06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/03/31//Sun * 23:29
●○チドリガサ

チドリガサ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もう十日以上前になりますが、久々に館山に行きました。気合を入れて四海岸
を練り歩きまして。だがしかしうーんどうにも微妙な成果・・・ 挙句に帰り
高速を反対方向に乗るわ運転中足を攣って叫ぶわ、中々に惨憺たる有様で(泣)
何かネットで最近の館山貝拾い事情とか探ってみると、みなさま結構よさそう
な成果で溢れてるように見えて仕方がありません。どうにもやはり、私は見る
ポイントがド下手なんでしょうな(泣) 今一度、拾って来たブツを眺め返して
見てもやはりパッとしないです。ですがそのパッとしない中では二つ程嬉しい
モノがありました。まあその内の一つは、その後嬉しくない出来事が起こった
ため、結局嬉しくないモノになってしまいましたが。

という訳でその嬉しい拾いモノ、チドリガサです。見つけた時、何か殻頂部が
妙に曲がっているので何かのフリークなのかな?と思いずっと気になって仕方
がなかったんですが、調べてみるとこういう貝だったのでした。何コレ?この
ヘンテコな貝は! 超ツボです。俗世間一般ではこの貝が珍しいのかどうかは
分からないけど、少なくとも私はこんな貝初めて見ました。面白くて仕方なく、
ニヤニヤしました。


チドリガサ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

横から見てみましょう。殻頂部が相当曲がっているのが判ると思います。


チドリガサ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

コイツは反対側の横から。何かヘタ写真のため、ちょっと見難いですね。


チドリガサ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

採取地:千葉県館山市 2019/03/18

色んな角度から。裏側はそのままだと立たないので、方眼紙に直接置いてない
です。この写真でやっとこの貝の全容が判るのではないか。というところです。
スカシガイ科。以前にUPしたオトメガサと同じ科です。この科は中々人のツボ
を突いて来る輩が多いですな。
状態は結構いい方ではないかと思っています。この写真の右上で云うと、この
貝の前方は上側(幅が狭い方)になるようなのですが、これを基準に殻頂が右側
後方へ曲がるのが特徴のようです。すごい思い切り曲がってます。何で右後ろ
に曲がるのかよく判らないのが堪りません。美しい貝も当然いいけど、こんな
ヘンテコなヤツに遭遇したりするから、浜拾いは大変に素敵なのです。


>> 2019/04/02 09:21
ああ、チドガサ。この手の貝としてはかなりボコボコしたデザインが自然の造形の妙にして私のハートをつんつんとつつきまくります。かわいい、愛おしい。自分でこんなのが見つけられたらと思うと大変悔しゅうございます。
わたしゃ貝殻拾いをほぼしなくなったわけは別に心底飽きてしまった訳じゃございません。心の奥底ではふつふつとかつて旧火山と呼ばれた活火山のようにその時を待ち続けているわけでございます。
ここは瀬戸内どまんなか、何度通っても同じ地味すぎる貝しか拾えない現実に倦怠期を迎えてしまっただけと言う悲しいおっさんでございます。
まだ燃えたぎる炎はおととい高知の方から頂いた大量の未処理の貝殻でまた再燃しております。洗ってない、産地別にしてある、日付もある、採集者も知ってる方となると標本にする過程が存分に楽しめるわけでガスガスもあればきれいなのもあるという、自分で拾ってないだけでその後の標本化までのお楽しみをたっぷり残していただいてます。

あ、スミマセン。チドリガサのコメントのはずが脱線しまくりですがこれが私の生きる道ということでご勘弁願いたいと思ったりします。(^^;)

>> 2019/04/02 22:24
>拾い人さん

チドリガサ、私は今回初めて見つけてかなり衝撃を受けた貝です。なんだか小人の帽子複雑版みたいでやヴぁいです。
趣味って通常、自分の活動範囲である程度続けられるモノでないと、継続するのは難しいと思います。拾い人さんの場合はそれに加え、ディグという超魅惑的な趣味があり、それで大成していらしゃるから特に貝殻拾いに熱量が割けないのでしょう。拾い人さんの住んでいらっしゃる場所が沖縄だったらもう完全にその比率が大逆転しているのでしょうから、これはもうそういう「生きる道」なのでは(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/301-10d46cee

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ