08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2014/10/06//Mon * 00:03
●○安川コロダイン

安川コロダイン01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

現在(2014年10月時点)所持している壜の中で、唯一のコバルトブルーの壜です。
浜拾いで壜も拾われるのであれば、このような壜は憧れとおっしゃる方も多い
のではないでしょうか。少なくとも私は大変憧れていた種類の壜であったので、
コレを見つけた時は文字通り飛び上がりました。美味から始まった独り壜祭り
の中で、一番の大モノでございます。


安川コロダイン02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

私の少し前を、何やら探しながら時折しゃがんで何かを拾いながら通り過ぎる
一青年の姿がありました。明らかに同類の人に見えます。一青年は汀線を丁寧
になぞりながら歩みを進めています。その進路は思い切り私の進行方向だった
ので、これでは後をついて行っても何一つとして残っちゃねえ(><)こと明らか
であり、普通ならそこは諦めて別の進路を取るのに、何故か結局その一青年の
後をついて行く選択をしました。今でもなんでそんな選択をしたのかよく判り
ませんが、この時はそもそもこの海岸に行ったのだってダメ元だったし、多分
何か拾おう!って気概は相当薄かったってのもあったんでしょうか。ともかく
一青年が歩いたその後をノロノロと歩いたのです。で、少し歩いた時、何だか
青いモノが前方に見えました。今まで海辺で青いモノを見てドキドキしながら
近づくと100%青いゴミでした。青いガラスの欠片すら見たことがありません。
そんな調子だったので、今回青いモノが見えた時もその類だろうと思い、気軽
に近づいた訳です。そして結構近づいた時、それが初めて何やらびんっぽい形
をしていることに気が付きました。もしかしてアレか?アレなのか?とこの頃
からドキドキ状態。そして遂にその物体の傍に立ってみると、明らかに何かの
壜です! この時の興奮とか幸福感とかはハンパじゃありませんでした。何て
いうか「ひぃ~(><)」って感じですよもう。あとはもう割れてないで下さい!
と念じながら拾い上げた時の期待と不安感たるや。

とまあ、この時の情景が未だに脳裏に焼き付いているので、思わずクドクドと
書き連ねてしまいましたが、こういうことがあるから浜拾いを止められません。
しかし不思議なのは、この壜が明らかにあった付近を例の一青年が通過してる
のに、何故この壜がそのままになっていたのか。写真を見れば判ると思います
が、他のゴミ等に紛れてしまっていて見つけ難い、なんてことは皆無であって、
「わたくし、逃げも隠れもいたしやせん!」とばかりに無防備に落ちていたの
です。落ちている時の壜の表面の乾き具合からも、一青年が通り過ぎた後に波
が運んで来てそれを・・なんてことも考えられません。つまり、一青年が通り
過ぎた時にはあの壜は確実にあった筈です。ということは、考えられることは
二つ。一つは、一青年が全く壜に興味がなかった。二つ目は、偶然落ちていた
方向を見ずに通り過ぎた。浜拾いをしている方なら経験があると思いますけど、
一度何も見つけずに通り過ぎた場所をまた通った時、何かを見つけてしまうと
いうことは意外と起こりえますので、考えられないことではありません。でも
なあ。こんな逃げも隠れもしないヤツ、見逃すかなあ。不思議です。でもまあ
そのおかげでこの壜は今、私の手元にあるのです。


安川コロダイン03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:神奈川県藤沢市 2014/03/31

側面に「安川コロダイン」と文字がある以外は、他にエンボスなし。コルク栓
のタイプの口です。海モノらしく、表面はそれなりに磨れています。割れ欠け
はなし。首のところに小さなヒビのようなものあり。目立った傷も特に見えず、
海モノにしては状態は悪くないかと。

安川コロダインを調べてみると、明治中頃より昭和期にかけて、安川晃栄堂の
胃腸薬「安川コロダイン」が有名であった、という文を見つけました。昭和期
は一体どれ位までこの薬があったのか気になるところ。色々とネット内を探し
廻ってみると、「神薬」という薬(未だ出逢えぬ憧れの一つです)とコロダイン
は同じような時期に同じような内容物で出回っていたようだけどコロダインは
胃腸薬となっていたり、神薬もコロダインも色々な会社から色々と沢山の種類
が出回っていて、イマイチ理解がし切れません。奥が深いことこの上ないです。
内容物は、現在では処方出来ない結構な劇薬っぽいですね。


安川コロダイン04
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

びん博士の著書「平成ボトルブルース」の中で、この壜と同じタイプの壜の話
がホンの少しだけ載っており、それを信じるなら、この壜は大正期のモノとの
こと。もしそうなら、大正の後期であったとしても90年は前の壜ということに
なります。よくもそんな長い間割れずにいたものであり、余計に感動が大きく
なってしまったのでした。いずれにしても、このタイプの古い壜にはまだまだ
沢山お目にかかりたいものですが、この壜を一つ見つけた以降、全くそれ系の
モノにお目にかかれません。未だ瑠璃色な何かを海辺で見つけ、駆け寄っては
ぷしゅ~(空気が抜ける様)と萎んで行く今日この頃でございます。


安川コロダイン05
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

少々攻撃的なトップ写真とは対照的な、冷静的な一枚も載せておきます。
コバルトブルー、美しいですね・・・


>> 2014/10/06 07:16
羨まし過ぎます(>_<)
前記事の正油皿の数といい…

みんな… 私が教えた場所で???

引きが強いですねぇ〜よ〜かんさん^ ^

コバルトブルーのエンボス付きは 私 持ってないです^^;

ここまでレベルの高いビンがあの場所で???
その事実にもビックリです( ̄◇ ̄;)/

>> 2014/10/06 13:02
おめでとうございます!
いやぁ〜コロダインですか〜こちらでは欠片も見たことありませんよ。
この調子で流れに乗ってびんをゲットできると良いですね♫

>> 2014/10/07 11:56
スゴイですね; 凄過ぎです;
その青年、何を探してたんでしょうね(^^;)

私は、似たような濃い青のビーチグラスなら
2つ程持ってますが、完全にフロスト状態です;
本当にキレイな壜ですね、
大事にしてくれる人の下に行って、良かったです。


>> 2014/10/07 19:21
最初の写真は変わった形の
安川さんちのお墓かとおもいました。笑
よ〜かんさんは古いビンが大好きだから
このビンを拾わない人の気持ち
理解できないかもしれませんね…
でもね、普通、見つけても拾いませんからーー!笑
あ、でも今のわたしならきっと拾います。
で、こんなん拾ったんですけど?って
よ〜かんさんに報告します^^

>> 2014/10/08 02:21
90歳ですか~。年齢を感じさせないお肌です・・。あ。いえ。壜です(汗)
2枚目のお写真は、発見現場ですよね?
なんだか無造作過ぎて、薄い布の一枚でもかけて、いたわってあげたくなります。それにしても、青年、気づかなくてよかったです。『もしかしてアレか?アレなのか?』ってとこ。こちらも、めっちゃドキドキでした。っで、アレだったんですよね。すごい!! 壜のことは全然わからないので、ちょっとネットで検索したところ、『安川コロダイン』は、壜人さん(?)には憧れの壜じゃないですか~~っ。やりましたねっ。この素敵な青い色の壜に入っていた胃腸薬は透明色だったんでしょうか? それとも黒っぽい色? 
うちにある、なんの変哲もない胃腸薬の壜も、90年くらい経ったら誰かに拾われて、『ぬおおお~』と喜んでもらえるかも知れない・・と思ったら。
急に大事にしたくなりました。ありふれた日常の何かが、時間をバトンリレーしてくれるって、なんだかドキドキしますね。

>> 2014/10/08 13:32
>shizuさん

そうですよ、shizuさんのあの記事で「へ~、そうなのか~」ってお試し的に見に行って大物を見つけてしまいました(><) この時思ったのは、「やっぱり無欲って大事なんだな」でした(笑) だってあの時以来もう半年経ってしまいましたが、未だにコバルトブルーの壜はコレ一つのみですよ? ホント、まさかの大物でした。びっくりですよね。多分これでshizuさんに強く感謝していたのが判って頂けたかと(笑)

醤油皿の99%はあの場所です。一回行くと一つは拾っている感じですね~

>> 2014/10/08 13:44
>tbs-hrkさん

ありがとうございます! しかしコレを見つけてから壜の流れに乗れ!とばかりに意気込みましたけど、それから半年、その間コバルトブルーの壜なんか一つも見つけられませんでした(笑)
しかしtbs-hrkさんが、コロダインを見つけられていないというのは意外でした。神薬はあんなに持っていらっしゃるのに・・・ やっぱり地域性なんでしょうか。

>> 2014/10/08 13:50
>真紅さん

ホント、凄すぎました(><)
その青年はしゃがんでは何かを持っていたことを繰り返していたので、何かを拾っていたのは間違いないんですけどね~ 不思議でしょうがないです。

こういう濃い青のビーチグラスも滅多に見つからないですよね。
この壜は順光で見ると暗めな感じを受けるんですが、光を透かすとホントきれいです。ありがとうございます♪

>> 2014/10/08 13:55
>nicoさん

お墓・・確かに変わった墓石でありそうな気がする(笑)
え~見つけても拾いません? なんかあまり興味がなくても明らかに普通の壜と違うからなんだこれ?とか思って拾いそうだけどなあ(笑)
nicoさんの壜報告、とても楽しみに待ってます♪ nicoさんの方なら、ガラスの浮き球とか拾えそうですね。まだ一つも持っていないので、もし拾った報告されたら、羨ましがって仕方ないかも(笑)

>> 2014/10/08 14:09
>chachaさん

いえいえ、そんなに滑らかではない肌なんですよ(笑)
やっぱり海モノは長い年月をかけて磨れるので、独特の風合いが出るというか。

二枚目は、壜を見つけてドキドキしながら拾う前を撮ったものです。自分的にこんな凄い壜がこんな無造作に落ちていていいのだろうか?きっと絶対に割れているね?とか、拾い上げる前まで相当なドキドキっぷりでした(笑)

安川コロダイン、調べてくれたのですね。特に浜拾い人にとって遭遇率は相当高くないので、見つけるときっとみんなドキバクするんだと思います。液体はどうも黒っぽい茶色っぽいものっぽいもののようですよ。

chachaさんの考えたこと、考えたことありますよ。
今家にあるどうみてもそこら辺の壜とか、年月が経ったらやっぱり今の私みたいなのが拾って「ひぃ~(><)」とかなるんだろうかってね。今拾って一喜一憂している壜たちなんて、昔の人にとってはゴミなのだから、未来の人がやはりこんなゴミを見て大喜びするなんてことを考えると何か嬉しいのです。

>> 2014/10/11 23:48
★10/08 02:40の鍵拍手様

コメントありがとうございます!
昨日の夜に無事戻って来ました。ただいまです♪
またそちらの方にコメントしに行きますね~









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/33-5b17b97e

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。