07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2014/11/01//Sat * 23:45
●○無銘 007

無銘 00701
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

やっぱりガラスってのは、透明でクリアな美しさが身上なのであって、こうも
汚れが目立つんじゃかなりイマイチと云わざるを得ないのであり、あと構図を
狙い過ぎ。じゃあ、なんで載せるんだ(泣) さあ?


無銘 00702
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

それぞれの取得地
      左:神奈川県藤沢市 2014/04/20
      右:神奈川県藤沢市 2014/10/08

全く同じ壜です。左のヤツとは中々劇的な遭遇でした。ウロウロと砂上を彷徨
っていたところ、何やらプラっぽい小さく細い棒状のものが砂の上でキラキラ
してるのを見つけました。何だこれ?とばかりに蹴っ飛ばすと、予想に反した
手応え(足応え?)と共にコイツがゴロリとまろび出て来たものだから、思わず
「うをっ?」と声を上げてしまいました。何しろ長さ2cm位、幅5mm位のホント
小さな部分(底の端っこの部分です)しか見えなかったので、まさかこんな壜が
丸ごと出現するとは思いもしなかったのです。
右のヤツは何のトリックも業もなく、波打ち際にゴロリと打ち上がってました。


無銘 00703
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

天地をひっくり返して結合したので、一番上のヤツの底は一番下、二番目の底
はそのすぐ下という風に対応しています。大変紛らわしくて申し訳ありません。
因みに一番上のヤツは上写真で言う右側のヤツ。何のてらいもなく波打ち際に
ゴロっていたヤツです。残念ながら底の一部が欠けてます。本体に影響は特に
ないんですが。


無銘 00704
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

では真正面から。丸い窓が両面にあり、何らかのラベルが貼ってあったのでは
ないかと推測されます。中々面白い愛嬌が有りそうな無さそうな形をしてます。
厚さもまあまあ厚めでズッシリと若干してます。エンボスは一切なし。気泡は
若干ですが、小さめのヤツが少々両方の壜に見られます。壜の造形的に何とは
なしに今風でない感じはします。そして何らかの化粧品と思われる感じですが、
全く何かは不明という、これもミチル・TAKE無銘 006のように、湘南地区で
拾える謎の壜の一つのようです。Webで検索してみると稀に拾ったという記事
を見かけますが、大抵鎌倉とかなのです。私が拾ったのは二つとも藤沢の同じ
海岸ですけど。こうして湘南地区の謎が次々と増えて行きますね・・・
嗚呼、誰か、この壜はね、これだよ、みたいなスパッと断定していただける方
とか現れないかなあ(><)


無銘 00705
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

両方の壜とも銀化はチラホラしていますけど、写真にきれいに撮れるようには
至らず。というか、私が多分超ド下手なのでしょうよ(泣) かなりがんばって
がんばった結果がコレです。心境としては「ムキーっ(弩)」って感じですね。


>> 2014/11/04 19:26
この手のビンは口が狭くて…
クリーニングに骨が折れますよねぇ〜(>_<)
私はこの手の化粧品ビンをポチョビンって呼んでますww
ポチョンと少しずつしか出てこないから〜(笑)

今の化粧品ビンはプラスチック製の穴あき蓋が付いていて
そこが明らかに今と昔で違いますよねっ^ ^

写真 とても美しいなぁ〜と思いますが
よ〜かんさん的には「ムキーっ」なんですねぇ〜(笑)


前記事の押子なんですが…
猿島の磯で割れているのを見掛けました^^;
場所が場所だけに戦時中の物だったのかもぉ〜(^◇^;)ゞ

>> 2014/11/06 01:11
>shizuさん

この壜のクリーニングは相当やり難かったです。ただ最近特に切望なんですが、こういう形状のビンでなくても、汚れが全然取れないヤツがありますよね。これをきれいにするいい方法はないのかと。
ポチョビン! 上手い表現ですね(笑) 確かに振ってポチョポチョとしか出ないから、洗浄の時非常に面倒です。前にコレよりも細いポチョビンを洗浄していた時、両腕総動員で振り続けて翌日両腕とも筋肉痛になりました(笑)
そっか、確かに今はあの穴空き中蓋が嵌っていますよね。

写真、アレです。銀化が見えているよりもきれいに写真に色が出なくて、「ムキーっ」なのです(笑)

押子、猿島だったらそうかもしれませんね。割れてなったらお持ち帰り必至だったのになあ。惜しいです(><)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/38-5427732c

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ