07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2014/08/27//Wed * 23:57
●○SANKODO

SANKODO01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

前回記事で二つの海岸巡ってやっと壜一つ的な話をしましたが、なんだか千葉
まで来てコレで終わるのはあまりにも哀し過ぎるため、もう一箇所行ってみる
ことにしました。干潟です。前からずっと行ってみたい場所でしたので、いつ
行くことになってもいいようにアプローチのための事前準備だけはしておいた
のでした。そして無事現地到着。予想以上に広大な干潟の光景を目の前にして
思わず「ほへ~」ってなったものです。

しかし干潟に着いたのはいいものの、壜を見つけるためのポイントが全然判ら
ない。とりあえず適当に歩くことにしましたが、いきなりひょうちゃんと対面
し千葉でひょうちゃん?と少々驚きました。因みにプロフィール写真が、その
時に撮ったものです。しかしこれはいきなり幸先がいい。もしかしたらすごい
大量とかいいモノとかに出逢えるのではないかな?と興奮気味にやたらに歩き
廻ってみましたが、現代の廃棄びんばかり。特に栄養ドリンク剤のびんが多く、
古い壜なんか皆無。全く見つかりません。しかも現代びんの完品とか欠片とか
がそこら中にあるので、下手に何もない場所よりも探し難くて仕方ありません。
嗚呼、なんか結局今日はあのインキ壜だけで終わるのか・・・と、後半はもう
完全に集中力もなくなっていました。


SANKODO02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

干潟よりも少し陸側の、砂で覆われているような場所で、やはり栄養ドリンク
びんやゴミ類が散乱している中を、疲れ切ってトボトボ歩いていた時でした。
そんな中に紛れ砂の中から栄養ドリンクびんの尻の一部としか見えないモノが
覗いていたので、またか!またお前か!とばかりにソレを蹴っ飛ばしたところ、
ソレは見事にズササーッっとばかりに前方にスライディングし、全身を現した
のです。そうしたらアレ?なんか見慣れない壜ではないですか。思っていたの
と全く違うモノの出現に驚き飛びつきました。壜を集め慣れている方であれば
「何を大袈裟な」と笑われるかもしれませんが、その時の私はまだスクリュー
キャップじゃない壜への耐性は全くありませんでした。何せダンス壜を含めて
スクリューキャップじゃないガラス壜(バイアル除く)の完品を見つけるのって
やっとこれで二つ目だったのです。この時点で。そりゃあ嬉しくてクネクネも
したくなるではありませんか(泣) 中には不気味な何かが目一杯詰まっていた
けど、とりあえず見なかったことにして拾い上げました。その後このまま中身
をそのまま持ち帰るのは不気味過ぎるので、適当な枝を見つけ中身を全て掻き
出し、中に砂を詰めてみました。


SANKODO03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地:千葉県木更津市 2014/03/26

妙にきれいで欠けも傷もないので、古い壜じゃないのではないか?と拾った時
から思っていたのですが、洗浄してみると結構気泡が入っているし、ゆらゆら
した感じや佇まいからすると、やっぱりある程度は古い壜なのかな? しかし
何の壜なのか全く判りません。なんとなく薬壜じゃないかとは思っていますが、
根拠は全くなく、経験も不足しているので判断は出来ません。エンボスは底面
のみで、SANKODOと入っています。この時の私はまだまだ青く、こんなに判り
易いエンボスがあれば一発で判るな!と気軽に検索を開始しましたが、すぐに
世間の風は冷たかったことを思い知らされましたよ(泣) 大体どんな字を当て
ていいのかすら判らないじゃないか。さんこどうなのかさんこうどうなのかも
判んないし。あーもうやめだやめだ(><)
・・・とまあこの頃から、ネットでちょっと調べた位じゃ全然判らない世界が
あるんだなあって悟り始めて来た感じでしょうか。この壜たちの世界を知る前
は調べてもヒットしないモノの方が少なかったのに、こちらの世界は判らない
ことの方が多いんですよね。。


SANKODO04
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

この壜どこかで見たことがあるなあ・・なんて思った方がもしいらっしゃった
ら、凄いです尊敬です素晴らしい記憶力です観察力です!! 実は、当ブログ
最初の記事の写真はこの壜なのです。その時の写真をモノクロで。未だにこの
壜を見つけた時の状況を鮮明に覚えています。記念すべき干潟第一号のガラス
壜でもありますし、前回の記事同様、これも想いが深い品なのです。


>> 2014/09/02 00:53
先日はブログへコメントありがとうございます。

遡って拝見させていただきましたが
どれもこれも大好きな古い瓶や碍子。
とても深く調べられていて凄いなぁって思ったり。

碍子、人気あるのであったら拾ってくださいね~(涙)

美しい貝殻にも目を奪われました。

浜拾い、私も行ってみたいです。
海に行ったら探すのですが、
こんなに素敵なのは一度も見つけたことがありません。
流れ着く場所があるんでしょうね。

もっと遡ってユックリ拝見させてもらいますね。
これからも浜拾いの戦利品記事を楽しみにしております。

>> 2014/09/02 15:58
最初の記事の壜はこの子だったんですねww
今頃出してくるなんて〜 心憎い演出です^ ^

比較的キレイですが クチがスクリューではないのが
古そうですねっ♬

こんだけネットが普及してもヒットしてこないもの…
ありますよねぇ〜^^;

ネットに情報が無い=
それはそれで…レアという事で片付けちゃう 私です(^◇^;)ゞ

会津若松で エンボス無しですが…なかなかいい雰囲気の瓶を
1本だけゲットしてきました♪
次回の記事で載せるつもりで〜す(^_^)v

段々と浜拾い向きの気候になってきましたねぇ〜(´▽`)ノ

>> 2014/09/03 17:47
>☆にぁ☆さん

コメントありがとうございます!
しかも遡ってまで見ていただいて本当に嬉しいです。まあ深く調べている・・というのは微妙でとても恥ずかしいのですが(笑)

碍子は、大丈夫です。見つけると自然に手が伸びてしまうので(笑)

浜拾いは、二年程前からやっていますけど、壜に興味が出てきたのは今年に入ってから。それまでは全然浜に壜なんか見たことがなかったのに、興味を持ち始めてからは結構見つかるようになりました。とても不思議ですが、見る目が変わったからなんでしょうか。

☆にぁ☆さんのブログは、最近古い壜に興味を持ってから合わせてアンティークなモノにも興味が出て来た私にとってはとっても魅力的なブログで、しかも特に古道具のカテゴリで出てくる古道具はツボなモノが多くて見ていてとっても楽しいです。またお邪魔させてください。

こちらのブログは一応拾いモノ壜メインですが、その他の漂着物や、変な購入モノとかも気に入ったモノを載せて行こうと思っています。これからもよろしくお願いします。。

>> 2014/09/03 18:00
>shizuさん

そうなんです。私の中ではこの壜との現地での印象的な出逢い方や、その他諸々で印象的な品なので、トップ記事に載せてました。で、このブログの壜の載せ順は基本的に時系列なので、やっと今遂に登場した訳なのです。こんな演出も面白いかなあって思って。

拾い上げてしかも洗浄したらすっごいきれいなんです。傷とか皆無といっていい。コレは全く古くないんじゃないか?と最初は思っていました。でも佇まい的にはやっぱり新しい壜ではないかなって思いました。

ネットで検索するのって、例えば普通にコレって何の意味だっけとか入力して調べるとすぐに調べられるのに、こういう壜のエンボスとかを入力しても有名じゃないものって全然ヒットしないですよね。面白いくらいに。結構浜辺とか行くと何か拾っていそうな人口はすごく多く感じるのに、実際に壜を集めている人って実は相当少ないのかな?って思えるようにこれでなりました。考えてみればコミュニティとかも壜とかは全くないし(笑)

会津若松でもちゃんとゲットされるところは流石にshizuさんです(笑)
っていうか、すっごい楽しみです! 記事を楽しみにしてますね~

そうそう、浜拾いたちの季節になって来ましたね♪
っていうか、また今日江ノ島に行って来ましたよ~ 海の家は絶賛解体中でした。ヒビが少々入っていたけど古い小壜を拾えたりして、やっぱり浜拾い楽しい!と再認識して来ました(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/26-f438dbcb

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ