07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/03/22//Sun * 18:37
●○TO

TO05
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

またしても見かけても誰も見向きもしないような逸品をお届けいたします(泣)
一見只の錠剤入り薬壜です。落ちてたモノを見てもそのようにしか見えません
でした。何でこんなのに手を出してしまったのかというと、この日の干潟での
収穫があまりにもしょんぼりとしていたため。としか云いようがありません。
干潟までの道のりは結構な交通費が発生するために、見合った何らかの収穫が
ないと、それは、それは、哀切な気分になるのです。そのため、流石にいつも
ならそのまま通り過ぎる、どう見てもただの錠剤っぽいヤツもこの通り、手に
取ってしまうのでした。なんて哀しいんだ嗚呼。しかもすごい言い訳文章。

まあ散々な云い様だけど、以前UPした第一製薬並みにちょっとお気に入りの壜
です。そして今回ちょっとすごいのが、実は一緒に写っている蓋。壜を拾った
時にくっついていたものではなく、全然別の場所、しかも全然別の日に拾った
モノなのです。しかもこの壜をUPしようとする数日前という実にタイムリーな
時に拾うという奇蹟。こんな全然どこの誰か判らないマイナーな壜の蓋なんか
拾いますか、普通? なんだかとても嬉しくて、ますますお気に入りに・・・


TO02
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:千葉県木更津市 2014/06/12

縦の風情はもうホントに只の錠剤入り薬壜です。少し違うのはユラユラが少し、
気泡が少し、壜底の厚さが均一ではないというところ。風情は今風でないです。
全体的に傷や擦れは少なく、きれいです。壜底にあるエンボスが今回タイトル
にした、○の中に「TO」という文字、他に数字の8という文字がありました。
そして特徴的なマークが底の中央に。本当はコレをタイトルにしたかったんだ
けど、このマークを文字にどうやって表せばいいのか判らなかった・・・


TO03
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

マークを拡大してなるべくハッキリさせてみました。
円の右端が切れて、「C」のようになっている中に「K」。それを取り囲むよう
に大きく開いたCのようなものが三つくっついているような不思議なマークが
写真から判りますでしょうか。かなり特徴的ではありますが、これが何かって
のは全く判りません。何も判らないということはそもそもこの壜が薬系の壜か
ってことすら判らないんですけど、まあ雰囲気でカテゴリは薬品に・・・


TO04
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

取得地:神奈川県藤沢市 2015/03/17

そして今回拾った蓋。乾くと白っぽくなって非常に判り難くなってしまうので、
濡らした状態で撮っています。上の写真と較べていただきたいのですが、同じ
マークです! この蓋がこの壜(と同じ製品)に使われていたのかどうかは当然
判らないのですけど、同じマークということは、少なくとも同じ会社か、或い
は同じ製品の蓋には間違いないし、しかも口がピツタリ合ったので、もうコレ
の蓋でいいのではないかと。


TO01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

せっかくなので、帽子被せたバージョンも一枚。キツチリと捩じ込んで閉じる
ことが出来ました。赤い蓋ってのが少々妖しい雰囲気を醸します。もしかして
危ない系のお薬とかなのか?
九ヶ月の時を経て違う場所で壜と蓋が見つかって出逢うなんて、なんて浪漫か。
しかもこんなよく知らんマイナーな壜。

こんな拾いモノを続けていると、奇妙な偶然とか、不思議なこととかに時たま
遭遇します。浜に入っていきなり古い壜が見つかったり、何気に振り向いたら
ひょうちゃんがそこにあったり、同じ日に続けて同じ種類のモノを見つけたり。
その他諸々です。私の浜拾い歴なんて全くの初級レベルですが、それでも色々
なものに出逢います。それは多分、世間一般には取るに足らぬようなことなの
かも知れませんが、私にとっては浜拾いで見つけた大切なモノと同じく価値が
あるモノなのです。










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/63-87abf01b

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ