06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/02/25//Mon * 21:54
●○無銘 032

無銘 03201
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

薬壜薬壜と来て化粧品が登場したので、次もそうかと思いきやまた薬壜に戻る。
ですが醫院系と違い、今回の二つは文字ナシです。右側が前回の明色と同じ日
同じ海岸で拾ったモノ。左側は今年の初拾い群で見つけたモノです。この記事
では時系列順の右側の壜だけUPしようと思っていたのですが、左のヤツが似た
モノ同士な雰囲気を持っていたため、折角なので右側とご一緒してみました。


無銘 03202
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地:千葉県木更津市 2016/01/28

では大きい方の壜から。これは前記事の明色の壜と同じ日同じ海岸で見つけた
ものですが、明色の方が目一杯隠密な登場な仕方をしたのに対し、こちらの方
は大変大胆にただ干潟上に転がっていただけという大雑把っぷりでした。大抵
こういう登場の仕方をした壜は傷が多いモノなのですが、これは珍しくかなり
状態がいいのにビックリ。まあ、口のところにヒビ、内側に白色の憎いヤツと
二大難点があるのが少しだけ遺憾ですが。
色は青味が感じられるグリーン。エンボスは記号含め一切なし。しかしこの壜
の最大の特徴は何と云っても気泡。私が今までに見つけた壜の中では、現時点
で最高峰の気泡量を誇ります。その気泡数はなんと! ・・・数えられるか!
気泡が多いせいなのか、壜の表面の状態がいいのにも拘らず触るとボコボコと
した感じがします。俗世間で云う、満天の星状態と云い切ってしまってもいい
のではないのか? 正直云って、もうウツトリですよ。


無銘 03203
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ただ、これだけ気泡が多いと意外と「気泡が美しい壜」という写真にするのが
難しくて、かなり四苦八苦をしました。その結果がトップ写真だったのですが、
まだまだこの壜の正当な姿を写したとはとてもいい難く、もう少しいい感じに
撮れないか頑張ってみたのがコレです。しかし、ここまで気泡が入っていると
単なる技術の問題というか、何というかワザとじゃないのかコレ?とか思って
しまいますよね。小さい気泡は壜全体に亘って入っていて、コレに少し大き目
の気泡がボコボコと気紛れな感じで入っています。全くもって美しいです。


無銘 03204
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地:千葉県木更津市 2019/01/08

続いて小さい方。今年の初拾いの成果の一つ。色味は大きい方とそっくりです
けど、ほんの僅かに緑がかった感じです。こちらの状態も相当で、二ヶ所だけ
擦り傷がありますが、他に欠点はなさそう。あの白色の例のモノもありません。
ですが、気泡は一見多そうだけど大きい方に較べるとかなり少ない感じです。
ガラスがボコボコしたところがあり、一瞬文字かとぬか喜びしました。側面の
下部に一つだけ「c」みたいな文字のようなものがあるんですが、ボコボコの
一環かも知れず、判断つきません。側面には目盛りがあります。ちなみに気泡
は少ないというような書き方をしましたが、あくまでも大きいヤツに較べてで
あり、この壜の気泡数はかなり多いです。


無銘 03205
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

この壜が見つかった時の状況。コレも相当慎み深い感じです。まあ尻隠さずな
状態なので、慎み深いと云っていいのか分かりませんが。ホントよく見つけた
なあと思います。前にもどこかで書いた気がしますが、こういうのって何故か
完品なのか違うのかを確信する時があって、この時も全部あると何故か思って
掘っています。この壜の状態がいいのは、粘土質の土中にずっと埋まっていた
おかげなんでしょうね。


無銘 03206
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最後に、元々トップ写真にと思って撮ったヤツを一枚。中々いい感じに撮れて
いるけど、毎回毎回この同じ背景ってのもあまりにも芸がなさ過ぎると思って
トップは止めてみました。しかし、こういった壜を見つけた時の感動は、何度
あっても薄れませんね。もちろんまだ超初心者の時の、どんな壜でも見つけて
嬉しい状態に較べたら贅沢になってますけど、こんな発見がある度に浜拾いを
やっててよかったなあとつくづく思ってしまうのです。


>> 2019/02/28 21:45
しゅわしゅわぁ~.....。o○
いいですねぇ、うまいぐあいに長年土の中に眠っていてくれたようですね。
わたしゃ案外ここまで泡で出来た状態の瓶はほとんど持ってなかったと思います。泡が多いなぁと思っている瓶でも人様のと比べるとそうでもなかったりします。エンボスが無くてもこの手は無条件に殿堂入り間違いなし(≧▽≦)

>> 2019/03/03 00:03
>拾い人さん

でもさすがです、殆ど・・ということはちゃんと持っていらっしゃるんですね。
私がいつも行く場所は、あまり古い時代のモノは中々見つからないのですが、たまに非常に古いモノが出て来るので侮れません。
気泡が多い壜はホント愛おしいですね。出来ればもう少し小さい壜でこんなのが見つかったら満点なんだけどなあ。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/296-3ba1c481

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ