07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2015/01/17//Sat * 01:17
●○はさみマーク

はさみマーク01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

バイアル壜はやっぱり危険だから、見ても拾わない!特に蓋が付いてて中身が
入っているように見えるのは拾わない!と思っていたのに、思わず拾っていた
壜が写真右のヤツ。何故というと、底にちょっと面白いエンボスがあったから
なのです。そして数日後に拾った大きいバイアル壜みたいなヤツの底にも同じ
エンボスがありました。


はさみマーク02
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:千葉県木更津市 2014/06/02

大きい版の方はかなり適当な作りであり、ユラユラ度が大きいのは勿論のこと、
気泡が入っていたり、途中で止めたような一つだけの目盛(対称の位置にある)
が入っていたり、底面が水平ではなく真っ直ぐに立たなかったりして、愛着度
がハンパありません。写真では判り難いけど、かなり斜めっています。そして
底面の特徴的なエンボス、ハサミのようなマーク。この他に「KG」という文字
が陽刻されています。


はさみマーク03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:千葉県木更津市 2014/05/28

先に拾った小さい版の方は、普通のバイアル壜が太ったような印象。この壜の
底にも同じハサミマーク。この他に「Y」という文字が一文字だけ陽刻されて
います。こちらの方が拾った際アルミキャップが残っており、中身が入ってる
ように見えましたが、実際はアルミキャップは思い切り穴が開いていて、中身
は多分干潟の水だったのでしょう。ちょっとだけ気が楽でした。

このハサミのマーク、一体何なんでしょうか。調べてみても全然判りません。
この壜を拾ったり手に入れたなりした話すら見つけることは出来ませんでした。
気になりますね・・・

しかし、バイアル壜も古いモノはガラスの色が飴色っぽかったり、作りのいい
加減度が増したりして、結構奥が深くて楽しいかも。


----------------------------------------------------------------------

2015/05/26 追記

この壜、もう永久に何モノだか判らないんだろうなあって思っていたのですが、
ブログ仲間の惑星さんに貴重な情報をいただきまして大進展です。惑星さんは
この壜のキャップ(よくバイアルで有りがちなアルミとゴムのヤツです)部分を
拾われていて、そのキャップには「KITASATO INSTITUTE」と文字が確認出来た
のです。この文字をぐ~ぐる先生に問うたところ、北里研究所がヒット。でも
これだけでは壜は汎用のもので、キャップだけ研究所のマークを使っていると
いう可能性も捨て切れなかったのですけど、この壜底のはさみマークが決定的
でした。研究所のシンボルマークが正にこのはさみマーク! シンボルマーク
の方は壜のマークと較べると少々押し潰されたような感じも受けますが、もう
どう見てもこの研究所の壜に間違いありません。面白かったのがこのマークの
由来。てっきり医療用の器具か何かと思っていたら、なんと破傷風菌を図案化
したものでした。破傷風菌を画像検索してみると確かにこれだ。
北里研究所の創立者、北里柴三郎博士は、破傷風研究の第一人者であり、そう
考えるとそれが元になってもおかしくはないですけど、でも何も知らない人が
見ればハサミにしか見えないよなあ。

でもおかげでこの壜の素性が判って嬉しいです。この壜に何が入っていたのか
とかまではもう私のような弱世間一般人では突き止めることは出来ないと思い
ますし、ここまで判ればもういいかな。あ、出来たらこのマークが入った壜を
未だに研究所で使用しているのかと、この壜の時代を知りたいというのはある
のですけどね。北里研究所の創立は1914年ですが、この壜からしてそこまでの
古さを感じないから、もっとずっと後に作られたモノだと思いますが、気泡が
入っていたりかなり不恰好な姿からすると、そんなに新しくもない気がします。


>> 2015/01/19 21:20
ハサミマークのパイアル壜♬
我が家にもあるかなぁ〜と 見てみたけどありませんでした(^^;
この手の形は 地味にかわいいからたまりますよねぇ〜
拾わなければいいけど ついつい拾っちゃう( ̄▽ ̄;)

なんだか・・・
ハサミマークというのが医療用っぽい感じがしますね。

よ〜かんさんは 干潟には 結構 行かれましたかぁ〜???
私は結局ストリートビューでしか行ってません(笑)

>> 2015/01/19 22:49
>shizuさん

バイアル壜、結構形状は同じでも入っているエンボスが面白いモノがあったりして、たまに面白いかも知れません。私も結構つい手に取ってしまうんですよね~
これがホントにはさみマークかどうかは判らないんですけど、でもやっぱりなんとなく医療系って感じです。

干潟は結構行きました。とはいっても結構高速代とか辛いので、比較的結構行きました・・って感じですが(笑)
たまに思ってもみないモノと遭遇したりして面白いんですよ。早くshizuさんも三次元干潟へどうぞ(笑)

>> 2015/03/26 17:57
はじめまして。
最近から拾い物に興味を持ち始めた者です。
そのきっかけがはさみマークのエンボス瓶で
偶然こちらで完品を見れてついコメントしてしまいました。

私が見つけたのは、栃木の杜の近くで土に埋まっていた状態の物でした。
3分割位に割れていてアルミキャップが付いている部分と底だけを持ち帰りました。キャップ部分にKITASATO IN STI?TUTE(ハサミマーク)のエンボスが書いてあります。何らかのヒントになればと思います。では長々と失礼いたしました。

>> 2015/03/27 22:18
>惑星さん

初めまして! コメントありがとうございます。
こんなマイナーっぽい壜の情報をいただけるなんて、本当に嬉しいです。こういう時はブログに載せてよかったなあっていつも思いますね。ありがとうございます!
アルミキャップのエンボス、とても気になります。KITASATOっていうことは、北里の研究所の縁のものなんでしょうか。もしそうなら何かすごいですよね。調べてみたけど全然判りませんでしたが・・・

惑星さんは海モノじゃなくて、ディグをやられるんですか? ディグの方は私もやってみたいと思うんですが、中々機会とか時間を取れません。草木が茂ってしまう前までに一度はやってみたいと思ってはいるんですけどね・・・

>> 2015/03/28 12:38
返信ありがとうございます。
私も気になり調べたんですがまったく解らずで…
ハサミマークだから理容室で使用していたのかな?
位にしか考えていなかったんですが研究所という線もあるんですね。

私は現在、栃木に在住しているので、自然と山とかになりますね。
初心者なんで、見つけられない事の方が多いですけどw
気楽に探して行こうと思ってます。

>> 2015/03/29 22:14
>惑星さん

あ、確かに理容室っていう線もありましたね。もう私はこの壜の形で最初っから医療系と思い込んでいたので、全然思い至りもしませんでした・・・
いずれにしても何の目的のモノかは判らないですよね。また何かヒントが出てくればいいのですが・・・

なるほど、確かに山がフィールドになりますね。山は一発当たればってイメージがあるので、まさに宝探し。何か楽しい場所を探り当てられるのを楽しみにしています。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/50-93de2eb3

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ