09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/07/26//Wed * 00:04
●○ツクシタケ

ツクシタケ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

恐らく、ツクシタケという物体と思われます。シュマダラギリという物体にも
似ているし、他にも何とかタケとかいう物体が多数あり、これぞ、ツクシタケ!
と言い切るのはどうも。自信度85%ってところでしょうか。ツクシタケ85%って
名前の種類があれば100%なのに。

タケノコガイの仲間ってのは大抵ボロボロで、ある程度の状態を保ってるもの
でも殻頂部が折れていたりして、ほぼまともなモノにはお目にかかれたことが
ないです(当社比)。ところが、もう二年前のことですが、鎌倉の海岸を歩いて
いたら何故かそのほぼまともなモノに立て続けに遭遇してビツクリです。


ツクシタケ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

恐らくそんなに珍しい貝ではないと思いますが、これだけ状態がいいモノには
この二つ以外まだ見つけられていないので、私にとってはレアモノもいいとこ
です。しかも同じ鎌倉の海岸で同じ日に立て続けに拾って、それっきりという。
ホント、縁というのは不思議なものですね。


ツクシタケ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地:神奈川県鎌倉市 2015/05/25

内側同士、外側同士がそれぞれの裏表です。
しかし、よくもまあこんな細い先端が折れずに打ち上がっていたものだなあ。
こんなにシュッと折れてないと、清々しいことこの上ありません。
実は外側の個体は状態はベストとは言えなくて、少しガサガサ気味です。先端
も若干完璧ではありません。内側の個体はかなり状態がよいです。


ツクシタケ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

タケノコガイの仲間って、やはり名前からしてこんな細長い貝ばっかりのよう
なので、やはり先端が折れてないままの個体に如何にして遭遇出来るか?って
のが最大の魅力ではないのか?と云ってしまっても決して過言ではないような
気がします。先端が折れた個体に遭遇しても、少なくとも私には魅力的な物体
に映りませんので。細くてすぐポキンといってしまいそうな風情が、何の保護
もなく自然の中を漂い、無防備なままポンと無防備な場所に打ち上がっている
様を目にしてしまう訳ですから、そりゃあ温度も上がろうというものですね。


>> 2017/07/26 20:09
タケノコガイだ…!
キレイな完品で拾える率はタカラガイの比ではありませんよね。タケノコガイとかキリガイとか何とかタケは…どうしてあんなにアンバランスな細長い殻をもつ貝になってしまったんだろうとか考えてしまいます。海底で長い殻ををズルズル引きずって歩くのは機能的ではなさそうなのに。まぁ、それを言ったら変わった形をした貝は他にいくらでもありますよね(笑)
同じタケノコ科のシチクガイは拾われたことがありますか?あれも良いですね〜

>> 2017/07/26 20:39
良くこの名前を当てられたと感心しています。
と言うのも、貝収集家の中では、ヤスリギリ、ヒメキリガイ、ツクシタケの同定は、確実にできる方は私も含めていないんじゃないかと思っています。
表面の肋の強弱によって変わる名前のように思えて、いちばんおとなしいのがツクシタケなのだと思います。
画像の貝は、私もツクシタケだと思いますが、綺麗な個体を拾われていますね。

>> 2017/07/29 23:31
★07/26 10:21にコメントいただいた鍵拍手様

すみません、またまた返事遅くなってしまいました。
ホント、こういう細い貝の先端まで何の欠けもない姿を見つけた時の清々しさったら仕方ありません(笑) とにかく滅多にないことなんですよ~
変な文章を「ユーモア」と解釈していただけとは、嬉しいです。

>> 2017/07/29 23:37
>Ayaさん

すみません、返事が相変わらず遅くて・・・
タカラガイも徹底的なツヤピカに出逢うのは相当だと思いますが、コレの選択までシュッとしたヤツもハンパないですよね。
確かにこんな細くて折れやすいのが自然界でどんなメリットがあるんでしょうね。でもきっと何かメリットがあるからこそこんな形なんだろうし、たくさん細長いヤツが存在しているんだろうなあ・・・
シチクガイも拾ってますよ。コレもほとんどきれいなヤツにお目にかかれませんが、かなりいい質感ですよね。
キリガイの実物を見てみたいです。

>> 2017/07/29 23:56
>kudamakiさん

返事が遅くなってしまって、すみません・・・
正直言って勘で判断したとしか言えません(笑)
しかもヤスリギリとヒメキリガイは同じ貝の別名だと思っていましたし、拾った貝でネットで検索しいていて最初に見つけたのがツクシタケだったので、先入観がかなりあると思います。もし最初にネットでヤスリギリが見つかったらそっちかと思い込んでいる気がします。それ程見分けがつかないですね(笑)
鎌倉で同じくツクシタケを拾っていらっしゃる方のページとかを幾つか見かけたので、そう判断してみました。
kudamakiさんにツクシタケと思うと仰っていただけるとやっぱり心強いです。

>> 2017/08/03 21:22
あ〜これ、確かにちゃんとしたのって、落ちてないですよね。
だから先端まできれいに残っているのを見つけると、ついつい手が伸びます。
ということで、うちの机の隅にも1個転がってます(笑)

>> 2017/08/07 00:24
>尚 nao.さん

またまた遅くなってしまってすみません・・・
私もこの二本以外全くまともなヤツにお目にかかっていないです。
この尖り具合は、時々手に取って眺め倒すに足る価値があるかと(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/222-87579847

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ