09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2014/06/03//Tue * 14:38
●○岐152

岐15201
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

意識して撮ってやった! なのでどうですか?この右っぽい心意気っぷりは。
ってな感じで、小さ過ぎてうっかりUPするのを忘れていたヤツを一つ。
とても小さいです。どれ位小さいかというと、崎陽軒醤油皿の内のり分の半分
の大きさで御座居ます。う~ん、なんて判り難い例えなのか。そして、小さい
んだけど手作り感があり、全体的に捻れて不恰好です。一体これは何の用途で
作られたモノなのでしょうか。しかもよく広大な砂浜の中から見付けることが
出来たよなあ、こんな小さいの。


岐15202
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

取得地:神奈川県鎌倉市 2014/01/23

裏返してみると、底面に何かあります。一番上は「★★★」、二、三番目には
「岐152」と文字が入っています。プリントではなくちゃんと出っ張ってます。
岐152の「2」は下半分が消えかかっているのですが、カーブ具合からそう判断。
これは何か? 調べてみると、物資が不足していた戦時中の数年間、鉄や硝子
等の代用品を陶器で作製し、その際窯元も統制されたことがあり、作製された
陶器はどこの産地かが判るように振られた統制番号である
ことが判りました。
この器にあった「岐152」は、岐阜の窯で作られたことを示しています。番号
は何だか判りませんが。今回のこの不恰好で釉薬もかかっていない小さな器に
まで、わざわざこの番号が付けてあるというのにはビックリです。しかもこの
統制番号が最後に振られた、つまり一番器が新しく作られた時期を仮定しても、
この鎌倉の浜辺に現れるのに70年弱も経過していることにも度々ビックリです。
一体どのような行程を経て来たのでしょうか。とてもそんな年月が経過してる
とは思えない・・・

しかしこんなに小さいのにも拘わらず出自が判ってしまうなんて、何て素敵か。
是非他の壜どもにも見習わせたいものです。


>> 2014/06/04 22:26
3cm弱の四角い容器 何なでしょうねぇ〜???
大きさから見ると麻雀パイみたいに見えるけど〜
色が石みたいな雰囲気ですもんね^^;

総制番号の完品 凄い羨ましいですぅ〜ヽ(´o`;
私っ!! 持ってないんですよぉぉぉぉ〜
その頃の時代であろう〜 代用品的なもの…
陶器製の下ろし金はあるんですが 総製番号は無いんです(泣)

>> 2014/06/05 21:44
>shizuさん
こんばんは~
もうね、実際に手にとってみると、ホントどってことない感じのモノなんですよ(笑) 磁器にしては少々暖かみがある感じはします。しかしコレって、何の代用品なんでしょうね。ワザワザ統制番号まで振ってて・・・
統制の陶器、shizuさんが一つも持っていらっしゃらないのは意外でした。たま~に統制番号の欠片は拾ったりします。そしてもう一つ完品を持ってますが、確かに拾う確率は低いですね・・・
陶器製の下ろし金、なんか面白そう。やはり金属の代用品なんでしょうか。

>> 2014/06/05 21:51
☆06/05 00:02の鍵拍手様。拍手コメントありがとうございます!
まあ確かに、大きさの例えはローカル過ぎて分からないですよね(笑)
ホント今って結構何でもネットで調べられるのに、こと壜のことになると、全然ヒットしないんです。スッキリする程素性が判ることって殆どないんですよ。思い切り商品名とかが判っても、それで検索しても全然判らないことばっかりだし(泣)
しかもこれからも何の壜なんだか全然判らないモノばっかり登場しますので、お楽しみに(笑)
あ、なる程。ハムスターの食器っていう発想は新しいですね~ 想像するとかわいいかも。

>> 2015/02/26 13:35
大変申し訳ありません。今まで拍手でコメントがあった場合、鍵付であれば公開されないし、鍵付でなければ拍手した時に見えるのかと思っていましたが・・どうも鍵付じゃなくても見えてないようですね・・・ ということは、公開コメントにお礼の返事をしても書いていただいた方に見えていなかったということです・・・コレでは全く意味がありませんので、鍵付も付でなくても返事はこのコメント欄にさせていただくことにします。今までの鍵付の方はお名前を公開せず、鍵付でない方はお名前を出して返事をさせていただきますので、よろしくお願いします。未だに拍手の挙動が全然分かっていないです・・・ 今までに鍵付でないコメントは二つ。その時にお礼返信をした文をそのまま載せます。

★06/09 16:26 に拍手コメントいただいた 時計草 (Cherry's Way)  さん

時計草さん、初めまして! 海のモノは壜に限らないのですが、そこに流れ着くまでの物語を考えるとホントワクワクしますよね。 浜拾いが好きという方にコメントをいただけるのはとても嬉しいです。またこれからもよろしくお願いします♪









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/9-8ec0027a

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ