09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/04/13//Mon * 23:32
●○11・53

11・5301
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

11は左、53は右。

という訳で、ひっそりと第三部のスタートです。
これがなんで第三部なのかというと、気持ちの問題です。2014年の7月の時点
では浜拾いをする気がほぼなくなっていましたが、それから一ヶ月と少し後に
何となく気紛れで浜拾いに出掛けた時に幾らか心擽るモノたちが拾えてしまい、
また拾いたい熱が再燃したのです。そんな気持ちの区切り的に第三部って感じ
だったので、第三部なのです。ああ、回りくどかった・・・
今回UPしている壜は、別々の日に拾ったものだし形も大きさもちょっと違うの
ですが、何となく雰囲気やデザインが似ていたので一緒の記事にしてみました。


11・5302
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:神奈川県藤沢市 2014/08/21

8月後半というと、特に湘南の海では浜拾い人には辛い環境になっています。
正に青春どもの独壇場です。海の家とかボコボコと立っているし、どんなに朝
早くに行っても必ず誰かいるし、なんだか場違いな感が半端ありません。でも
他の季節よりも毎日たくさんの人たちが砂を蹴散らして行くから、色々と掘り
起こされたりして何らかの埋もれているモノが出て来てたりとか、この季節を
避ける浜拾い人たちが結構いたりとかいうような要因が色々と重なったりして、
意外と何か面白いモノが拾えてしまったりするのも知れません。

この日は浜に降り立っていきなり崎陽軒の醤油皿を発見し、これだけで相当な
テンションっぷり。醤油皿はこの時点で約三ヶ月振りだったので、滾りました。
そして滾ったまま歩いていると見つかったのがコレ。トップ写真では左のヤツ。
高さは5cmちょっとの小壜です。


11・5303
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:神奈川県藤沢市 2014/09/17

トップ写真の右のヤツを拾ったのは別の日です。この日は何故だか分からない
けど、ちょっとした壜祭り(質ではなく量の方の祭りですが)になったのですが、
その内の最初の方に拾いました。こちらは少し大きくて、6cm強ありました。


11・5304
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

二つとも擦れ擦れ。香水壜でしょうか。上から見た写真の通り形は違うんです
けど、端のデザインとか似てるし、何か同じ雰囲気を感じてしまいます。まあ
左は若干野暮ったく、右は若干お洒落な感じがある気もしないでもないですが。
左のは特に欠けなし。底面の端に「11」と文字が。右は口がちょっと欠けてる
のがちょっと残念。底面の端に「53」と文字が。


11・5305
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

左が下。右が上。
今回方眼紙写真はGRDで撮りました。手軽に使えるので楽なんですが、ピント、
特にマクロ時、特定の条件のピント合わせが難しくて、こんな写真によくなり
ます。でももういいや、面倒だからこのままUP。雰囲気だけこんな底面なんだ
と思っていただければ幸いです。あ、ついでに。両方の壜とも銀化してました
けど、うまく撮れなかったのでUPしません。


11・5306
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

少しだけ斜め上からのを一枚。

擦れ擦れ壜とかいっておきながら、意外と透明感があるのでは?と思われた方
がいらっしゃいましたら、鋭いです! 今回の壜の撮影(方眼紙のは含まない)
は、ワセリンを壜に擦り込んで透明感を出しているのです。海モノは擦れ擦れ
壜ももちろん味だと思っています。が、コレを写真に撮る時、白っぽくなった
擦れが雰囲気を損なうこともあって、もっと透明感が出ないかなって思うこと
も多々あります。そんな時は水で濡らすという業を使っていましたが、この前
たまたまネットで、壜にハンドクリームって業を使用されている記事を見かけ
まして、これを試してみたのです。そうしたらこれがとても具合がいい。自然
な透明感が出るし、しかも持続するので水使用時のように時間が来ると乾いて
元に戻ってしまう心配がなくなり、撮影もかなり楽になりました。これからも
多用する予感が・・・


>> 2015/04/15 12:49
化粧ビンのにおいを嗅ぎつけるとコメントせずにいられない私です。
パッと見では、水白粉のビンではないかと思いましたが、
サイズが小さいので香水ビンの可能性のほうが高いですね!
このサイズでガラス製でスクリューキャップの香水ビンは、
あまり見たことがありません。
持ってもいないので(多分)、興味津々です!
水白粉の試供品の可能性もあるかもしれませんね。

ワセリンの業、なるほどな〜と思いました。
擦れ擦れのビン自体、持っていないので、使う機会は
あまり無いかもしれませんが……
よ〜かんさんは写真にこだわりを持っていらっしゃるので、
色々と勉強になります!

>> 2015/04/16 22:28
>黒猫チャックさん

こんばんは!
そうか、香水壜じゃなくて何かしらの化粧品の試供品って可能性もありますね。こういった形状や雰囲気から化粧品関連の推測をするのは黒猫チャックさんの方が経験が相当上だと思うし、かなり傾きますね~ 水白粉の壜、確かにそう云われるとそんな感じがしてきます。しかし、試供品も結構奥が深そうです。しかも何よりも大きさがかわいい。私が初めて拾った壜も化粧水の試供品の壜だったし、なんか好きなんです。

ワセリンの業は、擦れ擦れの割合が非常に高い浜拾い品には相当有効です。ただし、べとつかないようになるまで磨かないと、指紋が付きまくって台無しですけど(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/67-1487151d

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ