09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/07/03//Mon * 23:45
●○カゴメケチャップ

カゴメケチャップ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

前回に引き続き、掘り掘り品を。結構浅い位置にあって、熊手をワシャワシャ
とやってたら、すぐ引っかかってゴロりとまろび出て来ました。当然土だらけ。
エンボスも全然判らず口の形状から小さなジュースとかの壜?と思っていたの
ですが、土を払っていったら底にカゴメマークが。おお!カゴメだ! そして
それからもう少し後で側面に縦書きで「カゴメケチャップ」という文字がある
ことに気が付いてしまいました。この時の喜びようといったらもう。惑星さん
がやたらにコイツに対して「何コレ?かわいい~かわいい~!」と連呼してた
のが妙に記憶に残っています。


カゴメケチャップ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

そんな訳でカゴメケチャップの壜を。この日私が掘り出した数少ない壜の中で
間違いなく一番の壜でした。石とかがぶつかったような打撃引っ掻き傷とかが
何か所かあるんですが、他は良好。洗浄前はケチャップのようなオレンジ色な
どんなに擦っても、ハイターでも落ちない汚れがかなり心配でしたが、洗浄が
終わってみればクリア感が半端ないきれいさ。内側の白い汚れも皆無。とても
お気に入りな一品になりました。色は無色透明です。
大きさは高さ15.5cm×口外径2.5cm×底4cm。トップ写真を見ると判ると思うの
ですが、壜が全体に曲がっていて底も偏り、首の辺りもかなりガラスの厚さが
偏っています。気泡もいい感じでポツポツあり、底はあまり安定していなくて
立てるとグラグラします。エンボスは側面に籠目マークとカゴメケチャップの
文字、底面に籠目マーク、15、3の文字があります。カゴメケチャップの文字
が妙にかわいい。恐らく「ケチャップ」という単語がなんとなくかわいいから
いけないんだな。

1914年に愛知トマトソース製造合資会社としてスタートして、1963年にカゴメ
株式会社に改称し現在に至っているカゴメ。誰も知らない人はいないでしょう
という位、超有名企業ですけど、やっぱり壜の歴史は全く判りません。なので
この壜も一体いつ位に活躍していたのかは全然不明。1908年にカゴメがトマト
ケチャップを販売開始し、1957年に壜が広口になったということなので、長い
目で見ればこの間のどこかでこの壜は存在していたのでしょうけど、あまりに
大雑把。カゴメのWebサイトにもこの壜は載ってないし、これ以上はどうにも
なりません。もしかして、カゴメ記念館に行けば何らかの情報があるかも知れ
ないけど、ちょっと愛知まで行くのは今は無理だしなあ。壜の佇まいとかいい
加減具合、文字の感じとかから、戦前位はあるんじゃないかなあって願望だけ
はあるんですが、どんなもんでしょうか。


>> 2017/07/04 12:05
この手のカゴメの瓶は、底に六芒星のマークと組み合わせて、「AICHITOMATO CO. 55」と入ったものを大小一本ずつ持っています。またどこにもエンボスのないものも大小持っています。エンボスのないものはパチもんかもしれません。
「AICHI TOMATO」時代も「KAGOME」のブランドは使われています。そして問題のよ~かんさんの瓶ですが、サイドにエンボスのあるのは、初めて見ました。瓶の気泡やとろみから、さらに古いものだと思います。
いいですねこれ!

>> 2017/07/05 23:17
いいですね〜これ。
文字がちょっと“素人”っぽい感じなのが、また素敵です(笑)
このタイプは、無エンボスのは何度か出会っているはずですが
自分のブログに載せていないってことは、多分おもしろいものと思わなかったか
欠けがあるなど状態が悪かったんでしょうね。

>> 2017/07/07 22:59
>拾い人さん

ありがとうございます。
そうそう、愛知トマト時代の名前のが古いと思いきや、そうでもないんですよね。まあ会社ロゴがカゴメってのは愛知トマト時代からなんだから、当然その名前が昔から使われていても全然おかしくないのに、最初は調べていて結構混乱しました。
そして、この記事の後に川原の一本松さんのページで見ましたが、この壜は大正~昭和初期位のものらしいですね。他にもローカルなケチャップ壜があって、そっちに目が行ってしまいましたが(笑)

>> 2017/07/07 23:03
>尚 nao.さん

そうなんです、この文字の感じが堪らないんですよね(笑)
やっぱり私はエンボスなしですら全く海で出会えてないので、最近の海ではもう出会えるものではないのかもしれませんね・・・
この壜、状態は恐ろしくいいのに、石とか何かとかで引っ掻いたような傷が目立つのがすごい惜しいです。恐らくディグの際、何度も熊手とかシャベルとかが当たっていたのかも。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/218-effdb504

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ