09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/09/02//Wed * 00:33
●○AJINOMOTO

AJINOMOTO01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

前回予告した通り、手持ちの味の素を全て吐き出してしまうべく味の素時系列
無視連続UPです。味連です。まあ、手持ちを全て吐き出すととか云う程大して
持ってないので、出来る業と云えましょう。すぐに打ち止めになるから、まあ
見ていて御覧なさい(泣)

前回でも書いた通り、ふりかけ式の容器が出現する以前は、付属のスプーンで
中身を掬っていたのですが、使用されていたガラス壜はほぼこの写真のような
バチびんと呼ばれるタイプのようですね。その中でも、スクリューキャップの
これは一番新しいもので、この壜は1950年の15g入り容器と思われます。この
次の年には、前回UPしたあのふりかけ式容器が登場するので、この壜が最後の
味の素バチびんになるのかな・・・

今回は方眼紙写真を載せないので、大きさを。高さ8.3cm×幅5.0cmです。
写真を見ると判ると思いますが、もの凄く底が分厚く左右も分厚いです。これ
じゃあ壜の外の見かけよりも中身が入らない・・・ でもこの不恰好さが好き
かも。底に「Y AJINOMOTO 12」とエンボスがあります。調べてみるとキャップ
はアルミ製だったようです。


AJINOMOTO02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:神奈川県藤沢市 2014/12/09

この壜はちょっと面白い場所で見つけました。海岸に流れ込む川があり、その
片側がコンクリートブロック製らしき塀になっているのですが、その塀の根元
が一部川側に張り出して人が余裕で乗ることが出来るのです。その張り出しは
干潮時にしか現れないようで、ずっとこの海岸に来ていて暫く気がつきません
でした。で、或る日その張り出しが見えていて、驚いたものです。そして何と
なくぼんやり見ていたら、その上に何やらびんのようなモノがポツンと落ちて
いるのが見えます。この時点ではまだ一度もホンモノは見たことがないネット
ではよく見かけるバチびんに似ているように見えます。でも少々距離があって
確信出来ない。でももしその壜だったら絶対に欲しい。ただその張り出しの上
に乗るためには、川を渡らないといけない。この日は長靴を履いていましたが
その高さよりもホンの少しだけ水面が高い感じなのです。でも川幅が一番狭い
ところから一歩分だけ目を瞑れば張り出しに乗れそうです。ただし長靴内には
確実に浸水することは覚悟しなければなりません。その結果もしただのヘボい
ゴミとかだったら・・とドキドキです。そうした経緯を経て、私の手元にこの
壜があります。当然、長靴には浸水のオマケが正しく付いて来ましたが。張り
出しの上に乗ってこの壜を見た時が上の写真です。張り出しの上にポツンと壜
一つ。コレを手にした時、嬉しさよりも何でこんな処にポツンと壜が?という
思いの方が強かったです。何でこんなところに落ちていたんだろ?

コンクリートの張り出しの上に落ちてたからなのかどうか判らないけど、結構
ダメージはあります。一番大きいのは底付近の側面にある剥がれたような欠け。
でもそれ以外は意外ときれいな方かも。問題なのは相変わらず内側の水垢状の
汚れがどうしても取れないこと。水垢みたいな汚れはほぼクエン酸で落ちるん
ですが、それで取れないヤツはどうやっても取れない。只この壜の内側は銀化
しているから、落ちないと思われる汚れの半分以上は銀化かも知れません。


AJINOMOTO03
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

底のAJINOMOTOのエンボスを。凸凹を浮き立たせるためにライトを当ててみた
んですけど、内側の汚れに反射して変な紫色っぽい色になっています。しかし
ホントに面白い形をしていますよね。バチびんとはよく言ったものです。

味の素の壜の変遷を調べるために、味の素のサイト内にある特集ページを読み
ましたが、とても細かく画像も文字が読める程度の大きさで載っていたりして
大変参考になりました。味の素グループの100年史、興味がある方は是非!


>> 2015/09/08 00:23
よ~かんさん、こんばんはーヽ(*´∀`)ノ

お馴染みの味の素も
実はいろんな形で発売されてるんですね~
100年史も見に行っちゃった。
知らない世界ってすっごく楽しくて
いつも「へーーー」「ほーーーー」ってなってます。

壜の底のエンボスって可愛いですよね♡
なんか凝ってる感じがレトロでいいなー
そーいえば、今時の壜の底ってどうなってるんだろう?って
冷蔵庫の中の調味料とかジャムとか見たけど

全然面白くなかった・・・・



まあ見ていて御覧なさい(泣)
↑なんか、これがすっごいツボってしまって。
文学っぽいよ~かんさんの文章も大好きです。

>> 2015/09/09 17:21
>ekuさん

こんにちはっ!
そうなんです、味の素ってホント深いんですよ~
容器はガラスビンだけでなく缶や紙や陶器まであって、キリがない感じなんです。
100年史、読まれたんですね。味の素の歴史、かなり力を入れて載っているので、すごいですし、壜の歴史を探す人にとってもかなり助かる資料になっていると思います。

昔の壜って形やエンボスがとにかく今ではないようなデザインだったりするのが堪らなくよくて、っていうか、それこそが昔の壜の魅力かと思ってます。今度新しく載せたヤツはもっとレトロそうなエンボスですよ(笑)
現在のびんは機能とかそういったものに特化して画一化しているから面白くないんですよね~

文章、ありがとうございます(笑)
昔っからこんな書き方しているんですけど、そんな風に云ってもらえると大変な喜びです(><)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/93-bb4b87db

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ