07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/01/31//Wed * 23:23
●○カバザクラ

カバザクラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

カバザクラ:樺色。
う~ん、しまったなあ・・・ 思ったよりきれいな写真にならなかった・・・
いつかもっとうまく撮れたら差し替える所存です。とか云っておいて、今まで
きちんと差し替えられたことなんかあったのか? いやない。
昨年は、比較的このオレンジっぽい色が数多く拾えたので、ニヤニヤしました。


カバザクラ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

カバザクラ:桜色。
やっぱりこういう写真は、背景が真っ黒の方が恐らくきれいに撮れるでしょう。
じゃあ何で黒い背景で撮らないのか?という話ですが。何ででしょう?


カバザクラ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

カバザクラ:白色。
う~ん、コレが一番酷い・・・ 白で爽やかなイメージとは程遠い薄暗さよ。
白色はまず真っ白なヤツが中々見つけられません。ほんの少し色が出ていたり
して、写真も真っ白のヤツはほんの僅か。そんな白に近いモノでもあまり拾え
ないので、被写体に寄るという業を発動し、数の少なさをカヴァーする訳です。
なので、他の色よりも大きいという訳ではありません。


カバザクラ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

以前にサクラガイはUPしたことがありましたが、その時は何種類かの桜色した
小貝をまとめて載せています。その時に「桜貝」は、サクラガイ、カバザクラ、
モモノハナガイ等のピンクの小貝の総称であることを書いていますが、今回は
その内の一つ、カバザクラに絞ってUPしてみました。他の「桜貝」たちも折を
見てUPして行こうかと思っています。

この桜貝たち、私が拾いに行くところでは一緒くたに混ざって打ち上がるので
ずっと一緒くたに拾っていましたが、よく見ればそれぞれ特徴があってすぐに
見分けがつくようになるし、以前はカバザクラ⇒サクラガイ⇒モモノハナガイ
の順に拾える数が多かったのが、最近は結構三者の拾える差が縮まって来た感
がありますので、折角だから種類ごとに分けて壜に貯めてみようかと思い始め
ました。ただし、今まで一緒くたにしていたから、これを全て別々に選別する
ことを思うと一瞬で萎えたため、スタートから躓きました。まあ、ゆっくりと
ヤって行けばいいさあ(泣)

カバザクラを他の桜貝から判別するのに一番判り易い特徴は、各殻の殻頂辺り
から斜めに横切る二本の白い線ですね。形も、サクラガイの尖がり気味な感じ
とは違ってふっくらとしているので、すぐに判るようになるのではないか、と
思われます。むしろ真っ白な個体は白い線が判らないので、形で判断するしか
ないのですけど・・・
カバザクラは他の二者に較べると、色の変化がかなり多いです。サクラガイも
モモノハナガイも色違いのヤツなんか全然見たことないのに、カバザクラだけ
は基本の桜色の他にオレンジだったり白だったり白に桜色がほんのりと乗って
たりオレンジがほんのりと乗ってたり、と様々です。勿論、桜色が一番多くて、
次にオレンジ(カバザクラのカバ(樺)はこの色が元なのでしょうか)、白の順に
拾い易いです。しかし、白色はとっても少なく、今まで数える程しか見たこと
ありません。オレンジは、以前はあまり拾えなかったのに、昨年は意外と多く
拾えて驚きました。今後どうなって行くのか。私事で大変恐縮ですが、今年は
白が多く拾えるとバランスがいいのにな。


>> 2018/02/01 20:12
あの日本戦....。いや、二本線!カバザクラの特徴だったんですね。サクラガイにもあるものだと思ってたので意外でした。といっても、今更手持ちのサクラガイたちをもう一回仕分けるかと言えば.....。しないだろなぁ....。
一度仕分けたものをもう一度やる元気が出ません。(汗)
しかしこちらでは白やカバ色をほぼ見たこと無いような....。地域差かなぁ?

>> 2018/02/03 00:05
なるほど、そういう分類になるんですね。勉強になりました。
真ん中のオレンジ色、めっちゃキレイですね!

>> 2018/02/03 23:12
>拾い人さん

そうですね、二本線は大きな特徴です。サクラガイの方には基本的にはあの二本線は入りませんね。
私もです。手持ちの桜貝たちを選別するなんて、正直言って気が遠くなります。恐ろしい程の暇が欲しいところですね(笑)
こちらでも白は殆ど見つからないです。オレンジも一昨年まではそんなに見かけた覚えがないんですが、昨年は結構な確率で拾えてビックリでしたよ。

>> 2018/02/03 23:16
>なおきさん

桜貝は何となく集めているだけでは中々違いに目が向かないけど、中々興味深いですよね。
この色がカバザクラの元々の名前の由来だと思うんですけど、昔はこの色の方が多かったんでしょうか。

>> 2018/02/12 10:20
カバザクラは、この色彩のバリエーションが一番の魅力ですよね。
まあ、これを拾い出すとキリがないので今は拾いませんけど。
最近は鎌倉などでもあまり大量打ち上げを見ていませんが
先月、千葉の内房の海岸に立ち寄ったら、ものすごい数の打ち上げでびっくりしました。
こういうのもタイミングとは思いますが、ワクワクしますね。

>> 2018/02/15 22:33
>尚 nao.さん

確かにこんなヴァリがあるのはカバザクラだけですね。これはホントにきりがない・・・ でも見つけると拾ってしまいます(笑)
鎌倉はちょうどいい貝溜りが出来る状況にならないと、全然ダメですね・・・
内房も砂浜のある所は結構打ち上がっていますね。もの凄い打上げは経験したことがないので、ちょっと経験してみたいけど、拾うとなると後の処理でげんなりしてしまうこと必至(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/234-d8c7eddd

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ