10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/02/02//Sat * 23:12
●○interlude #04

interlude #0401
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

これまでに何度か書いていると思いますが、私の興味の対象はあくまで自分で
見つけたモノであるため、購入したモノはとても少ないです。特に壜は余程の
ことがない限りは(資料用に購入とか)手を出しません。が、極稀に何かしらの
琴線に触れるモノがあったりすることがあります。写真は、そんな手を出して
しまったヤツらの中から、既にブログに載せてるコレコレコレコレ以外
で、まだ一度も紹介していないブツの内、ガラスモノだけ記念写真です。こう
でもしないと恐らく一生日の目を見ないかもしれないので。実はもう一つ購入
モノのジュース瓶があるのですが、高さが合わなくて写真にどうしてもうまく
収まらず、面倒になって除けてやりました。いつか機会があれば日の目を見て
戴きませう。この中での琴線モノは四つだけであり、後は全て資料用と思って
購入したものです。非常に少なくてしかも高いモノは皆無。ちなみにこの中で
一番の高額品は、左端のコップです。

資料用の壜については特に書きませんが、琴線モノをちょこっとだけ。
右端から二番目の「ボンカール」ってエンボスが入ったヤツ。大和の骨董市で
見つけました。コレはもうただ名前がその場で超絶ツボってしまって、思わず
店番に幾らか聞いたら思っていた値の三分の一だったのでそのまま連れ帰ると
いう暴挙に出ました。こんなラベルがなくて、購入でしか絶対に手に入らない
って訳じゃない壜には基本手を出すことがないので、自分で自分に呆れた次第。
中央辺りにあるSANKYOの見本壜。これは通販です。コレの箱説明付が恐ろしく
安くて速攻買おうとした訳です。そうしたら無情にももう在庫切れのメールが
来ました。でもネット画面上ではまだ在庫有り状態だったので、未練がましく
再度購入をしてみたら、お店の人が憐れんでくれたのか、この時他にも何点か
購入した品に、「箱有りのヤツの在庫はなくなってしまいましたが、壜単体の
モノが二つありましたので、サービスでお付けします」と、この箱なしの壜を
二つともサービスしてくれたのです。これは嬉しかったし、到着したこの壜の
かわいさ破壊力はハンパありませんでした。改めて箱説明書付きのヤツが益々
欲しくなってしまって弱りました。
SANKYOのすぐ左隣、ラベル付きのコルク壜ですが、これは左斜め後ろにある紙
ケース入りの壜でした。秦野市の骨董市でこのケースを見つけ、開けてみたら
この壜が出て来て何故か非常にツボ入りました。でもちょっと思ったより高く、
手に持ったまま悩んでいたら、店の親父さんがこちらは特に何も云っていない
のに勝手に値段を下げてくれて、連れ帰るオチになりました。
そして一番左端。これは結構最近、先月の後半に上野の不忍池で何軒か骨董の
露店が出ていたところを通りがかった時に見つけました。見つけた瞬間、品の
いい感じの色合い、薄くて気泡が細かく散り儚げな佇まいに一瞬で参りました。
ただ思ったより値が高く、非常に悩みました。しかしこれをまた元に戻したら
すぐに他の人に持って行かれそうな気がしてずっと手を離せない状態に・・・
案の定すぐ他の客のおじさんから「何それウランか?」とか声をかけられたり
して油断なりません。ウランだったら安いので多分違うと思うけど、ウランで
なかったらちょっと微妙に悩ましい金額設定。で、結局はこの写真に納まって
いるのでした。ブラックライトを当てるまでは相当ドキドキしましたが、結果
は儚くぼんやり緑に光っただけで残念でした。まあウランがどうよりも見た目
でいきなりツボ入ったので、全然ガッカリしませんでしたが。いやあ、ホント
いい感じだし、ワクワクしました。

以上、私にしては珍しい購入モノのお話でした。おしまい。



>> 2019/02/03 00:50
浦島染!
これ拾い人さんの骨董市の画像で気になっていたものです。
瓶にエンボスとか入っているんでしょうか?

ボンカール瓶は凄く可愛い!!
これならラベルが無くても間違いなく買いますね♪
SANKYOの見本瓶は手に取るとその可愛さがよーーーーくわかります(・´艸`・)

>> 2019/02/03 22:28
浦島染...。
う~ん、人様が持ってるのを見ると気になります。買わなかったからなぁ。maicaさんも気にしてるみたいだし。やっぱり逃がした獲物は大きい。(汗)

ボンカールってなんなんだろう?これの正体も気になる~。

>> 2019/02/09 17:50
>maicaさん

浦島染めは四年近く前に骨董市で見つけ、安かったんで連れ帰って来たんですが、安いだけあって箱の状態のは相当悪く、水中に一回落としのか?って感じで開けると壊れそうだったため、ずっと放置だったのです。この前やっと開けたら出て来たのはコルク栓のずんぐりした壜(箱の右横にある殆ど隠れてしまっているヤツです)。残念ながらエンボスはナシ。底に「傘の下にト」のマークがあるだけです。上の封も横のラベルも剥れてしまってます(無くなってはないけど)。そして何故か「(直接)みづほ染料」の説明書が入っていて、その説明書には浦島のことは一切書かれてないです。何ですかねコレ? みづほ染料と何か縁があるんでしょうか? 箱の下半分には「ウラシマゾメ」の文字がたくさん入っていて気持ち悪いです(笑)

ボンカールはもう一目で参りました(笑)
値段が貼ってなくて結構するんだろうな?と身構えながら聞いたら拍子抜け(笑) こういうのって一部の有名壜じゃなければ安いんでしょうねきっと。
SANKYOはホント、写真と実際に手に取った感触は大違い! あまりの可愛さに悶え捲りです(笑)

>> 2019/02/09 17:58
>拾い人さん

安心してください。maicaさんへのコメントで書いた通り、逃がした獲物は全然大きくありませんので(笑)
エンボスは期待していたんですけどね、まさか入ってないとは・・・ 色は「紫紺22」ってなってまして、壜に詰まっている染料の色は結構落ち着いていていい感じです。

ポンカール、何なんでしょうね。過去に一度だけネット上で見かけた気がしたんですが、今は検索してもどうしても見つからない・・・ まあ名前が変ならそれだけでもいいです(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/292-58d12da4

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//