07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/07/13//Thu * 21:47
●○ハナビラダカラ

ハナビラダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

シンプルな判り易い模様で、しかもとても美しくて、大好きなハナビラダカラ。
かなりの普通種であって、いる所には幾らでもいるらしいのですが、私的には
五年前に初めて三浦の海で見つけてから、きれい目なヤツに限って言えば五個
程度しか拾えていない(つまりこの写真ので全部)という、未だに中々縁が薄い
ヤツらなのです。2011年の冬にはコレとキイロダカラが三浦でやたらに拾えた
らしいのですが、その時はまだ私は浜拾いをしてなくて海よりも山の人でした。
ちょうどこの翌年、2012年から海に目覚め始めまして、それ以降は当然のこと
ながら、そんな大当たりな祭りにブチ当たっていません・・・ 嗚呼夢よもう
一度的なことが起きないものか。


ハナビラダカラ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

トップのヤツ五つ大きさ比較。この内の四つは三浦、一つは館山にて見つけて
います。三浦では比較的見つかる方ですが、館山では殆ど見かけてないです。
しかし、この貝はかなり特徴的な感じで、一発で判りそうですね。ハナビラの
由来は、恐らく見た目なんでしょうけど、特にこの貝を花弁状に並べてみたら
もっとハナビラの名前がシックリ来そうです。
真ん中と下のツルピカなヤツは三浦で見つけたモノですけど、特に下のヤツは
フリークで、形もかなり歪んでいるし、黄色い輪が破け内側に流れ出している
ように見えるという、ちょっと面白い個体です。


ハナビラダカラ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ツルピカなのを手前に置いてツルピカ具合を強調してみた図。
ハナビラダカラは、キイロダカラと共に、大昔インド洋・西太平洋辺りの国の
貨幣として流通していたとか。この特徴なら大いに有り得そうですよね。通貨
として利用する際は何らかの加工をしていたのか、それとも見つけたそのまま
で使用していたのか・・・ 実際はどうだったのか、ホンの少しチラッとだけ
Webで調べてみましたが、よく分かりませんでした。もっとちゃんと調べたら
きっと分かるんだろうと思うけど、まあいいでしょう。


>> 2017/07/14 13:34
ハナビラダカラ、定番中の定番とは言え、ついつい拾ってしまいますね。
記事に書かれている通り10〜11年冬シーズンは大当たりでしたね。
ちゃんと数えてませんが、30個くらいは拾ったと思います。
このところ冬場でもあまり水温が落ちない年が続いていて、生貝を見ることもありますが
何年かに一度、1〜2月にドカッと水温が落ちる年がありますので、そういうときが狙い目なんでしょうね。

>> 2017/07/14 22:08
おおおぉ...。そっちじゃ普通酒いや、普通種。
しかしこっちじゃまったく見かけないハナビラダカラ....。とゆ~より、メダカラしかいないんだけど....。やはり貝殻目当てのビーチコは外洋沿いに限ります....。(T T)

>> 2017/07/16 00:22
大発生のタイミングに遭遇してなくて関東でこれだけ拾えていたら凄い方じゃないですか?
私は館山メインだったので、ホント、ハナビラは拾えませんでした。貴重品ですね、これは。

>> 2017/07/18 13:40
ツヤツヤで綺麗ですね。ハナビラダカラは私もなかなか拾えてません。
ハワイにはタカラガイで作ったレイ(首飾り)があってハナビラダカラはよく使われています。向こうではカウリーシェルと言うんですよね。私も何年前にハワイのワークショップで作ったものを持っているのですが、小さなハナビラダカラだけを使った素敵なレイです。貝にハマる前は種類なんて気にもしなかったのに、最近あらためて良く見たらハナビラダカラやフトコロガイや色んな貝のレイを持っていました(笑)花びら…というだけあってレイにしても綺麗ですよ〜

>> 2017/07/18 22:59
>尚 nao.さん

すみません、最近更新位までまともにブログを見ていられる時間がなくて、またまた返事が遅くなってしまいました。
ハナビラダカラ、定番なのに、私にとっては全然定番じゃないんです。なので見つけると何かすごい嬉しいんですよね(笑)
2010年もそうだったんですか~ 海にはまだ一切行っていない時代です・・・ その辺りの大量伝説、ホント羨ましいです・・・
これからの時代、水温がすごく落ちる時が来ればいいんですけど、どんどん難しくなって来そうですね。。

>> 2017/07/18 23:02
>拾い人さん

すみません、最近更新位までまともにブログを見ていられる時間がなくて、またまた返事が遅くなってしまいました。
神奈川三浦では結構普通種のようですが、私にとっては全く普通種じゃありません。ブログに書いてる通り全然拾えないのです・・・
しかし、拾い人さんの方面は、何か暖かそうだから色んなタカラガイ天国なんじゃないかって思っていましたが、メダカラだけってちょっと不思議です。

>> 2017/07/18 23:10
>なおきさん

すみません、返事が遅くなってしまって・・・
大発生の時はホントに遭遇してみたかったです・・・
神奈川の三浦は結構ハナビラダカラが拾える方らしいのですが、どうも私が行っている場所がいまいちだったのか、結局殆ど拾えたことがなかったです。
館山は二個だけ拾えました。その内の一つが二枚目の写真の一番上のがそうで、中々状態もいいです。

>> 2017/07/18 23:14
>Ayaさん

二個だけツヤツヤなヤツを拾えましたが、どちらも正常な模様のヤツじゃないのでちょっと歯痒いです(笑)
ハワイのレイにも使われるんですね。しかも花火だらだからだけで構成されていたのなんて、もうメチャメチャセンスよさそうな絵が目に浮かびます。
Ayaさんのおっしゃる通り、貝にハマる前は、貝を使った工芸品とかを見ても何の貝とか全然気にしなかったけど、今は確かに貝の種類とか気にしてしまいますね(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/220-54dd9d72

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ