07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/07/17//Fri * 22:00
●○カオール

カオール01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

口中香剤、カオール。どう見ても仁丹っぽい外見と匂いの銀色の粒です。それ
が入っていたらしき小壜がこれですが、今現在のものでもないし、大昔のもの
でもない。一体いつの頃のものなのか全然判りません。どうも台湾と技術提携
をしているようで、台湾でこんなのがあった的な情報をネット上で見つけたの
ですが、この壜の形ととても似ているのでした。でもネット上のものはもっと
小さな感じがするし、壜の形もちょっと違っていました。いずれにせよ21世紀
にもなってまだこれに似たガラス壜が外国で売られてるということは、大して
古い壜でもないのかもしれません。見た感じ昭和30年代っぽい匂いを醸してる
のですけどね・・・


カオール02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:神奈川県藤沢市 2014/10/08

昨年の10月、台風18号の翌々日に何か凄い拾いモノを期待して海岸までやって
来ました。海岸はもの凄い量の漂着物で覆い尽くされており、きっとモノ凄い
何かが見つかるのではないか?とドキドキしながら歩いたのですが、モノ凄い
らしき感じはなかったです・・・ モーターボートっぽいでっかいモノが打ち
上がってたのには驚きましたが。まあとにかくゴミっぽいものの漂着が大量に
あり、歩くのも大変な程。結局拾えて嬉しかったのは、この壜と、もう一つ位
でしょうか。この壜は写真の通り、大量の漂着物の中にポツンと落ちてました。
背景には前述のモーターボートが。中に赤っぽい液体が入って非常に不気味で
あり、ちょっと躊躇いました。しかし何で仁丹っぽいヤツが入っている壜の筈
なのに赤い液体が?


カオール03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

全体的にコロンとした可愛げのある壜です。側面のエンボスは横に入っている
線だけ。括れっぽい部分を持つとちょうど滑り止めっぽい感じです。蓋付き。
蓋には「カオール」とカタカナのエンボス。プラ製です。


カオール04
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

底には「KAOL」のエンボスが。それ以外にエンボスは無し。ホントにちょうど
いい大きさって感じがいい感じです。とっても細かい気泡が少し入っています。
擦れ傷はそんなに無いです。


カオール05
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

私はカオールというのを全く知らなかったんですが、ウィキペディアによると
1899年にカオールを発売。仁丹は1905年に誕生しているので、仁丹よりも先に
仁丹のようなヤツを発売していたんですね。変な言い方になりましたが驚いた。
そして戦前は口中清涼剤の二大ブランドとして知名度を確立していたようです。
カオールの発売会社は安藤井筒堂。これがオリヂナル薬粧株式会社に継承され、
その後オリヂナル株式会社に名称変更して現在に至ります。そしてカオールは
日本で今でも販売されています。パッケージは写真の通り。真中のヤツで今は
ガラスではなくプラ製の容器。右端はその箱。二粒程食してみましたが、仁丹
ですこれ(><) 匂いも味も(><) と、仁丹を最近全くもって口に入れていない
ので、イメージで語りました。

左端が今回拾った壜ですが、この壜が活躍していた時期はいつまでか全く判り
ませんけど、オリヂナル薬粧株式会社に事業継承されたのが1951年、それから
オリヂナル株式会社に名称変更されたのが1979年。なんとなくこの間で活躍を
していたような気がするんですが、どうなんでしょう? せめて今発売されて
いるパッケージがいつからなのか判ればなあ・・・


>> 2015/07/18 13:37
あたしもカオールって初めて聞きました!
まだ売ってるんですね~
カオールってなかなかのネーミングセンスですよね。
なんかぐっと来ちゃった(笑)
変なことにぐっと来ちゃう悪い癖w

まさかのボート漂着にびっくりです。
いやいや、いつも面白い。

>> 2015/07/19 00:22
>ekuさん

やっぱり知らない! 仁丹とともに歴史が深いので、知らない人は少ないのかとか思っていましたけど、考えてみれば最近は輸出の方が主なのかもしれませんね。
そう、ネーミングは私もすっごいツボでした。これにグッと来るというのは、私と同じ感性を持っているということです(笑) 変なモノにかなり反応します(笑)

ボート、すごいでしょう? 台風の後って結構凄いモノが打ち上がったりするので面白いんですよ♪









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/86-8c0b820a

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ