06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/03/26//Tue * 23:24
●○イシダタミ

イシダタミ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

イシダタミ。漢字で「石畳」という、もう名が体を表す典型的な貝です。誰が
名付けたのか、云い得て妙とはこのことなのか。以前にUPしているナツモモ
同じニシキウズ科の巻貝。ナツモモよりは繊細さに少々欠けますが、結構似て
います。パッと見ゴツゴツしていて磯場なら普通に落ちている印象で、どうも
食指が動かない貝でした。ところが去年の冬に拾い人さんがUPしたイシダタミ
の写真を見て、「アレ?結構かっこよくないコレ?」と思ってしまい、見つけ
たくて矢も楯も堪らなくなりました。ところが、まあこれがお約束なんですが
見つけたいと思うと中々見つからないのがこの世の常。特に状態がいいモノが
まるで見つかりません。見つけたい!と思って初めて拾ったヤツがこの写真の
モノなんですが、その後はこれ以上きれいなモノが拾えなかったので、成長痕
がバキっとあって、殻頂が禿げているという微妙個体でお茶を濁したという。


イシダタミ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

採取地:千葉県館山市 2019/01/07

口側。内部の真珠層が素敵な件。この真珠層にピントを合わせればよかったな。
結構被写界深度を深く取ろうが、この近さでマクロだともうボケが入りますな。


イシダタミ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

またひっくり返って頭側。殻頂の禿と、全体的に色褪せたような失敗感が漂う
感じがチープでよろしいかと(泣) なんか状態は微妙な癖に、随分と念入りに
撮っているのは一体どうしたことか。


イシダタミ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

真ん中がトップ写真のヤツで、周りの四つが他に拾ったヤツら。状態は普通に
見た目通りよくありません。全部同じ海岸で拾っています。真ん中とは拾った
日が違いますが。


イシダタミ05
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最後に大きさ写真。
一番最初にも書いているけど、まさに石畳という名前が嵌っている貝ですね。
いつかヴァリヴァリに状態がいいヤツを拾いたいものです。少なくともアップ
写真に耐えられるようなヤツを。トップ写真がアレでは些か締りに欠けておる
といふものでせう・・・


>> 2019/03/30 17:49
あれ…イシダタミガイってこんな赤かったですっけ?
こちらでは緑っぽいのしか見たことないような…

よくみかける貝でも実はよく見てみると
すごくいいってのはありますね。
うちは研磨ですがクマノコガイを磨いたら
真珠層がとんでもなく光る子が出たので
まさかのギャラリー棚行きになりましたw

本気で状態のいいものを拾おうとすると
良く落ちてる物でも案外苦戦するんですよね。
拾ってきたのはいいものの
クラフトに使うのはどうなんだろうなーみたいな
微妙な状態のやつがストッカーを圧迫してますわ

>> 2019/03/30 22:03
たかがイシダタミ、されどイシダタミ。
まだ学生だった頃初めて標本にする目的で海に行ったとき拾ったのが思い出されます。図鑑で調べてイシダタミと言う名だとわかってそのネーミングに感心してましたね~。
その頃は一年もしないで飽きてしまって捨てちゃったんですよね~、懐かしい。

今でも好きな貝ですよ。気が向かないと拾わないけど。(^^;)

>> 2019/03/31 23:59
>えーえすさん

私が今一番参考にしている「日本列島を取り巻く海の貝殻図鑑」を見てみると、この赤っぽいヤツと、緑っぽいヤツと両方載っています。個体差なんでしょう。えーえすさんのところで緑っぽいのしか見つからないのであれば地域差かも知れませんね。
そうなんです、よく見ている積りの貝でもちゃんと見てみたらすごいハマったりすることがあります。
えーえすさんは、加工とか出来るから楽しみが広がっていて羨ましいです。特に真珠層のある貝は磨いてナンボってところがあるので、加工して楽しむ方の特権ですよね。
状態のいいヤツを求めるとキリがありません。例えばこちらではやたら拾えるメダカラとかでも状態がいいヤツは別物ですからね。

>> 2019/04/01 00:02
>拾い人さん

結構拾い人さんにとってイシダタミはソウルフード的なニュアンスなんですね。
私は子供の頃海自体そんなに行ってないし、更に貝殻には興味を示さなかったようで、何の思い出もないのです。本格的に海好きになったのもここ数年だし、それまでは山ばかりでした。
あ、でも海生物の図鑑を見るの好きだったなあ。そんな子供の頃に図鑑でしか見たことがなかった生物や残骸にここ数年でやたら出遭うようになって、すごいその度に感動したモノでした。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/300-869fa2da

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ