09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/02/11//Wed * 02:11
●○キンカン

キンカン01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

キンカンの旧壜の中では一番新しいタイプのヤツでしょうよきっと。勿論私の
ことですから、当然裏に「金冠堂」なんてエンボスがあるとかそんな古いのを
見つけられる訳もなく。今までに見つけたキンカンは、コレに写っている他に
真中のヤツと同じヤツが二つあります。つまり全部このタイプのヤツばっかり。
うっかり間違ってコレじゃないタイプのヤツを見つければいいのになあ・・・


キンカン02
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:千葉県木更津市 2014/05/28

壜拾いを始めて一番最初に拾ったキンカンの壜がこれです。30mlの容量であり、
トップ写真の真中のヤツです。干潟でも濡れた砂地のところにびたーンと貼り
付いた感じで落ちていました。初めてのキンカンであり、とても嬉しかった。
状態はとてもよく、殆ど磨れ無し。ただ、内側にある白っぽい汚れがどんなに
擦ってもどうしても落ちません。よくこういう汚れがある壜があるけど、コレ
の取り方がどうしても分かりません。歯痒くて仕方ないです。
側面に金冠堂のマークとキンカンのエンボス。裏には窓しかなくて、底面には
グッドデザイン賞みたいなマークが。口にはプラ製らしき中蓋みたいなモノが
残っており、このままだと洗い難くて仕方がないので、なんとかペンチで捻り
取りました。あと、気泡はほぼ見当たりませんでした。


キンカン03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:千葉県木更津市 2014/12/26

トップ写真でいう、両端の二つ。30mlと較べると結構大きいです。でもこれが
どれ位の容量か調べ切れませんでした。初期パッケージとかそんな感じの記述
ぐらいしか見つからなかったのです。100ml位でしょうか。
トップ写真と壜の左右を同じにしています。やはり30mlと同じく側面に金冠堂
のマークと金冠のエンボス。こちらも状態はかなりいいです。中の汚れも僅か
です。この二つは同じ日で、しかもすぐ近くで見つけました。一つは干潟の泥
の上にビターんと。もう一つはすぐ近くに半ば以上埋まっていました。


キンカン04
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

やっぱり底面にはグッドデザイン賞みたいなマークが。何でしょうこのマーク。


キンカン05
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

大きい方の二つの壜ですが側面のエンボスが少々違います。比較写真を載せて
みました。左側のヤツに較べて右側のは何か文字が二重になったような感じを
受けないでしょうか。あ、別に手振れじゃありませんよ? キンカンの文字が
ずれて二重になったような感じで付いているのです。エラーでこうなっている
のか、そういう風に文字を入れていた時期があったのか。とても興味深いです。
気泡はどちらの壜にも小さなものがチラホラ入っていますが、二重文字の方が
より多い感じです。


キンカン06
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

この壜の時代について。キンカン自体の完成は1930年ですが、今回ここで取り
上げている、つまり旧壜の一番新しいものがいつ頃から販売されているのかは
ハッキリ分かりませんでした。製造が中止されたのは1997年頃のようです。
そういえば、私自身、キンカンは使っていたと思うんですけど、今現在の形で
ある円筒形か、その前の形の壜を使っていたのかが、ハッキリ思い出せません。
時代的には前の形のを使っていた筈なんですけどね。

このキンカンについても、ロート目薬でも紹介していた北多摩薬剤師会のWeb
ページ内にある、おくすり博物館に歴史が載っています。キンカンはとっても
有名だし、歴史を知るのは面白いと思うのでよろしければぜひどうぞ。


>> 2015/02/11 07:51
おはようございます♪ よ〜かんさん^ ^♪

キンカン♬ 昭和生まれなら親しみのあるお薬ですよねぇ〜
もっとも私の実家ではムヒ派でしたが…(^^;ゞ

子供頃に仲良った友達の家ではキンカン派で
虫刺に刺されると置き薬箱の中から出してくれて
よく塗ってもらいましたぁ〜(ノ´-`*)
既にビンの形はすでに筒型でしたけどね^^;

私の持っているキンカンは5個♬
よ〜かんさんのコレクションと見比べて見ましたよぉ〜(・ω・)ノ
底のマークは1個付いて無いものがありました。
キンカンの文字は 味わいが良く やはりばらつきがあります^ ^
ビン作りを請け負っていた工場ごとにプレス型が
違ったのかなぁ〜と解釈していますが… 真相は謎ですね^^;
底から覗くと内側面がグニャグニャで気泡殆どありませんでした。

私… 最近、ぜんぜんビン拾いが出来ませ〜ん(>_<)
干潟には ゴールデンウィーク頃に行く!!と目星は付けてて
今から鼻息荒くしています(笑)

>> 2015/02/12 22:20
>shizuさん

こんばんは~♪
確かに親しみのある壜ですよね。しかも思い切り見た覚えがある・・・ なのに何故か昔この壜を使っていたという記憶が薄いんです。家もムヒだったのかな・・・
この形の壜、生産は18年位前位までのようなので、それより昔ということになると、ちょっと記憶が薄いのかも。

shizuさんもキンカン5個お持ちなんですね。全部この形ですか?それとも昔のもっとレアなやつも? 私のもっているのは全てグッドデザイン賞的なマークがありました。キンカンの文字はやはり個性があるのですね。そうなるとあの文字もあまり珍しいとはいえないのかなあ。残念(><) 気泡は30mlのヤツでは殆ど確認できないけど、大びんの方は少しだけ入っていました。

最近壜拾いに行けてないのですか・・・
それはきっとストレスが溜まるのではないですか?(笑)
私はもう酷い時は休みの度に行ってストレスを発散していますよ。まあ拾えないと余計ストレスだったりして(笑)
まずはお近くでリハビリとかいかがでしょう♪









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/55-37fd2a23

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ