06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/04/14//Sat * 00:34
●○ナシジダカラ

ナシジダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ちょっと久々目にタカラガイでも一つ。これでこのブログにUPしたタカラガイ
は19種類目になります。まだUPをしていない種類が幾つかあるので、今までに
自分で見つけて来たタカラガイは一体何種類あるものなのか、地味に楽しみに
しています。実はこれまで見つけたモノの種類数を、何となく数えてなかった
ので、こうなったらこのブログでUPするのをもってカウントとしようかと思い
ました。一体何種類拾っているのか、自分でドキドキする趣向です。ブログの
左側にあるカテゴリの、「宝貝」「海兎」「芋貝」は、地味に一種類一記事を
課しているので、それぞれの右の数字がそのまま今まで拾った種類数となって
おりますのです。まあ自分に優しくてよろしい。

・・・まあ冒頭からブっ飛ばしましたが、予定調和です(泣)
そんな訳で、宝貝19種類目はナシジダカラ。漢字では梨地宝と書きます。梨地
という、ガラスとか金属とかの表面をザラザラさせる処理がありますが、この
貝の場合の梨地は単純に梨の模様に似てるから・・ってのをネット上で見かけ
ます。これは云い得て妙で、似ているんですよ色も模様も梨に。だったら梨地
なんていう微妙な言葉ではなく、ナシダカラでいいじゃないか!って大変凄く
思うのだけど、いかがなものか。


ナシジダカラ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

そんなに大きくなく、よく拾えるメダカラチャイロキヌタと似たり寄ったり
な大きさです。そしてこれまたメダカラやチャイロキヌタのようによく拾える
タカラガイの一つ。あ、云い過ぎかな? ヤツらよりは若干拾える場所を選ぶ
感じも無きにしも非ず。だがしかし、多く拾える割には、ツルピカに全然遭遇
しない。今まで拾った中で一番まともなのが、トップ写真では左から二番目で
この写真では一番右端の個体。これだって凄いツルピカっていう程じゃないの
ですが・・・ ついでに云うと、この個体はちょっとフリークちっくで、口側
が捻じれたような変な感じになっています。


ナシジダカラ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

手前二つが拾った中で一番マシな個体。左側のは前記でも触れているフリーク
ちっくなヤツ。タカラガイの中ではかなり地味な感じを受ける貝ですが、よく
見ると中々美しいです。梨にも似ているし。いつかツヤツヤなやつに遭遇して
みたいと、地味に願っている貝なのでした。


>> 2018/04/15 01:11
ナシジダカラ、いいですねぇ。やはりこちらでお目に掛かれない貝には憧れを感じます。一見地味なようで、よくよく見ると優しい色合いに計算されつくしたかのような星の配分。これだけ絶妙なバランスで大小の星を散りばめることは海の神様も粋なことをします。
欲しい貝は買うこともできますが、そこはやっぱりわたしゃ「拾い人」。
瓶でも自然の造形物でも自分の手で拾うのをよしとしています。(先立つものがあれば、際限なく買っちゃいそうですが.....。)

>> 2018/04/16 23:37
>拾い人さん

ナシジダカラもそちらにはないですか。やはり内海ってのはタカラガイにとってあまりいい環境ではないのでしょうか。しかし私の方でも拾っているのは湾内なんですけどね。
ナシジダカラ、地味だけどとってもきれいですよ。ツルピカなら。
私も同じです。壜も自然物も自分の手で見つけるってのを自分自身に課しています。勿論完全にではないですが、自分で探していて見つけた時の感動とか喜びが醍醐味な趣味なのですから。そういう意味では私は純粋なコレクターとは違うんでしょうね。先立つものを出してまで欲しいとは思わないので。

>> 2018/04/18 10:28
よ~かんさんこんにちは!
ホント、よ~かんさんは綺麗にお撮りになりますよね。
どの貝も美しさが最高に引き出されてる!

ナシジ、綺麗で愛らしくて私も大好きです。
サイズ的にメダカラ&チャイロキヌタに混ざって存在感を消して転がってますが、
取り上げた時にあ、ナシジだ!と気付くと嬉しくなります。

あと時々、ハツユキのミニチュア版みたい!と思うことがあります。
もちろん色々違うのは承知なのですが、ベースの色と白い水玉が、ちょっと親戚っぽくないですか?

>> 2018/04/21 21:09
>Ruriさん

こんばんは!
そういっていただけると、有難いです(><)
ナシジって一瞬地味だけど、ツヤがあるヤツは美しいですよね。しかもメやチャイロよりもツヤ感のあるヤツに遭遇する率がハンパなく低いので、少しでもきれいなヤツを見つけると大変嬉しいです。
ハツユキ、考えたことがなかったけど、確かに云われてみればそうですね。ナシジの縁の茶色い斑点が無かったら相当イケそうです!
そういえば、私はまだ一つしか見つけたことないんですが、ウミナシジダカラも、形も含めてハツユキのミニチュアっぽいですよ。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/246-e57f6b5a

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ