08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/03/03//Sun * 00:03
●○海豆

海豆01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

私が浜拾いを始めてから約七年弱の年月が経ちましたが、その時から今現在に
至るまでに見つけられた海豆の全成果がここに! っていうか少なっ! まあ
未だに二つの欠片しか遭遇出来ない青い貝どもに較べたら、まあまあよかった
かも知れないね。わはは。と云えなくもないんですけど・・・ そういう訳で
ある程度の数になったら記事にしようとずっと温めて来たコレたちなんですが、
もう一生遭遇しそうにないのでひっそりとUPしてみました。


海豆02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もう少し横から見た図も一応載せておきます。
ちなみに海豆とは、遠い南の方から潮に乗り遠くの海岸に打ち上がる漂着種子
の内、豆の仲間の種子たちを指す総称と認識しています。間違っていたら大変
申し訳ありませぬ。海豆という言葉自体もコーマーさんたちがそう呼んでいて
定着したんでしょうかね。


海豆03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

採取地・上段:    神奈川県三浦市 2012/10/05
    中段:    神奈川県三浦市 2013/04/25
    下段:和歌山県東牟婁郡串本町 2015/10/21

上段と中段はジオクレアでしょうか。二つの形も色も違うので、それぞれ別の
種類の種かと思っていましたが、色々とネットを彷徨っている内にこれは同じ
仲間なのか?と思うようになりました。

上段が初海豆なのですが、コレを拾ったのが浜拾いを始めてから三ヶ月位しか
経っていなくて、まだ海豆の存在を全く知らず何の意識もなく拾って来ていた
のでした。今から考えるとホントよく拾って来たよなあ。初心者特有の何でも
拾うってのが幸いしたらしいです。真ん中辺りが膨らんで歪な形になって来て
います。固くて軽め。
中段は、浜拾いを始めて十ヶ月位の時に遭遇したモノ。上段と同じ海岸で拾い
ました。この頃になると海豆の存在は知っていましたが、全くと云っていい程
興味を持っていなかったので、これもまたよく拾って来たよなあ、よくやった
あの頃の自分!と自分で自分を褒めない訳には行かないです。何せ、この興味
が薄い内に拾った二つ以降、海豆に興味を覚えてからはまるで見つけることが
出来なくなってしまっていたのですから。こちらも固くて軽め。プックリ全体
が膨らみ、セカンドバッグソックリな形状がかわいいです。
下段の二つはオゴクダ浜に初めて行った時に拾いました。ハマナタマメの種子
ではないかと思われます。これが海豆に興味を覚えてから最初で最後に遭遇の
ブツです(泣) まあ見た通り豆っぽいヤツですね。

どの豆にも付着物(コケムシ?)が付いているので、ある程度長い距離と時間を
旅して来たのだと思われます。そんな旅の果てに私の手元にやって来てくれた
ってことを思っただけで浪漫度がハンパなく、嬉しいし愛おしいし、ニヤニヤ
してしまいます。海豆は神奈川県に漂着がそんなに多くなさそうなのでホント
に縁が薄い物体なのですが、またいつか遭遇出来ることを願ってやみません。


>> 2019/03/03 15:35
今まで私が海で見たものは...。
ソラマメ・さやえんどう・スナップエンドウ・インゲン豆・藤の花の豆.....。小豆は見てないなぁ(^^;)

瀬戸内じゃ海豆は無理なようです。憧れの物ですがこればかりは自分で拾わないと意味ないし.....。買ったり貰ったりじゃただの豆。自分で拾うから海の彼方へ浪漫と言う名の夢を見れますね~。

>> 2019/03/05 22:19
>拾い人さん

結構海で豆見てますね(笑)
瀬戸内の海流ってどうなっているのか分からないけど、遠くから漂流して来るモノの通り道ではないのですね?
確かに漂流モノは自分で見つけないと「想いを馳せる」部分はないですよね・・・
私も漂流モノ(青モノ、種子、浮き球、タコブネ系とか)には非常に縁が薄く、結局モノになったのはこの記事の種だけです。その他のモノには未だに遭遇出来ていないでいます・・・ ビーチコの中でも相当浪漫度が高い物体たちなので、遭遇したい想いは非常に強いんですけどね~

>> 2019/03/28 00:16
コメントしようと思っていながら、すっかり忘れてました。
いやいや良いものを拾われてますね。しかも地元で!いつの間にやら!!
ジオクレアは地元では滅多に拾えないですよ。2つは違う種類だと思って間違いないです。
黒っぽい方はジオクレアの中では比較的多く漂着する種類ですが、
オレンジ色の方は、こっちではかなりレアです。かなり羨ましいですよ〜!

>> 2019/03/31 23:45
>尚 nao.さん

三浦で拾ったのはいずれもビーチコ始めて日が浅い時で、これは完全なる無欲の勝利というか、よくこんな時にコレを拾ったなあ、と今でも不思議に思っています。
しかも地元ではそんなに珍しいとは! 確かにこれ以外まったく海豆なんか見たことないですけど。
結構拾われているイメージがある尚さんがレアとおっしゃっていることが、もうそれだけで嬉しいかも。
ジオクレアって、貝で云う○○科のようなものなんでしょうかね。確かにこれだけ形も色も違っていれば同じモノではないですよね。同じく炎模様があるのが面白いです。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/297-618684f4

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//