09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/04/04//Sat * 23:59
●○光るモノたち 壹

光るモノたち 壹01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

二つ目のネタですが、実は違うヤツを予定していました。まあでも前回で折角
光らないウランガラス(つまりウランガラスではない)を出したので、その関連
として今度はちょっとは光るヤツで続けるってのも一興かと思いまして、急遽
こんな記事にしてみましたよ。

トップ写真は、今までUPした壜たち。UPした壜たちの中で、ブラックライトに
当てると蛍光緑色になるべく強く光るモノを選んでみました。光ったのは嬉し
かったのだけど、そんなに強く光らないので、これってウランガラスってモノ
になるのかな?とずっと疑問に思っていました。何せホンモノのウランガラス
ってものを知らないので、判断がつかないのです。あ、今までにUPした壜たち
は、右端以外の三つだけです。右端だけは欠片だし、今までUPしたことがない
モノです。他の三つの壜が大雑把に言って無色透明なのに較べると、気になる
色合いをしていますが・・・


光るモノたち 壹02
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

取得地:神奈川県藤沢市 2014/03/31

ミチルの壜です。コレは一番無色透明、気泡もほぼない中々きれいな壜ですが、
結構強く光ったので驚きました。この手の無色透明の新しそうな壜にブラック
ライトを当てても、うんともすんともいわないのでこの壜にはずっとライトを
当てていなかったのです。偶然当てたらこの始末。やっぱりどんなに無駄そう
なモノでも一応は紫外線当てておけ!って感じです。


光るモノたち 壹03
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

取得地:千葉県木更津市 2014/06/24

お次はついこないだUPをしたばかりのコイツ。これはどっちかというと薄目の
ブルーグレーっぽい感じの色の壜ですが、コレも中々強く発光しました。


光るモノたち 壹04
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

取得地:神奈川県鎌倉市 2014/02/26

壜を意識し始めて間もない頃に拾った「ダンス」。全く何の壜か判らないし、
小さいし、古そうだし、未だに拾った状況まで覚えているヤツです。こいつも
お見事に光りました。


光るモノたち 壹05
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

取得地:神奈川県藤沢市 2015/03/12

右端にあった謎の欠片。コイツの光具合は、今までの壜たちとは一線を画して
いました。半端ない光り方です。多分コレこそがウランガラスというモノなん
じゃないでしょうか。ボワーとした光り方じゃなく、ハッキリと光ります。

この欠片、「千代田ポマード」の壜で間違いないと思います。この壜、ネット
で何かの拍子で画像と記事を見つけたんですが、その時からこれは見つけたい
壜の一つになっていて、これが落ちていたのを見た時はすぐに直感した程です。
いやあ、完品を見つけたいですねえ。


光るモノたち 壹06
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

こうやって集合写真であれば、どれだけの差があるかよく判るかと思います。
ホンモノがどのように光るか気になると仰っていた黒猫チャックさんに、この
写真をそっと差し出してみます(笑)
まあ拾いモノですから、ホンモノのウランなのですか?と問われても断言する
ことは出来ないのが歯痒いのですけど、一素人の私にはこれ以上判断するため
の材料がないのですから、もう右端のはウランでいいやって感じです。

しかし、撮影が難しい・・・ 可視光の紫が結構見苦しくなっているのが気に
なって仕方ないんですよね。しかも左側の三つの壜と右端の欠片との明るさが
まるで違うため同じシャッタースピードでは撮れないので、このように並べて
撮るのには少々頭を使わなければなりません。それでも銀化写真を撮るよりは
ちょっとは楽かなあ。銀化は未だに全然うまく撮れないし・・・


>> 2015/04/06 01:20
ウランでは無くトリウム添加ガラスかも( ̄。 ̄;)?
微量ですが放射線を持って居りますが人体には影響は無いハズ・・・
写真レンズでは明るいレンズや特殊レンズにも使われています、
特にレンズが黄色く変色(焼けた)物には必ず使われて居ります。

気に成る方はスマホアプリにガイガーカウンターが有ります
測定してみて下さい。


>> 2015/04/06 03:09
追加で!
ウランガラス同好会のリンクを紹介。
http://uranglass.gooside.com/

心ゆくまで謎解きを探して下さい(^_^)

>> 2015/04/06 22:07
>darkgrainさん

よくアトムレンズと呼ばれているヤツですね。私も一つ持ってます。なので引っ張り出して来てブラックライトを当ててみたけど、ウランのような蛍光色は出ず、というか、光っているのかどうかよく判りませんでした・・・
色々調べてみると、放射性物質って色んなものに使われていたりするんですね。

ウランガラス同好会のリンク、ありがとうございます。実はそれらしきものを拾った時に、このページをかなり参考として読んでいました(笑)

>> 2015/04/08 09:53
千代田ポマードの光り方がやばいですね……!
並べた写真、非常に分かりやすいです!
ありがとうございます!
私が持っている物は、左3つのビンの光り方です。
ポマードのビンは、着色に使った放射性物質の光でしょうか?
上の方の仰るトリウム添加ガラスを勉強してみようかな。
光るガラス、奥が深いですね~

>> 2015/04/10 01:02
>黒猫チャックさん

ええ、やヴぁいです。他の薄ぼんやり光るヤツとは一線を画していますよ。多分コレこそがウランガラスで間違いないんじゃないかと思います。もう私的にはこれ以上の判定は出来ないので、もう自分では断定します(笑)
薄ぼんやり光っているヤツは、色々調べてもよく判りませんが、結局ウランではないっぽいです。私の持っている壜の中には、オレンジに光るものも結構ありました。コレが何に反応して光っているのかイマイチ判りません・・・

トリウムガラスは、多分ガラス瓶に使用されていることはあまりないような気がします。屈折率のよさからレンズに使用されたのが主だったようですし。そして「通常の紫外線には反応しないが、短波長紫外線照射で青色蛍光を発するので鑑別できる。」らしいですよ~

ホント、奥が深いです・・・ 出来ればブラックライトを当てると何の成分は何に光るかっていう表が欲しいですね・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/66-3b81d7ca

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ