11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/08/23//Thu * 23:45
●○三共っこ大集合

三共っこ大集合01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

大集合とか壮大なタイトルを謳っている割には三つですけど。しかも「っこ」
とか、タイトル適当につければいいとか思ってやしまいか?しかも三つだから
三共みたいな、安直なノーセンスのフレーズとか、よくもまあ思いつくなとか、
我ながら感心しきりですよ(泣)            -- 完 --

相変わらず嘘です。続いてしまいます。相変わらず残念な感じ。
そんな訳で、三共の恐らく全て薬品関係らしき壜三つをどうぞ。前回の記事
トップ写真とは対照的っぽい構図にしてみましたが、どんなもんなのか。そう
云えば、以前に第一製薬の壜をUPをしていましたね。これは中々変な壜でした。
この二つが合わさって第一三共とかになっているのって何か面白いです。何が
面白いの?と問われたら「別に?」と回答しますけど。


三共っこ大集合02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地・右:千葉県木更津市 2015/09/30
取得地・中:千葉県木更津市 2016/02/22
取得地・左:静岡県御前崎市 2016/05/23

右のヤツ:干潟の泥の中に殆ど埋まっていて、ホンの一部が外に出ていた状態
でした。色も干潟の色っぽい感じでよくこれを見つけたな!という、見つけた
満足感満載な一品。干潟の泥の中にあったからか状態はいい方で、殆ど傷とか
なくてよろしいです。平べったい全体の佇まいや半端なユラユラ感が何となく
素敵。気泡もポチポチ入っているのですが、トップ写真でも判る通り、底の端
に一箇所ポチと入っている目立つ気泡がよろしい。エンボスは底面にだけあり、
「3-53」と入っています。この感じと脆そうな現代のプラっぽくない蓋の感じ
から見て、30年代前半を希望します。底面のエンボスを信じれば1953年3月と
なる可能性もありますが、そこまでは期待していません。でも流石に昭和53年
ってことはないよね? そんなに新しいとは思えないし。
中のヤツ:コイツは干潟に判り易くコロンとしていました。色とか円筒形とか
如何にも薬品が入っていそうな雰囲気を醸しています。若干のユラ度とか気泡
の小ささ少なさとか、全体の佇まいが以前UPした「強力リバ液」を彷彿させた
ので、30年代後半とみた。蓋はあまり古さを感じない(状態ではない)のですが。
これもそんなに状態は悪くないです。コイツも底面だけエンボスが入っていて、
「5-37」と横書き、上に「O」、下に「Y」とあります。こちらは逆に1937年と
云うことは考えられないので、昭和37年5月と思えばしっくり来るのです。
左のヤツ:コイツは比較のために載せました。ナーリング入りの恐らくかなり
新しいモノではないかと。拾った海岸が、漂着物には優しくない環境もあって
擦り傷多め。恐ろしく小さな気泡がホンの少し認められます。コイツも底面に
のみエンボスがあり「L37」の横書き、上に「3」、下に「○中にN」と入って
います。面白いことに、中のヤツと殆ど同じ大きさ形をしているのに、あまり
魅力は感じられません。


三共っこ大集合03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

なんとなく蓋だけの写真も撮ってみました。結構どうでもいい写真です。上の
ヤツは、何とも頼りなげな脆さを持っている材質です。下の二つは頑丈そうで、
ちょっとやそっとじゃ劣化しそうもない感じが頼もしくて詰まりません。これ
また全然どうでもいいことですが、右端の蓋の中敷きは薄く立てられなかった
ので、やる気のない置き方をしています。どうでもいいと云えば、この三共の
壜自体も、壜好き、壜のことを知らない方たちの双方とも、結構どうでもいい
モノなんだろうな。古くもなく新しくもなく。


>> 2018/08/31 17:05
皆持ってます!(笑)
左端は表層、真ん中と右は掘って手に入ったので時代通りですね
真ん中は蓋を初めて見られました! ちょっと古そうで大きさも可愛いんですよね
右はシブい形が良い!
右端の瓶よりカクカクしてて小さい瓶は[ヒマシ油]などのラベルが貼られていましたが、果たしてこれらの中身は何だったのか…

>> 2018/09/02 23:05
>狐憑き?さん

左端のまで持っていらっしゃるんですか? すごいです(笑)
この系統の壜、結構好きなんです。蓋付いてないと魅力は半減しますけど・・・
これ等全部、きっと液体の何かが入っていたんでしょうけど、この手のって大抵何もエンボスがないし、全然調べられなくて、ラベルがないと全くお手上げなんですよね・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/265-6c852674

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ