09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/07/08//Wed * 22:37
●○酒命養

酒命養01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

みんな大好き!養命酒! です。 ・・いや、誰がそんなこと云ったんだ?
一体養命酒は酒なのか薬なのか? 人類の永遠の謎です! ・・いや、だから
一体誰がそんなことを云ったんだ? 2009年までは薬局でも酒屋でも売ってた
ようですが、現在は酒類としての販売は打ち切られていて、薬局や、ドラッグ
ストア等でしか販売されていないようなので、薬なのかな? どっちなのかを
ネットで調べてみると、「薬酒です」っていう回答をよく見かけました。って
だから一体どっちなんだよう! 私自身はちょっとアノ味は苦手かな・・・


酒命養02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:神奈川県藤沢市 2014/09/21

9月17日の独り壜祭りの僅か四日後、アレに味を占めて浜に踊り込みましたが、
結果はかなり渋め。それでも、初代ひょうちゃんを五ヶ月ぶりに拾えたりして
ちょっとヤッター感はありました。そんな浜歩きの最後の方、波打ち際でまだ
半分位水に漬かった状態でヤツはユラユラしていました。最初、何だ携帯用の
ウィスキー瓶か、と素通りしようとしたんですが、何か口の形状が気になって
拾い上げました。何やら底付近に文字があり、何とか読んでみると酒命養との
文字が。う~ん、古いのかな?どうなのかな? 普段の養命酒を知らないので、
これが今あるものなのかどうかの判断が出来ません。辛うじて養命酒の文字が
右書きなのと、酒の字が旧字っぽかったので、一応お持ち帰ることにしました。
しかし持ってるレジ袋にコレを入れるのは少々大きかったので、この後ずっと
この瓶を片手に持ちながら浜歩きをすることに。何かウィスキーを片手に散歩
してるおっさん風味な図になってしまい、非常に嫌な感じでした。まあ浜歩き
もラストの方だったから、少々救われたような気もしないでもないような気が
するような気がします・・・


酒命養03
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

改めて拾って来た瓶を見てみます。
まず大きさ。今回はチョッと面倒で方眼紙に乗せなかったので、そのまま大体
の寸法を記載します。約ですが、高さ:15.8cm、幅:9cm、厚み:3.5cm位です。
ただし、底に向かって幅も厚みも小さくなって行きます。まさにウィスキーの
携帯ボトルっぽい感じです。海モノらしく、擦れが結構ありますが、側面上部
のマークは中々残っています。でも擦れのせいなのかデフォルメした感じには
なっていますが。反対側側面の下部には「酒命養」と右書きの文字。命の字が
かなり消えかかっていて、読み取り難いです。酒の字は上で書いた通り、現代
の酒の字ではありません。底には数字の4らしき文字が一つあるのみ。側面は
写真の通り、平たい感じ。それと口ですが上部が間延びしたようなスクリュー
な形状です。どういうことなんだろう?ってネットで調べてみると、正にこの
瓶のキャップ付き、ラベル付きの写真を見つけました。養命酒は今でもそうだ
けど、小さなカップが付いていて、それに必要な分量を注いで呑みます。この
瓶も同じでキャップがカップ兼用になっていて、少しキャップが長めな形状に
なっているために、それに合わせたような口なのかもしれません。キャップを
取ると中蓋としてコルク栓が嵌っていたようです。比較として、今の養命酒を
一緒に撮ってみました。今のヤツは高さ:約27cm、幅:約10cm程度と大きい瓶
です。底の方は少しすぼまっていて、幅は約9cm程度になっています。
側面上部のマークは、今も昔も同じ、「飛龍」のマークですね。


酒命養04
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

酒命養の文字の部分写真。命が相当読み難くなってしまっています。
養命酒製造株式会社の沿革を見てみると、1950年に今回拾った瓶と似た平型の
小瓶が発売になっています。相変わらずこういうところの写真が小さくて同じ
かどうかの判断は付き難いのですが、もうこれだろう!と思いたい。右書きの
養命酒の文字から、戦前かなって思っていたのがそうではないというのは少し
気持ち悪いけど・・・ そうそう、書き忘れてたけど、よく参考にさせて頂く
北多摩薬剤師会のおくすり博物館に養命酒のことが載っていて、それにこの瓶
の画像が載ってました。残念ながらいつ頃のヤツとかまで判らなかったけど。


>> 2015/07/09 00:20
よ~かんさん、こんばんぱ+.゚(´▽`人)゚+.゚
これはまた、いい感じの♡
なんと養命酒なんですね。

養命酒が酒か薬かのくだり、
読んでて笑っちゃいました。
私、飲んだことないんですけど、効くのかなぁ?

キラキラの波打ち際に養命酒の壜というのも
なかなか画になりますね。
壜から光がこぼれ出してるみたいです。

>> 2015/07/09 01:01
養命酒ですか(^^ )確か蕩々酒と保命酒で三大薬酒と言われます。
保命酒は広島県福山で4件の酒蔵が醸造して居ます(^^ )
他の薬酒のビンにも出合えるかも、知れませんね。

>> 2015/07/10 09:07
養命酒!!
子供の頃 お薬だから…と よく飲ませれていました(笑)
子供だったのに 飲酒していたことになるのかしら?!
薬酒って都合のいい言葉ですよねぇ〜^^;
どっちにも受け取れますもんねww

「酒命養」は初見です!!
なかなかレアものなのではないのでしょうか〜?!
文字の感じからいくと 戦前のものに思えるんですけどねぇ〜
研磨された感じが とてもいい味わいになっていますね^ ^

養命酒に付いてくるプラコップと全く同じ形状の
ガラスコップなら私 持っていますよぉ〜(´▽`)ノ

>> 2015/07/10 22:42
>ekuさん

こんばんは~
なんか完全に携帯用ウィスキーボトルって風情ですが(笑)
養命酒です。どっちなのかのところ、笑ってもらえて嬉しいです(笑) この壜を飲料か薬品のカテゴリに入れるのに、どっちなのかを真剣に検索して探したんですが、薬酒ですよ結果は(笑)

機会があったらぜひお試しを♪ 滋養強壮、冷え症とか色んなのに効くとされてます。でもアルコール度数高いです。そしてまさに薬(漢方っぽい)味がしますよ~

中々波打ち際の養命酒はいい絵ですよね。実際にキラキラしてクラクラしたので撮らない訳には行きませんでした(><)

>> 2015/07/10 22:46
>darkgrainさん

三大薬酒の一つなんですね。知りませんでした。保命酒は鞆の浦で味見をさせていただいたことがあります。やっぱり呑んだ時は養命酒を思い浮かべましたよ(笑)
蕩々酒は初耳です。やっぱり同じような味がするんでしょうか。

>> 2015/07/10 22:54
>shizuさん

子どもの頃、呑まされていたんですね。何か私も呑まされたような覚えが・・・ ええ、まさに酒ですね。アルコール度数が14度ありますので、結構高いかも。つまり飲酒です、shizuさんも私も(笑)
しかし、薬なのか酒なのか?って質問に対して、「薬酒です」って回答はないと思う(笑)

この壜を見つけた時、「酒命養」とエンボスがあったので拾って来ました。これが「養命酒」だったら拾って来なかったかもしれません。研磨された感じはまさしく海モノの特権ですよね。
プラコップと同じ形状のガラスコップってことは、底に飛龍のマークが入っているんですか? それはいいですね♪ 昔の養命酒についていたものなんでしょうか。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/84-404c050e

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ