10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/04/10//Tue * 17:11
●○interlude #03

interlude #0301
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

「櫻」

んでは、ここら辺で小休止でも。このブログを始めて初めてなんですが、拾い
モノでも掘りモノでもアンティークちっくなモノでも海系でも何でもないモノ
でも一つ。一丁前に「春のお花」というテーマがあったりします。まあ、たま
にはこんなのもよろしかろう。

今年の三月終り頃の或る日。恐ろしく久しぶりに「写真を撮ろう」とデジ一眼
を持って外に出てみました。その日はとてもよい天気で、桜が満開を少し過ぎ、
散り始めていました。このカメラは、ここのところすっかり拾って来たモノを
室内で撮る専用になっており、三脚にずうっと乗せっぱなし。どれ位わざわざ
写真を撮りに、カメラを外に持って行っていないのかというと、2015年10月に
和歌山に持って行ったのが最後でした。しかもその前も2014年3月に一度だけ。
2013年以前はやっと普通に写真を撮りによく外に出たという。以前はそれこそ
休みの度にカメラ持って、植物とか滝とか撮り行っていたのに、今では完全に
引き篭もりカメラなことこの上なし。も少し細かいことを云うと、今常用して
いるマクロレンズを今回のように外に花を撮りに連れ出したのは今回が初めて。
それまでずっと貝とか壜とかが被写体となってただけという訳です。我ながら
何だか恐ろしい。

・・・気が付くと「櫻」ってタイトルをつけているのに、一向に桜の花に話が
行きやしない。いい加減にし給えよ?
ではやっとそんな話を始めてみましょう。桜の花は、撮るのが苦手最上位!に
位置する花です。見るだけなら好きな花上位に位置するのに、写真にしようと
しただけで「ムキー」状態になります。だって全然上手く撮れないしー 今回
もなんかブランクが大き過ぎて「ムキー」の嵐であつたという。だから、この
トップ写真の副題は「ムキーの果て」でいいのではないか。


interlude #0302
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

「蒲公英」

何となく縦キツチリ一直線写真!を目指したのですが、何かクネってます(泣)
あと、構図を決めた時そのまま清々しい程ど真ん中でピントを合わせるという、
超安直さが泣かせます(泣) でもこういうのが大好きなんですけどね。


interlude #0303
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

「鬱金香」

花はこう明るく、ほわっとした感じがいいですね!って感じに近い写真がコレ。
何となくこう、マクロレンズっぽい写真ですね。まあマクロレンズだけど。
何かこういうのを撮っていたら、また植物写真を撮りに行きたくなって来たの
だけど、恐らく行かないんだろうなあ。行こうとしても中々腰を上げずに季節
が過ぎてゆかん!なんだろうなあ。
因みに、このマクロレンズを購入してから、こうやって外に花を撮りに行って
こんなマクロレンズっぽい写真を撮ったのは初めてです。それまでは室内での
撮影ばかり。壜や貝相手に。何かこう勿体無いことこの上ない今日この頃。


interlude #0304
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

「喇叭水仙」

なんだこりゃ?と思われる方も多いでしょう。ですが、コレについて特に説明
することはないです。色々と想像を膨らませるのもよろしかろう。

最後に。花を撮る時は曇りがよいです。晴れていると恐ろしく撮り難い。輝度
差が激し過ぎて、明るいところはぶっ飛ぶわ暗いところは真っ暗だわ、大体は
大層きっつい写真になってしまうので。花を撮る時はふわっと明るいが大好き
なものですから、曇っている時の方が断然撮り易いのです。ただし、陰影差が
なくなりベターとした描写になるという難しさもあるので、一番いいのは薄く
太陽が出たり入っていたりする、薄曇りの状況でしょうか。と、唐突に好みの
撮影条件をお話したりして、いたって普通の花々の普通写真展、哀終です。


>> 2018/04/11 00:33
やっぱりマクロは花や昆虫を撮ってなんぼのものでしょうか....。私のマクロもそれ用に買ったはずなのに、もっぱら瓶専属になってしまってます。90㎜だからちょっと大きめの瓶だと、思い切り離れなきゃならないし....。また被写界深度浅いから老眼の私にゃ大変です。シャープに撮りたくてもボケがきれいに出ちゃったり。絞り込むのも限度があるし....。どっちみちカメラも私もロートルなのでピントの山がずれちゃってます。

>> 2018/04/12 22:12
>拾い人さん

マクロはそれ用でも花昆虫でも風景でもなんでもありですよ~
でも、マクロで接写なんかしてればどんなに絞っても被写界深度なんか深くなりません(笑) 少し離れて撮ってトリミングしないと無理です。
私も同じく超ろーとる。カメラも同じです。もう購入して9年は経ってます。その間に何度新しいKissを購入しようかと思いましたが、最近のカメラ要らん機能ばっかりで・・・ 何とかモードとか動画とか一切なくて、マニュアル、絞り優先、シャッタースピード優先位がついてるだけの超シンプルなカメラを安く発売してくれないかな・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/245-5cee40e9

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ