10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/11/04//Sun * 00:21
●○中秋ノ終リニ南紀ヘ参ル

中秋ノ終リニ南紀ヘ参ル01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

この風景、判る人は一発で判るんだろうな・・・

そう云えば、もう三ヶ月位まともに貝拾いに行っていないことにふと気がつき
ました。壜は月に一回程度拾いに行ってるのですが。うん、どうも何か物足り
ないと思ったらこれか! 一応10月末から11月頭にかけて連休を取ってあって、
色んなことを細かく(浜拾いも勿論入っている)やろうと思っていたのですけど、
なんか全然貝を拾っていないことに気がついた途端、もう頭の中が貝一辺倒に
なってしまい、こうなったらもうちょっと遠くへ未知の貝を見つけに行くかな?
と頭のネジが飛びました。そんな訳で目的を和歌山にして、行き掛けの駄賃で
御前崎と知多半島の海岸に寄って(どうしても拾いたい貝があった)、そこから
一路和歌山へぶっ飛ばす作戦を立てたのです。当初の予定は二泊三日だったの
ですが、質より量を拾ってしまったため、後処理を考えたら大変ウンザリして
しまい、一日縮まりました。掛け値なしに丸二日、総距離1309km。目を瞑ると
高速を走っている場面しか思い浮かばないという・・とここまで書いていたら
ふとデジャヴュが。と思ったら、殆ど同じことを以前の記事で書いてたことが
判明。三年前にやはり南紀に行った時の記事です。何同じようなことをやって
いるんだか(泣)


中秋ノ終リニ南紀ヘ参ル02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

一日目、御前崎へ。調べてみたら、御前崎に来るの一年九ヶ月ぶりだったので
ビックリした。超久々にツグチガイを拾えたし、色が薄いので微妙なんだけど
トガリアヤメケボリっぽいヤツを拾えたのが嬉しかった。
伊勢湾道を途中で降り、知多半島へ。カーナビもスマホも持ってないので予め
事前準備をして、あとは経験と勘で対処するアナログ旅を毎回実施しています。
大抵は大してトラブルもなく切り抜けるのですが、たまにドハマりして大いに
迷子になる時があります。今回のこの知多半島内で、そのドハマリを発動して
大いに迷いました(泣) 泣きながら海岸に到着し、浜拾い完了した時は13時半
を過ぎていて、ここから和歌山の先端に向かってダッシュ! 着くの夜中位に
なってしまうかな?と思ったら意外と早く19時位に車中泊場所に到着。和歌山
でしか見たことないオークワで喰いモノを買い、サクッと喰らって寝ました。
オークワは24時間営業なので、いつも時間が押して店が閉まって途方に暮れる
漢にとって、とてもありがたい存在なのです。
二日目、朝一でオゴクダ浜へ。浜に降りた時は真っ暗でしたが、明るくなった
途端に一人出現。自分のことは棚に上げますが、うわ早っ!とか思っていたら
すぐにその後ご年配のご夫婦出現。そのご主人と挨拶し色々教えてもらったり
拾った貝をいただいたり、串本で他に拾える場所を教えてもらったりと、大変
有難いことに。結局ここで三時間以上粘りました。成果は、状態のいいモノが
あまり拾えなかったものの、やはり地元では拾えないモノを拾うことが出来た
こともあり、とても楽しかった。ご主人、あの時はホントお世話になりました。
ありがとうございます!
そして、教えてもらった場所に行ってみました。この場所では状態はともかく
今まで拾ったことがないタカラガイを四種も拾え、特にその内の一つはとても
拾ってみたかったヤツだったので、叫びました(心の中で)。そして、ここでも
三時間以上粘ったため、ここを出発する時はもう13時。帰ります。

ちなみに、よく判らんヒトデの写真はオゴクダ浜にて撮影。


中秋ノ終リニ南紀ヘ参ル03
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

さて、帰る前にどうしても寄りたいところがありました。まずは、白浜の近く
で温泉に浸かり、一路和歌山市へ。今まで和歌山には今回を含めて三度行って
いるんですが、その三度とも最後に寄っているという、丸三という中華そば屋
さん。つまり和歌山ラーメンの店です。最初に行った時に衝撃を受け、以降は
和歌山に行く度にどうしても寄ってしまう。店に着くとまず店の外にまで漂う
豚骨臭がお出迎え。豚骨の臭いがダメな人はおススメ出来ませんが、豚骨醤油
の旨いラーメンです。ここの特製大盛に早すしを一つ。もう完璧です。小宇宙
です。2009年に初めてここの中華そばを食した時の記事を読んでみたら、その
時から中華そばは100円、早すしは50円値上がりしていました。

そしてあとは家路を目指してダッシュ! そして翌日の二時に家に着きました。
きっかり48時間でした。おかしかったのは、過去の二回の和歌山旅も全て一泊
二日48時間前後の駆け足旅でした。何だろう?何でそう急ぐのか? 正直この
長距離を48時間でって結構きついのです。しかも遠出はかなり久々だったので、
かなり疲れたし眠かった・・・


中秋ノ終リニ南紀ヘ参ル04
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

次の日からも大変で、何しろ質より量だったので、洗って洗って洗いまくって
まくりました。しかも乾くと判る大体が状態の悪いモノばかりなり(泣)
そんな訳で、拾いモノの一部です。まあ貝拾い欲は少しは満たされたかな・・
という感じで茣蓙居ます。   -- 哀 終 --


>> 2018/11/04 01:22
おお、御前崎、知多、それに南紀まで一気に!
すごい!若い!!
今年はやたらと忙しく、拾い物の「ひ」の字もしていないので
どこか行きたいな〜と思いつつも、なかなかそんな元気が出ません。
しかし、こういうのを拝見すると刺激になりますね〜(笑)

>> 2018/11/04 19:35
「オゴクダ浜ーーーーっ!」
貝を拾うのは休止中の私もこの地名を聞くと血が騒ぐっ!一度でいいから行ってみたい。と思い続けてるうちに何故か瓶拾いに浮気してしまい行けずじまい。私の趣味に対する情熱は周期があってまたもとの趣味に戻る事がよくあります。その時には是非行ってみたいなぁ。
最後の画像はこちらの地味な貝たちを見慣れた目には花盛り。羨ましいです。(≧▽≦)

>> 2018/11/08 00:10
>尚 nao.さん

しかも約48時間で完結したので、かなりきつかったです(笑) でも残念ながら特に何かいいポイントを知っているとかではないので、かなり勿体無い感じではあります。まあ貝を拾えればそれだけでもかなり楽しかったのですけどね。
尚さん、ホントに忙しそうですね。お身体に気をつけて、今年を乗り切ってくださいねー

>> 2018/11/08 00:14
>拾い人さん

まあ拾い人さんは壜界では相当なレヴェルなんですから、これで貝界まで突き詰めてしまったら体が一つでは足りないでしょうね(笑)
オゴクダ浜は、拾い人さんが広島のどの辺りにいらっしゃるか判らないけど、広島道の広島ICからと考えたら、私の住んでるところからよりも行くの近い!(笑)
つまり拾い人さんに周期が来たら、恐らくハンパないことになるんでしょうね(笑)

>> 2018/11/09 18:15
地理に疎いんで、地名を聞いても良く分からないのが残念ですが、(ググってみましたがイマイチ分かりませんね;)
和歌山まで行かれたとは驚き、しかも48時間できっかり帰宅って凄いですね!
成果も素晴らしい!私が行く海岸では見ない貝多いですね、目の保養になります♪

海岸で「自分のことは棚に上げて他人に驚く」ってありますね(笑)
私の場合「なんでこんな浜に人がくるんだ;」とか思います、自分は何度も行ってるクセに(^^;)

私も、現地で温泉入ったり名物食べたりする旅してみたいな。

>> 2018/11/11 22:26
>真紅さん

よく判らないのはオゴクダ浜のことですか? ここは和歌山の最先端、潮岬にありますよ。貝拾いじゃないモノを含め、和歌山には車で三回行っているのですが、三回とも何故か全て48時間位で帰宅しています(笑) 毎回すごいきついと思っているのに、毎回同じことをやってしまう(笑)
そうそう、神奈川や千葉の海岸で見たことない貝殻が拾いたいがために行って来たと断言していいかと。私自身もいい目の保養でした。
こういう旅をする時は、時間に余裕を持って、色んなモノを楽しむゆとりを持たないと、私のように焦るばかりで帰って来てから「嗚呼何であそこに行ってないんだ~!!」のような羽目によく陥るのでご注意を(笑)

自分のことを棚に上げるヤツ、ホント正に棚に上げる以外のナニモノでもないんだけど、ありますよね。以前、色んな風景とか撮りに行ってた時、その場所に着いたらずらっと三脚が並んでいる光景を見てモチベーションが下がることとかしょっちゅうでした。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/275-823ed72b

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//