06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/12/27//Thu * 23:45
●○白元

白元01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

掘り掘りシリーズの残りを駆け足でUPして来ましたが、遂に最終回です。最後
に相応しく、BDの最後の最後に発掘されたブツをご紹介しませう。右側の小壜
(アラバスター的なヤツ)がそれ。楽しかった掘り掘りタイムが終了し、掘りに
伴って出て来た大量のガラどもを片していた時のことです。そのガラの一つの
欠けた茶碗をゴミ袋に入れようとしてふと見てみると、内側に土の塊がこびり
ついていました。その土の塊から白い何かが覗いていて、なんだコレ?と思い
ながら茶碗から土塊を引っ剥がし、崩してみるとなんと!そこから小壜が現れ
ました。アラバスター的な中々かわいいヤツ。これにはビックリです。しかも
もう少し注意を払っていなかったらそのままゴミ袋行きだったので、ホントに
危ないところでした。しかし凄い現れ方をしたな。そんなキュートな出遭いな
こともあってか、未だにお気に入りのブツの一つなのです。左側のも同じくBD
中に発掘されたモノ。両方とも白元のエンボスが底にあります。


白元02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

この壜たちを見つけるずっと前、藤沢の海岸で白元の蓋を一つ拾っていまして。
コレが悔やまれることに、確か白元の蓋は何度も見かけていた覚えがあったの
です。それなのに結局拾っているのは一つきり・・・ こんなことならもっと
拾っておけばよかったよ・・・と悔やまれることしきり。そしてこの蓋がこの
二つの壜に嫌になる程ピツタリ。もうきっとこれらの蓋に違いない。でも一つ
しかないため、別々に写真を撮るしかなかったという。という訳で、それぞれ
蓋を被せた写真でした。どうです、絶対この壜のモノとしか思えない感!


白元03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

中々劇的な出遭いをしたアラバスター的な方は、中々厚めでしっかりした造り。
なので持つと小さいのにズツシリ来ます。状態は引っ掻き傷っぽいのが少しは
ありますが、とてもよいです。気泡は目立つのが一つ、その他小さいのが全体
にチラホラ。側面は何のエンボスもなくツルっとしていて、底に「白元1」の
文字があります。壜底の内側は波打った感じ。
一方、アンバーな方は、またよさげな雰囲気を持つ薬壜と云った風情。こちら
はアラバスター的な方よりは少し薄手ですが、それでも結構しっかりしている
感じです。状態はいい方だけど、打ち傷のような感じの傷と小さなヒビらしき
ものが一カ所あります。気泡は小さ目なヤツが全体的にポツポツと。こちらも
側面はツルっとしていて、底には「白元6」の文字があります。


白元04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何となく少し古い雰囲気の写真を。折角なので両方の位置を取り換えて撮れば
よかったなあ・・・

さて、この壜は一体何の壜なんでしょうか? 白元というと防虫剤とか脱臭剤
とかホッカイロとかのイメージが大きくて、こんな薬壜っぽい壜に入っている
薬っぽい製品なんかあったっけ?と首を傾げたりしまったりします。
簡単に調べてみたところ、1923年に前身の鎌田商会を設立。やはりこの時から
防虫剤とか防臭剤の製造をしていたようです。それから30年後、1953年に気に
なる製品が発売されました。蛍光染料「白元」です。染料と名前が付いている
のですけど、衣類用の漂白剤です。色を落とすというよりも白く染めるという
イメージなんでしょう。蛍光染料は現在でも洗剤等に使用されているようです。
蛍光染料の線で更に調べると、壜としては全然ヒットしないんですが、似た形
の壜と蓋(蓋は手持ちのモノに間違いなさそう)の小さな画像を一つ見つけたの
でした。壜の形が若干違うけど、少なくともアンバーな方はこの蛍光染料の壜
に違いありません。アラバスター的なヤツの方が古そうなので、アンバーの壜
の更に前の蛍光染料の壜だったのではないかと希望します。何せ耳かき一杯分
の量で漂泊する的なヤツだったらしいので、こんな小さな壜でも大活躍きっと!
もうきっとそれです決まりですね(これ以上調べる気ゼロ)。鎌田商会が白元と
いう会社名になるのは1972年なので、この壜たちが1972年よりも前のモノなら
白元のエンボスは商品名であり、間違いなくこの蛍光染料ということになるの
ではないのですか? しかもこの壜たち、明らかに30年代以降ってことはない
でしょう!と思いたい・・・


白元05
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

やっと、これで掘り掘りシリーズモノを出し終えました。
最後に、これからも恐らくUPしないあの時に発掘したモノたちを記念写真して
おこうと思います。正直単品でUPするのは微妙なモノたちです。特にこれは何
とか紹介もしませんけど、一つだけ右端の緑色壜のことだけ書いておこうかと。
真っ二つに割れていて、掘っていたら別々に出て来ました。これが完品ならば
単品としてUPしていたところですが。ちなみにウランではありません。中々な
お気に入りではあるので、行く行くはガラス接着剤で接着しようと思ってます。
この一度の体験以降、BDなるものをしたことはありません。今の状況でハケを
見つけるというようなことに遭遇するとは思えないので、これからこういった
体験をするという望みは薄いです。でもこの体験は強烈だったので、また機会
あれば・・と燻ったりしながら毎日を過ごしておりますよ。


++ 2017年2月 BDモノUPリスト ++
無銘 027 星製薬 Jintan11 みどりーズ カゴメケチャップ
ピカソ葉緑素アストリンゼント 無銘 030 捩じりっこ大集合 PIAS COLOR
元禄 クリームジャー三種 香水らしき三種 IDEAL メヌマ 白元


>> 2018/12/28 00:28
茶色は渋くて良いですが、この大きさのアラバスターはとっても可愛い!
細い口とか底のお固い白元も良いですね
蛍光塗料は手持ちだと白ダイやアロマ、他にパールホワイトやマシロー、エステーからはアルプスやホワイトシーツなども出ていたようです
にしてもアラバスターは何でしょうね、時代違いか製品違いか?

真っ二つに割れた黄緑色の瓶ですが、底の段々に多角カットからして科研薬科工株式会社の[ゼリア アストリンゼントローション]だと思われます
綺麗なのに惜しいですね〜

>> 2018/12/28 03:09
ふふふっ
私はいまだに忘れられない白元です。
一生忘れられない気がします(≧艸≦*)

私も大きなハケが出ればといつも思っているのですが難しいですね。
まあ人生何があるかわかりませんからね、その時は必ず連絡しますので♪

>> 2018/12/30 01:07
アンバーのほうは二個ほどあったよな~と思って、同じものか確認しようとしたんですが。

無い...。(ーー;)

前に整理したとき間違ってゴミに出したものの中に入れちゃったみたいです。( ̄▽ ̄;)

しかし正体がわかってすっきりしました。調べもせずに何の瓶なんだろうと思っていました。次に拾ったら今度は捨てないようにしなければ....。

>> 2018/12/30 13:45
>狐憑き?さん

おお、アラバス的な方は狐憑き?さんでも判らないのですか! これは結構レアかもしれないですね!
蛍光染料は、他のメーカーでもこんなにも出てたんですね。全然調べなかったのだけど、確かにこういう画期的なモノが出たら色んなところで色々マネされていくのだろうな。
アラバス的なヤツもやはり蛍光染料と思いますよ。まだこの壜が出た時には白元という会社名ではないと思うので、ブログにも書いた通り、商品名のエンボスなんじゃないかと思っています。蛍光染料の製品がこの会社でコレ一種なのか複数なのか判らないので何とも言えないから、製品違いか時代違いなのかまでは判断しようがないけど・・・

おお、この緑のヤツ、判ったのですか! すごいです。
相変わらずネットで名前で検索してもまるで何も判らないのでどうにもなりませんでした(笑) この壜については、見つけた後に壊れたのではなく、最初から分れて発掘されたのであまり悔しくないけど、それよりもウラン反応が欠片もしなかったのがガックリでした(笑)

>> 2018/12/30 13:51
>maicaさん

そういえばmaicaさん、コレが発掘された直後から言ってましたよね(笑)
アンバーの方はネットでポチポチと出て来ますが、アラバス的な方は全く見たことがないので、結構レアなのかも知れませんねー 何にしても小さくてかわいいヤツです(><)

そうですね、もしそんな時があれば是非お声掛けいただけたら嬉しいです・・・ こちらは相変わらず海辺で何かを探して彷徨っています。

>> 2018/12/30 13:58
>拾い人さん

あまりにも集まる壜が多いと起こり得る事故なんでしょうか・・・
通常こんなことをしてしまうと、全然この後見つけることが出来ないという「なんとかあるある」状態に陥るものですが、拾い人さんだと全然そんな心配せず、すぐに見つけられそうなのが恐ろしいです(笑)

>> 2018/12/31 12:25
「青粉」と言われていたものですね。洗濯のとき、すすぎの時、ちょっとたらいの水にいれて、白いものをより白く見せる、という。白元という名前からいっても、そういうメーカーだったんでしょうね。今は使い捨てカイロのイメージが強いですが。

>> 2018/12/31 21:23
>まこさん

おお、この染料、知っていらしたのですね。私は全くもって全然知りませんでした。当然白元がこんなものを出していたことも知らなかった。白元の由来がここから来ているというのにな(笑)
私も白元はホッカイロとか消臭剤とかのイメージしかないです。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/285-3b9a4971

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ