09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/08/17//Fri * 23:03
●○捩じりっこ大集合

捩じりっこ大集合01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

大集合とか壮大なタイトルを謳っている割には三つですけど。
そんな訳で、今回のは捻じれているのがテーマってことで一つ。こういう風に
捻じれているヤツってもうちょっと持っていたかな?と探したのだけど、結局
この三つしかありませんでした。そういえば、捻じれた目薬の壜があったけど
アレは三月にUPしてましたし。
という訳で、捻じれ三種です。左と右は恐らく化粧品関連の壜と思うのですが、
真ん中がよく判らない。口がスクリューじゃなく、蓋をパチリと嵌めるような
感じ。何となく調味料系なのかな?と思わせます。三つとも文字のエンボスは
一切なしです。


捩じりっこ大集合02
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

トップ写真左のヤツだけ、見つけた時の写真をつけておきましょう。何となく
お行儀よく並んでいるような絵がツボだったので。この壜、見た通り見つけた
時はオレンジっぽい色で、へえ、こんな色の壜って面白いな、などと感心して
いたものですが、クエン酸できれいに色がなくなりました。全体的にオレンジ
な感じだったので、まさか汚れとは思っていなかったのでちょっとビツクリし、
ちょっと淋しかった気もしないでもないです。そいえばコレを拾った日は中々
凄い日で、同じ海岸では前にUPした透明な方のみかん水の壜を拾い、別の海岸
では初めてのタカラガイを三種も拾って「ひぃ」と叫んでいます。帰り事故ら
ないだろうな?と相当な注意運転をしたものでした。


捩じりっこ大集合03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地・大きいの:千葉県木更津市 2016/05/10
取得地・中間位の:千葉県木更津市 2015/09/24
取得地・小さいの:  栃木県某市 2017/02/11

大きいの:前記の通り、オレンジ色はきれいサツパリなくなりましたが、上品
な淡い飴色が昔っぽさを感じさせてとってもいいです。傷も殆どなく状態良好。
昭和三十年代の気泡の入り方な感じです。側面の四分の三を捩じりエンボスが
覆っていますが、その他は模様ナシ。面白いのが、ガラスの合わせ線が一般的
な二ヶ所ではなく三ヶ所あります。もしかしてこういう捩じり模様は、二つの
ガラスの合わせでは難しかったのでしょうか。
中間位の:謎の謎調味料壜。状態は掠り傷多めで普通な感じ。この日は全くと
いって壜を見つけられず、ああボウズだな・・と諦めていた最後の方で見つけ、
ちょっと嬉しかった思い出が。若干凝った感じの造形。底面に○というか◎と
いうかそんなエンボスがあります。大きいのに較べると捻じれ模様は緩やかで、
終端をUな感じに揃えて終わらせています。気泡は殆ど見えず、これも昭和の
三十年代っぽい、或いはもっと新しい感じかな・・・
小さいの:去年の二月に体験したBDの時の一品。他の二つと違い、捩じり模様
が入っているのではなく、そのまま本体が捻じれているという、中々面白い壜
です。四角柱ですが底よりも口側の方が口径が大きく、角々は面取りもされて
います。そうやって作られた四角柱を、最後に手でギュッと捩じって仕上げた
ようなイメージ。流石BDモノらしくとてもきれい。薄い小さい傷があるだけで、
状態コレまた良好。気泡は全く見当たらないので古いモノではないだろうけど、
新しくもないように見えますが、コレ如何に。コレも一体何の壜なんでしょう。
香水壜位しか思い浮かばないのだけど。


捩じりっこ大集合04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最後に夜にも撮ってみました。こういう風に撮る時、いつも芸がなく同じ並び
で撮ってしまうことばかりなんですが、今回は珍しく気が付いて並びを変えて
撮りました。こういう細かいエンボスが入っている壜は、結構光を乱反射して
うるさい写真になることが多いのですが、意外と落ち着いた感じで撮れました。


>> 2018/08/20 22:12
こんばんは。
調味料か化粧品か...。う~ん、化粧品じゃないかなぁ。しかし調味料のサイズと言えなくもないし。一番大きい瓶のように小さな口の瓶は、時代が進むと小さな口の開いた中蓋をパチンとはめてあるのがよくありますけど、この中間サイズの瓶はそのタイプかなぁ(ちょっとややこしい文章)
小さなクネッと腰をひねった試供瓶はいいですね~。やはりクネッと腰をひねった別の試供瓶や普通サイズの化粧瓶も持っていますが、このクネッがいいんですよ、クネッが。(^◇^)

>> 2018/08/23 23:53
>拾い人さん

こんばんは。
これ見つけた瞬間からなんかの調味料の何かかなって思っていました。あと、中蓋をぱちんと嵌めるタイプって、上の蓋自体はスクリューのことが多いような気がしますが、この壜自体、スクリュー口じゃないので、それもちょっと引っかかっています。調味のヤツなら、上の蓋はスクリューだろうなって思うし・・・
クネっとしたヤツって、やっぱりいいですね。ツゥイスティーな感じ。

>> 2018/08/24 20:38
あ、ホントだ。スクリューじゃない...。気が付かなかった。じゃ、コレなんだろ?(ーー;) ← ひとり言です。

>> 2018/08/26 10:31
>拾い人さん

謎です。

>> 2018/08/31 16:58
右端、マーナー化粧料の瓶に似ていますが、底に向かってすぼまっているんですよね どうでしょう?
左は見たことがあるようでないですね〜
シンプルかつ目を引くデザインです!
真ん中、小さくて可愛いですがなんの瓶でしょう
形からして食卓瓶っぽいですね、上にプラチックの蓋を嵌めて塩やらお酢やら振りかけたのでしょうか?

>> 2018/09/02 22:52
>狐憑き?さん

マーナー化粧料でネット検索してみましたが、全然判りませんでした・・・ 確かに底に向かって狭くはなっています。
左のは、状態もよくてなかなかのお気に入りです。色が飴色がかっているのが昭和を感じさせるんですよね。
真ん中のは、調味系に見えますが、外蓋にあたるものがどんな蓋なのかが知りたいですね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/264-6cf432c6

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ