07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2014/10/01//Wed * 23:37
●○醤油皿?

醤油皿?01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

マニキュアの約十分後、崎陽軒の醤油皿を拾い、更にその五分後、波打ち際で
壊れた壜の底みたいのを発見。何となく勢いで拾い上げてみると、壊れた壜の
底ではなくて、なんか直前に拾った醤油皿っぽい雰囲気があります。かなりの
ボロボロさ加減なので、持ち帰るかどうか迷いましたが、気になって仕方ない
ので取り敢えずお持ち帰りました。


醤油皿?02
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

さて、これがお持ち帰って正解だったのかどうか・・・ 調べてみると他にも
数例この謎のガラス器を拾った話を見つけました。が、どれも正体までは確定
していませんでした。どこも崎陽軒醤油皿の磁器以前のモノなのではないかと
推定しているようです。

写真はトップの反対側からの写真。背景に積まれている物体は、崎陽軒醤油皿
記事にUPされている醤油皿よりも以降に拾った醤油皿たちです。つまりその
記事の時よりも今は倍位の枚数になっている訳です。


醤油皿?03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:神奈川県藤沢市 2014/03/31

大きさは崎陽軒醤油皿より縦が少し大きい感じを受けます。横幅は同じ位です。
写真で見る通り、角が一箇所緩くカーブを描いています。なんとなく硯っぽい
イメージを受けます。多分元は透明なガラスだったのでしょうが、今は磨れて
いるしかなりボロボロ。中には気泡も見えます。

さて、コレは本当に崎陽軒の醤油皿なんでしょうか。崎陽軒と思わせるモノは、
大体の大きさと中の仕切りの感じだけなので、これだけで崎陽軒だ!って言い
切るのはちょっと微妙な気もします。崎陽軒のサイトを見ると、ひょうちゃん
であれば、磁器の前はガラスの小壜だったと記載されてるのですが、醤油皿に
ついては全く触れられていないので、磁器の前がガラスだったのかすら判って
いません。醤油入れがガラスだったのだから、醤油皿だってガラスだったので
はないか?と予測するのみです。まあ、この器がネットを見る限りは湘南の海
でばかりで見つかっていることもあるし、心情的には崎陽軒のモノだと嬉しい
んですけどね。あと、醤油皿ではないですが、ひょうちゃんの前身のガラスの
小壜ってどんなモノだったのか、すっごい気になります。ネット上では一つも
出てこないのです。やっぱりひょうたん型だったのかなあ。


醤油皿?04
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

せっかくガラスだし、透かしてみたかったので、こんなのを撮ってみました。
この障子、結構活躍しています。この前の目薬もそうだし、今後も何回か登場
したりします。後ろに余計な背景を入れずに光を透過させるのにちょうどいい
んですよね。


醤油皿?05
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

最後に、今まで拾った醤油皿を一箇所に集めてみました。ガラスのを抜いても
全部で15枚・・・ よくも集まったものです。実はこの後にも二枚追加されて
いるんですが、今回の記事に間に合いませんでした。
こうやって並べてみたらちょっと面白いことが判明しました。まずこれは判明
というか、見事に青字と緑字が同数になっています。字ナシは二枚。拾ってる
時は青字ばかり拾っていたようなイメージがあったのに、こうして並べ立てる
とちゃんと平均的に拾えてます。緑って珍しいのかなって思ってたらそうでも
なかったようです。
もう一つ、これはコレだけ集まって、やっとそういう法則なのかなって判った
んですが、緑字の方は全て仕切りの狭い方が右になる面に文字が書かれてます。
青字は四枚に、仕切りの狭い方が左になる面、つまり緑字と反対の面に文字が
書かれています。後二枚は緑字と同じ面に書かれているのですが、この二枚の
反対側を見てみると、何やら文字入れに失敗したような跡があるのです。って
いうことは、文字入れに失敗したので止むを得ず反対側に文字入れをしたので
あって、本当だったら青字の場合は仕切りの狭い方が左になる面に文字が入る
ということと推測されます。以上のことから、青字と緑字は文字が入る面が逆
になるということ。ここまでの数でこうなっているということは、まず間違い
はないのではないか、と思います。これは一体何を表しているんでしょうか。
まあこんなことが判ったからといって、何がどうだ!って訳でもないんですが、
醤油皿のことって何も判らないんで、自分へのプチ慰めみたいなもんですね。


新たに拾ったヤツのみ取得地と日付を記載しておきます。なんかこんなの記録
しておいてどうすんだ?とか思われそうですが、なんとなく意地です(笑)

それぞれの取得地:左(緑字)
        一番目:神奈川県藤沢市 2014/09/03
        二番目:神奈川県藤沢市 2014/05/13
        三番目:神奈川県藤沢市 2014/09/10
        四番目:神奈川県藤沢市 2014/09/10

         中(青字)
        二番目:神奈川県藤沢市 2014/08/27
        四番目:神奈川県藤沢市 2014/05/13
        五番目:神奈川県藤沢市 2014/08/21

         右(字なし・特殊)
        三番目:神奈川県藤沢市 2014/09/21


----------------------------------------------------------------------

2015/02/18 追記

崎陽軒の磁器醤油皿、ガラス製醤油皿について、崎陽軒に聞いていただいた方
がいらっしゃいまして、その情報を教えていただきました。

Q. 磁器醤油皿はいつまで使用されていたか?
A. わからない。

Q. 磁器醤油皿以前にガラス製の醤油皿を使用していたのか?
A. 醤油皿を使用していた当時の記録が残っていないこと、以前に勤めていた
  者にも醤油皿に関する話を聞いたことがないため、わからない。

とのことでした。結局、この醤油皿については全く何も判らないということが
判りました。非常に残念です。ひょうちゃんについてはかなり判っているのに
この皿についての歴史が判らないなんて・・・ まあでも私が同じことをWeb
で質問した時、全く回答がなくてモヤモヤしていたので、この情報はとっても
嬉しかったのでした。-さん、貴重な情報をありがとうございました!

崎陽軒の公式見解は×になってしまいましたが、もし何らかの情報が判ったら
引き続きUPしていこうかと思います。


>> 2014/10/02 23:13
すご~い!!!です。
とりあえず、次の締め切りは今月末なので、やっと海に行く時間が取れそうです。台風18号が去ったら、海に行くんだ~!!と張り切っています。
台風の被害が出ない事を願っています。

>> 2014/10/04 18:22
>SuzyHillさん

なんとなく、一回海に行くと一つは拾えているような感じです。出来ればやっぱり潮が引き気味の方がいい結果を生むかもしれませんね。
台風過ぎ、楽しみですね~ たくさん楽しんできてください! 私もすっごい行きたいですけど、台風直後は休みじゃないので・・・

>> 2014/10/06 08:08
横浜駅 崎陽軒っての初めて見ました!
私はビーチコーミング始めたばかりの時に凄くひょうちゃんと醤油皿に憧れてたんですけど、全然拾えなかったです。というのもあっか、何個も拾ってもとても嬉しいお宝です。

>> 2014/10/08 13:37
>しゅんぴーさん

「横浜驛 崎陽軒」は流石にこれ一個以外見たことがありません。分佇まいも通常のヤツと違ってとてもいい感じですよ。醤油皿の歴史が全然判りませんが、意外と奥が深いですよね。
私もひょうちゃんと醤油皿は何度見つけてもとっても嬉しいモノなのです。それに基本的に神奈川限定って感じなのも好きですね~









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/32-1db65110

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ