09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/03/12//Thu * 23:11
●○ゼリア新薬

ゼリア新薬01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

こんなのを浜で見かけても、大抵栄養ドリンクのヤツ?とか思って、通常手を
出さずに通り過ぎてしまいますけど、コレを見かけた時は何か違和感のような
ものを感じて、思わず手に取ったのでした。洗ってみたらこの通り。一見何の
変哲もないアンバーな壜なんですが、妙に傷がなくてツルツルだし、ちょっと
ユラユラとしているし、気泡がポツポツとあるし、新しそうなのにでも一筋縄
では行かない・・そんな感じのブツです。このブログに載せるブツはマニヤの
方なら見向きもしないであろうモノが多いけど、コレもまた然り。誰も見向き
もしない逸品でございます(泣)


ゼリア新薬02
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:千葉県木更津市 2014/06/02

干潟の壜は、比較的通常の砂浜で見つけたモノよりも傷や擦れが少ないです。
その中でもこの壜は、相当傷みがない部類です。ホンの少しの掠り傷以外擦れ
らしいものが見当たりません。普段擦れ磨れの壜に慣れているととても新鮮に
見えてしまいます。

前述してますけど、アンバーでちょっとユラユラ気味。気泡も目立つものだけ
でも数個確認出来るし、小さいのを入れると結構あります。口は小さ目なので、
多分錠剤のようなものではなく液体が入っていたのかな。底面以外にエンボス
は無し。底面には、○の中に「Z」の崩れたような文字が入っているマークが。
このマークを調べてみると、ゼリア新薬工業株式会社の旧マークでした。あの
ヘパリーゼでやたらCMが流れているゼリア新薬ですね・・・
ゼリア新薬の創業は1955年と結構新しく、シンボルマークの現在のものに更改
されたのが1998年。よって、この壜はそれ以前で、しかもそんなに古くはない
ということぐらいしか判りません。どんなに古くても昭和中期ですから。後は、
瓶から気泡がなくなったのがいつ頃からなのかが大体判ればもう少し絞れる位
でしょうか。しかし、如何にも何かの薬品とかが入っていそうな、装飾の欠片
もない機能的な壜ですけど、何か好きなんですよね。

>> 2015/03/16 01:32
無沙汰!
中々ログインする間が無くて申し訳ない。
昔40年くらい前のグロンサンは確か注射液のアンプル
が入って居たようなガラス容器だった記憶があるんだけど・・・
今残って居たら可成りレア物のような(^^ゞ



>> 2015/03/17 23:16
>darkgrainさん

こんばんは。
何かそんなのがあったのを見たことがあるような気がします・・・ 注射液のアンプルはよく医者で見たことがありましたけど。
あれって折った時にガラスの粉みたいのが液の中に入らないのかな?って見る度に思ってました。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/61-4859068c

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ