんあるってことは、少なくとも原型があったか、まだかなり眠っている可能性があるのではないでしょうか。地形的に割れ易いかもしれませんが、粘っていればきっと出逢える気がします。破片すら見つからない場所よりは遥かに楽しみだと思いますよ♪

ブログ更新、中々頻繁に出来ないんですが、UPしたいモノだけはまだまだかなり控えています。またよろしければお立ち寄りくださいね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/95-b9813a01

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ