09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2014/08/08//Fri * 18:37
●○守山牛乳

守山牛乳01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

ちょうどポツポツと番外的な何か。が入って来たので、このまま連続で番外的
な何か。をUPして行こうと思います。今回の番外的連続は、この記事を含めて
あと三回あります。しかしこう番外編が続くと、番外ってのがなんか嘘っぽく
感じて来なくもない訳でもないですが、どうなんだか。。

・・・と云うわけで、今回の記事を。
私がこのブログを始める前からお付き合いさせていただいている、shizuさん。
とても素敵な雑貨小物を製作されるというとてもすごい方なんですが、それに
加え私の百倍はレベルが高い、壜マニアでございます。私は勝手にshizuさん
を「壜師匠」と心の中で叫んでおります。
そのshizuさんがやっていらっしゃるブログ、プチアンティークで先日雑貨の
プレゼント企画があったのですが、なんとそれに当選してしまって、とっても
貴重な守山牛乳の瓶(なんか牛乳って「壜」じゃなくて「瓶」なんですよね)を
いただいてしまいました! こういう当選モノに当たるような運など持っちゃ
ない筈なんですが、とにかく7月26日、私のところにこの瓶はやって来ました。

流石shizuさんです。包装も英字新聞に包んであり、とてもお洒落。
なるべく破かないようにそっと解き、ソレは目の前に現れました。トップ写真
をみていただくと判る通り、もしエンボスがなかったら、ジュースの壜にしか
見えないかも。無色透明ですが、色合い的にはホンの少々、グリーンとか飴色
とかっぽい風味を感じさせます。いやあ、ホントにいいですね。もうやたらに
眺め回しましたよ~ shizuさん、ありがとうございます!


守山牛乳02
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

さて、ザクッと上から下から撮ってみました。少々大きいため方眼紙で大きさ
ってのはちょっと判り難いかなって思ったので、寸法を書いておきます。

高さ18.5cm 口幅(外径)2.6cm 底幅(外径)5.2cm 大体こんな感じでした。


守山牛乳03
この瓶のエンボスは結構立派なのですが、無色透明で写真にするととても視覚
的に判り難いので、絵にしてみました。守山牛乳の文字とエンブレムは文字で
表せないのでJPEGからトレースし、他の文字は普通に入力して結合して作って
みました。すっごい作るの面倒だった割にはすっごいいい加減な出来になって
しまい、泣きたくなりました(泣)

エンボスは二行です。絵の上下それぞれで瓶をグルッと取り囲んだ形になって
ます。トップ写真を見るとなんとなく判るかも。間の破線はエンボスではなく、
区別するために入れているだけです。

牛乳瓶のことに滅茶苦茶詳しい漂流牛乳さんと、守山乳業さんのWebページで
守山牛乳のことを調べてみました。
守山乳業は大正七年の創業。コーヒー牛乳の生みの親だったのですね。しかも
所在地が我らが相模の国。なんて親しみ易いんだ!
瓶に関して云えば、かなり色んなバリエーションがあるようで、この瓶が何の
牛乳の瓶なのか、いつ位の時代なのかというのは特定が難しそうです。同じ瓶
に珈琲牛乳や白い牛乳が入っているように見えるので。写真ではエンボスまで
確認が出来ません。年代は、昭和4~5年頃からこの形の瓶に統一されたらしい
位しか判りませんでした。しかし王冠の蓋の牛乳瓶ってなんかいいなあ。


>> 2014/08/08 22:07
素敵にご紹介ありがとうございま〜す^ ^♪

百倍レベルが高い???
壜師匠???

滅相もございませーーーーーーーーん(;>ω<)ノ

数こそ… そこそこありますが… お宝度から言ったら〜
レベルの高いコレクターさんに鼻で笑われるレベルですよぉ〜^^;

でも…よ〜かんさんにエンボスを丁寧に絵にしてもらって
この守山牛乳瓶はとても幸せで〜す(´∀`人)♡

私も とっても嬉しいです(*^_^*)ゞ

この形で牛乳が入っていたなんて〜本当に不思議ですよねっ^ ^
その時代に思いを馳せて… 当時を想像する〜
そんな古い物との対話がとても楽しいですよねぇ〜(ノ´ ▽ `*)

>> 2014/08/09 15:06
>shizuさん

いえ、やっぱり壜師匠ですよ。レベルが高いコレクターさんとか関係ないんです。それに私なんか数すら全然大したことないし(笑)
それにですね、shizuさんのあのブログ情報をあのタイミングで見なかったら、江ノ島での素晴らしい壜との出逢いはなかった(まだブログ未掲載だけど)し、今、このブログを作ってなかったかもしれません。うん、やっぱり壜師匠だ(><)

やはり、なるべく分かる限りは壜のこと調べたいんです。しかし、このエンボスを絵にするのは相当面倒でした。トレースとか一発で出来るようなフリーソフトでもあればいいのに・・・

そうそう、壜を拾うのって、拾った瞬間のあの宝を見つけた感に加え、その壜が何かを調べてその当時に思いを馳せるってのが楽しいんですよね。ホントに止められません(笑)

>> 2014/08/10 08:06
プレゼントとは羨ましいですね〜!
守山牛乳の瓶は大好きです。僕の持ってる瓶には「守山文化牛乳」とエンブレムの両サイドに「意匠登録」と書いてあるのがあります。色々あるみたいで奥が深いですよね。
このくらいのサイズのエンボスびんは集めたくなります。

>> 2014/08/11 00:46
>tbs-hrkさん

とにかくもうびっくりです。私の持っている壜たちの中では間違いなくトップクラスの壜ですからね~
守山文化牛乳も、そういえば調べていたら出て来ましたが、時代が全然判りませんでした。その他、丈夫にプリントがされたものとか、瓶の色が違うとか、ホント、奥が深そうですね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/22-6888e87e

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ