05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/02/15//Thu * 22:11
●○無銘 029

無銘 02901
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

さて、二年前のあの日、ラストです。
恐らく佃煮海苔系のヤツかと思いますが、手掛かりのある文字一つもないため、
たとえ中にお化けが入っていたとしても文句はありません。以前、惑星さん
同じような壜をUPされていましたが、今回よくよく較べて見ると大きさも形も
色もガラスユラユラ具合もソツクリ。まず間違いなく、同じ用途で同じ時代に
作られた壜と思われます。


無銘 02902
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

取得地:千葉県木更津市 2015/08/2

別にドシャーと倒れて中身をブチ撒けた図。ではありません。干潟の泥の上に
ちょこなんと落ちてた図。です。干潟のメカニズムはイマイチ判らない。泥の
中に眠っていた壜が少しずつ姿を現し、それを見つけるのは判るのです。でも
こういう風に干潟の泥の上にちょこなんと乗っているヤツは、一体どうやって
ここまで運ばれて来たのか。干潟というからには相当遠浅な状態な訳ですから、
相当な遠くの海の底からゴロゴロと岸辺まで転がって来るにしては、この壜は
状態が相当いいのです。前回の貧乏なヤツだって、アレが海の底からゴロゴロ
とやって来たなんてどうも信じ難い。想像すると滑稽だし。干潟の海岸の水が
岸に押し寄せる力は相当強力なのかな・・・ 下は泥だから普通の海岸よりは
傷つき難いのかも知れないし。でも何か信じられん。


無銘 02903
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

状態は海モノにしてはとにかく相当いい方です。口の一箇所の小さい欠けから
ほんの少しだけヒビが来て、そこに何らかの物質が入り込んで取れないという
ささやかな瑕疵と、内側にある細長い白い汚れがサンポールですら取れないと
いうこと以外はとってもきれいです。全体はよくある海苔系の緑色。ユラユラ
と程よい気泡がとても心地よろしい。口はスクリューではありません。文字や
マーク等一切なし。何なんでしょうかね、この壜は・・・ 可能性を考えれば
お化けが入っていたっておかしかないですが、まあ形状から佃煮系でしょうね。


無銘 02904
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もう少しユラユラを強調したショットを。何となく全体が不恰好な、現代には
ない嬉しい仕様が嬉しいです。写真がド下手なため、イマイチ透明感に欠ける
きらいはありますが、そこは脳内変換をしてください。実物は光を透過すると
とってもきれいです。この壜の正体は何か的なことについては、恐らく絶対に
判らない気がしますので追及はしませんが、もう佃煮でしょう。佃煮。むしろ
佃煮以外の物体が入っていたらビツクリですよ。


無銘 02905
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

最後に。本記事が、二年前のあの日。ラストなので、この日この場所で拾えた
壜たち集合写真を載せておきませう。簡単に洗ってその日の成果写真を撮った
時のモノです。全部で13個の瓶たちが確認出来ますが、その内ブログに載せた
のは7個だけ。無銘 029共三商店クラブ ホルモンクリームライトインキ
無銘 028Hime調味たちの中のハイ・ミーがそうです。他の奴らはちょっと
載せるのは微妙で・・・ まあこの記念写真だけで十分でしょう!
嗚呼しかし長かった。この同じ日に拾ったたった七つの品々をUPし終えるのに、
二年近くもかかっています。これじゃあ、最近拾ったヤツらなんか一生UPとか
無理なのではないか。まあ劇的に壜が増えて困る!的なことは間違っても無い
から、何とか気が遠くならずにやって行けてるようなものですね。


>> 2018/02/16 01:47
この口部分だけ妙に長いタイプの佃煮瓶、欲しいんですがまだ手元にありません
このずんぐりむっくりな出で立ちがツボにくるんですよ~
ゆらゆら度合いも気泡多めなのもかなり美しい瓶ですね!

拾った瓶の集合写真の左上に写っているのはD.Z.K瓶ですか?
他の瓶たちも見てみたいような(笑)

>> 2018/02/17 22:45
>狐憑き?さん

海モノの癖に状態はとっても良くて、嬉しい一品でした。
撮り方へたってちょっと微妙ですが、実物はもっと美しいです。
そいえば狐憑き?さんって海苔系お好きですよね。
海苔系って特に海では出て来ないので、私もこれきりかもしれません・・・

そうです、例のD.Z.Kです(笑)
他の壜は・・つまらないですかなり。因みに海苔壜の上の透明なのは、確か資生堂だった気がします。

>> 2018/02/18 09:16
うん!今回のメインであるはずの佃煮瓶が、最後の集合写真で貧乏徳利に完全に持ってかれてますね!
せっかくきれいな瓶なのに....。
やっぱり貧乏徳利の存在感、半端ないですっ!!
でも、最初の佃煮の写真、好きだなぁ。

あ、今回ブログに少しだけ登場しましたが、また持って帰ってしまいました。貧乏徳利.....。

あ~!まぁた増えはじめたあーっ!!

>> 2018/02/26 01:18
>拾い人さん

貧乏徳利、ホント、反則です(笑)
貧乏徳利、私ももし遭遇してしまったら確実に連れ帰ってしまうんだろうな・・・

この緑色とか気泡とかユラユラとかはかなり古い壜を探している人の琴線に触れますよね。無名だって十分嬉しいです。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/237-a55dfcd4

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ