09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2014/05/14//Wed * 15:41
●○3-4 ★

3-4 ★01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

初めての壜を拾ってから一年と数ヵ月後、二番目に拾った壜は、何故か拾った
時の記憶が全くありません。浜拾いした時は、必ず拾った全部の写真を撮って
簡単な記録を付けているのですが、その写真にはその日拾ったモノと共にこの
壜が写っています。最近になって、今まで拾ったモノの記録を整理していたら
「あれ?こんな壜、拾ったっけ?」となって、慌てて今まで拾ったモノたちを
掻き分けてみたら出てきました、コレが。拾った記憶が全くないのに、写真に
写っていて、更に現物まである。ってことは拾ってる訳です、私が。なんだか
とても変な感じです。


3-4 ★02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

取得地:神奈川県鎌倉市 2013/11/29

一見薬壜に見えますが、違う気もするし、何の壜だかさっぱりです。見た通り
無色透明。パッと見、新しそうな壜ですが、意外と作りが少々雑だったりして
少しは昔のものかも知れず。例えばホンの少し気泡があったり、底面の作りが
雑だったり、サイドも均一の厚さっぽくない感じがします。アンティークとは
とてもいい難いモノですが、私の好みに触れました。覚えてないけどよくあの
時拾ったなあ。よくやった。自分の部屋からコレを見つけた時は、内側が結構
汚れていました。小さい壜で口も小さい上、その頃はまだまだ壜自体に興味が
薄かったからか、洗うのを止めてしまったのでしょう。今回は、ポリデントを
してみたりとか、小さなブラシで頑張ったりして、結構きれいになりました。
でもどうしても一定の汚れが取れません。何だこの汚れ?とか思いながら放置
し内側が乾いて来たら、段々虹色に輝き始めました。この汚れ?と思っていた
のは、もしかして銀化している状態なのでしょうか。残念ながら私では銀化か
そうでないかは判断が付きません。そんな訳で、無色透明であまりスレがない
壜の内側の汚れは結構目立ち、写真に撮ると如実にそれが出てしまいかわいく
ないので、トップ写真は撮り方とか現像処理で誤魔化そうと画策しました。


3-4 ★03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

適当な壜の底。片側に寄っています。そして非常に判り難いですが、エンボス
で3-4と入っていて、その下に○の中に★が入っているマークのようなものが
あります。側面は、一番下の部分に数字の15が小さく一箇所記されているだけ
でした。これからは何の壜なのか全く見当が付きません。3年4組とか星組とか
を示していたらどうしよう? どうもしないけど。


3-4 ★04
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

なんとなく、無意味な一枚。


3-4 ★05
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

この壜の銀化は、イマイチ品がないというか、美しくないというか、ちょっと
絵としてどうなの?って感が強いのですが、まあ贅沢ってものなんでしょう。
しかし、相変わらずどうしてこう銀化具合をもっとうまく撮れないのか、大変
歯痒し。ファインダーで見る限りは結構もうちょっと虹色が強く出ているのに、
写真になるとなんかこう微妙になるので撮り難くて仕方ありません。他ブログ
等で紹介されてる銀化壜は、かなりきれいに撮られている方が多く、羨ましい
ことですね・・・

これまで二つの壜を紹介いたしました。この二つまではまだ壜にさほど興味が
ありませんでしたが、三つ目の壜を拾った時から、何故か壜を意識するように
なり出しました。かといって、三つ目の壜がすごいモノなのか?と云われれば
全然そうでなく、これもなんだか判らない壜の一つで、なんでこれが切っ掛け
なったのか自分でもよく分からないのです。まあその話は次回・・・があれば
UPされるのではないでしょうか(まるで他人事)


>> 2014/05/16 19:05
銀化を美しく撮るのは 難しいですよね^^;
エンボス部分もめちゃめちゃ難しい…(ノ_<)
これ以上写真を撮るのが難しい物は 無いんじゃないっ!!
と…思います(; ̄▽ ̄A

でもよ〜かんさんの写真は美しいです(´∀`人)
ちゃんとカメラもこだわっているの分かりますよ〜!!

この瓶は鎌倉で拾われたんですね^ ^

私は鎌倉ではひょうたん型のニッキ水瓶を拾ったことがあります。
でも 後にも先にも鎌倉では その1度きりです(T . T)

>> 2014/05/17 21:58
>shizuさん
こんばんは~
ホント難しいですよね。エンボスはモノによっては簡単だけど、こういう透明なヤツのは全然ダメですね・・・
そしてありがとうございます、写真を褒めていただけるなんて・・・ どうもテーブルフォトって今まで殆どやったことなかったし、とても得意とはいえない分野なので四苦八苦してます。カメラとかレンズとか表示させているのは、本家ブログの時の癖ですね(笑)
この壜は由比ヶ浜で拾いました。全然覚えがないんですが(笑)
鎌倉でニッキ水の壜、あるんですね~ 羨ましい!
私は結構鎌倉に行ったからか、幾つか拾うことは出来ましたが、それでももの凄く効率が悪かったです。あそこの浜拾い人の人口密度はちょっとしたものですよね。。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/5-5488dbe6

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ