09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2018/01/18//Thu * 22:41
●○ホシキヌタ

ホシキヌタ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

やっぱり今年の拾いモノの第一弾は、この嬉しかったコイツで行きたいと思い
ますよ。何せ今年で一番嬉しかった拾いモノですからね。まだ今年が始まって
18日しか経っていませんけど。

ホシキヌタです。漢字で星砧。見た通り、星のような模様がとっても美しい貝。
キヌタって名前の由来はよく知りません。他にもチャイロキヌタって名前の貝
もいますね。このホシキヌタ、全然珍しい貝じゃなく、ブログとか見ていると
ボコボコ拾われているようですが、私にとっては相当鬼門なタカラガイであり、
とにかく見つけられないのです。この写真の右上が初めて拾った個体で、もう
五年以上前のモノ。コレも、拾いモノにしてはまあまあ状態はいいのですけど、
天辺が禿げたような感じと、口側のタコ穴らしきピンホールが一つあったりと、
完体と呼ぶにはちょっと微妙。でもこれを拾ってから、今年まで全くこの貝を
見つけることが出来ませんでした。ボロボロのヤツとかは見かけることが何度
かあったのですが、連れ帰りたいと思えるようなレベルじゃなくて、きちんと 
模様が残っているような状態のいい個体は、私の前には断固として現れまい!
と頑なに拒否されてるようなイメージ(泣) おかしいな、通常種じゃなかった
のか?何をどう間違って見つけられないんだろうか?とお嘆きの数年。その後
同じ日に、きちんと模様のあるヤツを三つも拾えるとは! 何をどう間違って
見つけられたんだろうか? しかも、五年以上前に拾ったヤツと奇しくも同じ
海岸で見つけるとは。


ホシキヌタ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地・左三つ:神奈川県三浦市 2018/01/10
取得地・右一つ:神奈川県三浦市 2012/10/05

今年の初拾いに大雑把なことは書いていますけど、最初に拾ったのは一番左の
大きなヤツ。強風吹き荒ぶ三浦の海岸で、コイツが汀線よりも上の方にそっと
ふんわりと落ちていたのを見つけた時はホント奇声を発しましたね。ツヤピカ
とは行かないまでも、打ち上げでこれだけ綺麗ならば何の文句があるだろうか。
いやない。と思っていたらその数分後、左から二番目のヤツを発見。まさしく
打ち上がり立てという風情。もうピカピカで奇声の声が裏返りましたね。中身
入りでしたが、もう全く突いても反応しなかったので、お亡くなりになり立て
なんでしょう。と思ったらすぐその後、左から三番目のヤツ! これも中身が
入っていてお亡くなりになり立て。成長線っぽい線がピシピシ入ってますけど、
ピカピカです。何なんだ今日は。今まで逆立ちしても全然こんなのに遭遇しな
かったのに、いきなり何なんだ今日は。と、そんな感じだった訳です。中身の
ヤツ二つは、数日をかけて身抜きをしました。そして今に至る。

一番右のヤツは、五年以上前初めて拾い、それっきりだった個体ですが、色の
薄さは年数経過のせいなのか、最初からだったのかはもう忘れてしまいました。
口側の真ん中辺にタコ的ピンホールがあるの、判りますでしょうか?
一番左のヤツは、ツヤはちょうど亡くなったが、模様は綺麗に残っている個体。
大きさの割に軽いので、まだ老成はしていない感じです。左から二番目が今回
の一番。もうツヤツヤピカピカで、何の傷もありません。やっぱり若そうな感
があります。その右隣はピカではあるけど成長傷みたいのが何本か入っていて
しかもかなり若そう。軽いし。


ホシキヌタ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ちょっと斜め上からのいつもよくやる写真も一枚。とにかく、星の名が付いて
いても全く問題ない星模様が美しいです。結構宇宙が表現されているような気
がしますが、云い過ぎでしょうか。もし奥の大きいのがツルピカであったなら、
恐らく奇声の最上級ヴァージョン、「大奇声」を発したことでしょう。あの日
はある程度大きい声を上げても風音に吹き消されましたが、そんなの軽く突破
したのではあるまいか。


ホシキヌタ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最後に、三浦今年初拾い時に拾ったツルピカさんたちの記念写真でも。
ホシキヌタコモンダカラハナマルユキハナビラダカラシボリダカラ
五種類。こんなにツヤピカを何種類もいっぺんに拾えたことは今までなかった
ので、ただのエアー滝行でしかなかった強風下の浜拾いも一応捨てたモノでは
なかったのかも知れません。まあとにかく二日続けて悲惨でしたが、この日に
浜拾いに行けてよかったです。


>> 2018/01/23 20:55
やっぱりいいなぁ。このホシキヌタ....。というよりこっちはメダカラしか拾えないから、ほかのタカラガイは全て羨ましいです。しかしホントきれいですねぇ。いいなぁ。

>> 2018/01/25 21:48
>拾い人さん

メダカラしか拾えない分、有り余る程の人工物を発掘出来ているようなので、お釣りどころじゃないのでは(笑)
ホシキヌタは私にとってレアモノなので、見つけた時は思うさま叫びましたよ(笑)

>> 2018/01/26 19:45
なかなか手に入らないとおっしゃっていたホシキヌタ!よかったですね。欲しかったものが拾えるのが一番の収穫です。レア種じゃなくても自分だけ?なぜかちっとも出会えないものってありますね(笑)…私は今年こそナツメモドキとアヤメダカラにお目にかかりたいものです(^_^;)
よ〜かんさんの、次に拾いたいものは何でしょうか?

>> 2018/01/28 22:20
>Ayaさん

ホント嬉しかったですよ。最初に一つだけ拾ってから、五年以上ボロボロなヤツにしかお目にかかれなかったですからね。
ナツメとアヤメはまだでしたか。ナツメモドキは実は私も全く縁が無いタカラガイの一つですが、若目のヤツをやっと一年位前に拾いました。Ayaさんが今年初拾いに行った同じ海岸でした。でもソレきりです(笑)
アヤメは初めてはオゴクダ浜、その後館山でポチポチと拾えています。状態が素晴らしいのは見つけられてませんけど・・・ ナツメはちょっと分かりませんが、アヤメなら館山に行ってれば拾える日が来ると思いますよ♪

私が拾ってみたいモノは、タカラガイだったらカノコダカラですけど、これは関東では相当難しいでしょうね・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/232-561bf6b4

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ