06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2019/01/29//Tue * 20:47
●○ヨツカドヒラフジツボ

ヨツカドヒラフジツボ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

コレも、前回と同様もっと拾ってると思ったのに、何度数えても四つしかない
という不思議仕様であるため、大変遺憾ながら仕方なく四つで勝負に出る羽目
になりました。一体何の勝負なのかは知りません。
という訳で、甲殻類です。フジツボです。今まで出遭ったフジツボたちの中で
一番の自分ヒット作、ヨツカドヒラフジツボです。ツボです。


ヨツカドヒラフジツボ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

それぞれの採取地:左から
       神奈川県横須賀市 2019/01/23
         千葉県館山市 2019/01/07
         千葉県館山市 2018/05/23
        神奈川県鎌倉市 2016/03/09

てっきり貝の仲間かと思いきや、蝦とか蟹の仲間とは。大昔はやっぱり貝だと
思われていたようですが、幼生が甲殻類共通のノープリウスだったという発見
があって甲殻類に分類されたようです。この貝っぽいのに貝ではないフジツボ
の中にあって、フジツボぽくないフジツボという絶妙な形が妙にツボりました。
まあそれ以前に、初めて見た瞬間から何も考えずにツボだったんですが。
ホント面白い形をしています。何となく平べったくてフジツボっぽくない色味。
四角く開いた穴の四ヶ所の縁が、それぞれ三角っぽく盛り上がっているという
大変に芸術的な形をしてるのでした。裏返すと、クロフジツボみたいな細かい
穿孔があったりして、こういうところは如何にもフジツボっぽい。
手持ちのモノは全てそんなに状態がよさそうな感じではないけど、状態がいい
状態のモノってどんな感じなんだろう。大変気になります。


ヨツカドヒラフジツボ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

初めて見つけたのが鎌倉の浜辺でした。よく見るとかなり分解化が進んでいる
感じではありますが、手持ちの中では三角の盛り上がりが一番。コレを拾った
時は、フジツボとは全然思ってなくて、一体これが何なのか見当がつかなくて、
一瞬人工物ではないのか?とまで思った程。裏返してよく見たらフジツボ以外
のナニモノでもないのですけど、この当時はネットでヨツカドヒラフジツボの
名を見付けた瞬間、「え?これフジツボなの?」と驚いたものでした。


ヨツカドヒラフジツボ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

これまで全く触れませんでしたが、何かひょうたんっぽい、穴が二つある変な
個体が気になっていませんでしたか? 見た通り二つの個体がくっついている
超レアモノ(多分)です! 普通のヤツに小さ目のヤツが斜めにくっついた形に
なっています。この写真はその小さ目斜め個体を真正面から撮ってみたもの。
コレを今年の初拾いで見つけたのですが、全体的に貝殻的に渋い初拾いの中で、
コイツの存在は光り輝いていましたね。ネットで画像検索してもこんなヤツは
全然ヒットしないので、結構な珍しさ加減なのではないのか?と独りブツブツ
とゴチています今も。ということは、何度数えても四つしかないとか云ってた
のに、本当は実は五つだったという。まあ細かいことは忘れました。


ヨツカドヒラフジツボ05
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

本当はトップ用に撮った写真でお開きにします。直前までコレをトップにする
積りだったのですが、コレをトップにしてしまうと黒い背景横型写真が四連続
になってしまうため、味を変えるため縦型別写真に急遽変更。せっかくなので
コイツをラストに持って来ることにしました。いやあ何度見てもこのフジツボ
はツボですね。今度はもっと状態がいいのを見つけてみたいものです。ですが、
コレ自体一体今度はいつ出遭えるのだか・・・


>> 2019/01/29 21:29
面白い形ですね~、初めて見ました。フジツボってだいたい五角形か変則四角形の穴のやつが多いのに見事にきれいな四角形、しかも三角形の山がそれぞれの縁にあってかっちょいいですね!
合体したのは他のフジツボではよく見ますがこの種では珍しいんでしょうか?お互い成長に干渉しあって窮屈じゃないのかな?
こいつらも立派な甲殻類。食べたらそれなりに美味しいはずだけど生きてるのを見るのはどれもこれも小さいのでさすがの私も食べてません。(誰も味は聞いてないか)

>> 2019/02/02 23:18
>拾い人さん

初めてでしたか! 私も四年前に見つけた時はフジツボとは全然思わず「なんだコレ?」状態でした。何か古銭っぽい雰囲気すらある(笑)
確かに普通のフジツボはよく連なったまま打ち上がっていることも多いですが、コイツの生態は分からないけど、ネットで見ても単体のしか見たことありませんね。
そいえば、フジツボを食べるってのは結構ネットで見かけますね。しかしこいつは居住空間が狭すぎて身がない気もします(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/291-cf31285d

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ