10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/04/30//Sun * 21:04
●○ニッキ水

ニッキ水01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

私が浜拾いを始めてから今までの間に、只一度きり遭遇したニッキ水の壜です。
ニッキ水はネットを覗けばそれこそ星の数程ヒットし続け、壜コレクターの間
でもさぞ熱いモノが駆け巡っているであろう筈の種類の壜です。ですがそんな
熱いモンは大抵私に関係して来ることはありません。壜マニヤたちが見向きも
しないような微妙壜にばかり遭遇し、それをそっと懐に仕舞ってゐるをとこの
宿命とでも云いましょうか。ですが稀に何を間違ったのか、出遭うことがあり
ます。今回のコレもその内の一つ。ニッキ水壜をコレクトしている方たちには
特に感慨も沸かないようなスタンダードなひょうたん型でしょうけど、これを
見つけた時の興奮度MAX具合といったら。何しろ人生初です。仕方ありません。


ニッキ水02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

壜底が随分と斜めについていて、あとホンの少しでも底の位置がずれていたら
立たなかったという危うさで立っています。この写真を見ていただければその
斜め具合がよく分かるかと。
そうそう、せっかくの唯一のニッキ水の壜ですが、特に欠けも目立った擦り傷
もないのに、大変残念なことに内側の白い汚れが半端ありません(泣) それは
もう全面に渡ってしっかりと根を張っており、散々に内部を擦ったり脅したり
すかしたりした上に、果てはサンポール原液で壜内部を満たすことまでやって
みましたが、1mmたりとも取れませんでした。1mmたりともです。仕方なく撮影
時には内部を水で濡らす作戦に頼らざるを得ませんでした。なのでなんとなく
壜がゆらゆらしているね!とか思ったそこの貴兄!それは恐らく水滴です(泣)


ニッキ水03
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

さて、浜拾いでも貝殻だけでなく古い壜にも少々の色気を出す私のような輩に
とって難敵の一つである、パピコ的な何か、をご紹介しましょう。似ているの
です色や形が。食べやすいように設計されたとか謳われていますが、これって
ニッキ水の壜がヒントになってはないですか?と勘ぐってしまう程。こいつが
ですね、汀線とかに打ち上がってて御覧なさい。一瞬、おっ?これは?と何度
騙されたことか。しかもコレがまたよく落ちてるのです。何十回となく騙され
続けた結果、それを見つけても微動だにしなくなりました。パピコ的な何かは
99.99%以上パピコ的な何かであって、ニッキ水の壜とかいう血沸き肉踊るモノ
では決してない!と認識されました。最初の内はパピコ的な何かと遭遇すると、
足で踏んでそのヘニャっとした感触に一々ガッカリしていたのですが、今では
踏むことも一瞥もくれることない高みに到達している訳です。


ニッキ水04
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:千葉県木更津市 2015/05/14

そんな高みに到達した輩は、ホンモノに遭遇した瞬間、脳がホンモノと認識を
しません。ただパピコ的な何かか思うばかりなり。この時の現象はまさにそれ
であり、嗚呼パピコ的な何かだね、とそのままヌルッと脇を抜けそうになると
いう迂闊さ。ホント危なかった。この時の心境はこの時の壜の遭遇時に通ずる
ものがありますね。この直後、ハッと我に返ってその場にしゃがみこんで壜を
手に取って「ぬふぉーっ!」的な叫び声を発したとか発しないとか。後で冷静
に壜が落ちている状況写真(上図参照)を見たら、どこをどうしたってパピコ的
な何かになんか見えずホンモノにしか見えないが判るのですが、現地ではそう
は行かないのです。心理的な何かの作用がどうにかなったらしい。


ニッキ水05
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

全体的に傷もヒビも欠けも見当たらず、中々良好。表だけは。内側は前述した
通り、白い斑の汚れがほぼ全面に渡ってついてます。コレをジッと見ていると
テンションがドンドンダウン。するので、直視せず脇からそっと見たり、焦点
を暈して見たりするのが正しい鑑賞法(泣) ガラスは結構薄くて、持つと軽い。
薄いのに気泡が結構入っています。首のところにはバリも。とても手頃であり
かわいい壜なのです。

ニッキ水は過去になんとなく賞味した覚えがあるのですが、色は強烈味も強烈。
よくもこれが当時の子ども達に人気があったと思います。っていうかホントに
あったのかなあ。あったんでしょうねえ。星の数程のニッキ水の壜があるって
ことは、つまり人気だったということ。しかしそんな星の数程の壜があるのに、
何故私のところに一つしか現れないのだろうか?(泣) 自分ヤブヘビだな(泣)
この鮮やかな色も人気の一つだったようで、一時ニッキ水を作ってるある会社
では、天然着色料で色を出していたこともあったらしいのですが、色が薄いと
不評だったためまた合成着色料に戻したというエピソードがあって、ちょっと
笑えました。恐らく子供たちの健康を考えて天然なヤツにしたのかも知れない
のに、それを全て無に帰するとは。流石は最強の生物、子ども。


>> 2017/04/30 21:42
真っ赤、真っ青、真っ黄色。ありましたね、ニッキ水。いい匂いなのに、味が辛くてキライでした(笑)。
その白い汚れ、何で出来ているんでしょうね…。
お風呂の鏡の、白い汚れと同じなら、クエン酸でおちるのかな、とか想像してます。どこかで落とし方が見つかるといいですね。

>> 2017/04/30 22:14
ニッキ水おめでとうございます。ビーチコやリバコもやってるので、遭遇率めちゃくちゃ低いのわかります。
私も最初、パピコ的なものに飛びついて、腹立ったの覚えてます。(^^;)

>> 2017/04/30 22:50
斜めに立つ写真がめっちゃ可愛いんですけど!
「あ、どうも。傾いててスイマセン」って言ってるイメージ(笑)
私は将来ニッキ水が拾えるビジョンが見えません。
でも海が有りなら川も有りかしら。

ああ パピコ的な何か私も騙されてます!
私なんかまだ拾い物の初心者ですから、同じものが同じ場所にあっても何度も騙されて・・・。
ってこれは単に私の学習能力ないだけでした(笑)

>> 2017/05/01 05:12
私のアオイガイ拾いの時もそんな感じでした。古いプラゴミの白濁感がアオイガイに似ていて何度もぬか喜びさせられました。みんな似たような経験されるんですね。

>> 2017/05/01 12:41
ニッキ水良いですよね~
五段ニッキ水瓶なんてものもありますが、儚過ぎるのでがっしりした作りの新しめの物の方が個人としては好きですね
一つ青緑色の物を購入してますが、やはりこの雰囲気はやはり独特です
まぁニッキは飴でさえ口にできませんが(笑)

>> 2017/05/01 13:12
こんにちは。
先日はコメントありがとうございました^^

こちらの画像を見た瞬間に、目を奪われました。。。
こんな愛らしい小瓶があるのですね。
ガラスものが好きで骨董市などでは色々見て回りますが、
海辺を歩く方がだんぜんワクワク度が高そうですね(◍ ´꒳` ◍)

>> 2017/05/01 20:14
よ~かんさん、こんばんは

ひょうたん型が可愛いですね
ニッキ水壜、憧れの1つです(#^.^#)
いつか見つけてみたいなぁ~
口が狭い壜はどうやって洗浄するのでしょうか?
卵の殻を細かくして入れ壜を振る!と
聞いたことがありますが・・・
まだ試したことがありません。

>> 2017/05/03 21:01
>まこさん

返事遅くなりましてすみません。
色がとにかくどぎついですよね。体に絶対悪そう(笑)
味も何で子供に人気があったんだろう? 不思議な感じ。
白い汚れは一体何なんでしょうね~ 一見鏡とかに着くあの白いやつに似てますが、クエン酸では落ちないです。落とし方は散々探したけど不明のままです・・・

>> 2017/05/03 21:13
>拾い人さん

返事遅くなりましてすみません。
ありがとうございます! まあ見つけたのはもう二年も前の話なんですが(笑)
拾い人さん、海も川もやっていらっしゃるんですね。すごいです。パピコ的物質は、ホント腹が立ちます。慣れればすぐに分かるのだけど、微妙な角度とか状況によってはまた騙されてしまう・・・

>> 2017/05/03 21:19
>maicaさん

返事遅くなりましてすみません。
こういう特徴って、たまんないですよね~
座り悪くてメチャクチャ斜めだったり立たなかったりとか、保管的には面倒だけど、愛着もひとしおです。
ニッキ水なんか、一つ拾った私も、今後全く拾えるような気がしないです。やはりディグの領域なんでしょうね。

パピコ的物質、皆さん騙されているようで、ちょっとホッとしました。私だけではないと(笑)
あ、同じ場所にずっとあるヤツに騙されるのは、何もmaicaさんだけではないです(笑) 私も何度か同じヤツを間違えたことがあります。もう嫌になって、無理やり私の目に届かないところにその物体を移動しました(笑)

>> 2017/05/03 21:24
>なおきさん

返事遅くなりましてすみません。
ああ、何となく分かります。私の場合、アオイガイじゃなくてタコブネでしたが、ちょっと人工物っぽい材質で出来ている感触がありますよね。とはいっても、まだ私はアオイガイもタコブネも完品を拾ったことはないですけど・・・ 破損したタコブネを一つ見つけたきりです。

>> 2017/05/03 21:29
>レトロアツメさん

返事遅くなりましてすみません。
ニッキ水、いいとは思うのですがあまりにも見つけられないので意外とどうでもいい感じでもあります(笑)
しかしこの見つけたヤツもそうですが、ガラス薄いです。よくこんなのが海とかで無事で今まで残っていたよなあって思います。
レトロアツメさんもニッキは苦手ですか。完全にダメって程でもないけど、進んで口にしたくはないですね。京都なら八つ橋なんかニッキ率高いけど、ニッキがないやつの方が美味しく感じます。

>> 2017/05/03 21:33
>ruru*さん

返事遅くなりましてすみません。そして、コメントありがとうございます!
ruru*さんもガラスモノが好きなんですね。私は海が殆どメインですが、やはりガラスモノがとても好きです。
今度海に行く機会があったら是非浜歩きをしてみてください。確率は低いかもしれないけど、古い壜とか見つけられたら熱いですよ♪

>> 2017/05/03 21:39
ご無沙汰しちゃいました。
ニッキ水、おめでとうございます!
このリボン付きのニッキ水、僕も拾ってますよ。
欠片は見かけるけど、完品には滅多にお目にかかれませんね〜。
でも、古い硝子壜の中ではニッキ水やみかん水が一番好きなので
また出会いたいと思いながら、壜拾いにも出かけられない日々です。

>> 2017/05/03 21:39
>mocaさん

返事遅くなりましてすみません。
ニッキ水ではこの形が多いようですが、まさか自分で見つけられるとは思いませんでした。もっともあれから二年が経ちますが、そのほかにまだ一度もニッキ水の壜を見つけられていないけど(笑)

口が狭い壜は、私でしたらとにかく口に入りそうな細いブラシを100円ショップとかで見つけてきて、それを曲げます。そうして壜の口に入れ、ピンポイントで曲げた先を汚れに当てて擦るという手を使います。あまりに口が小さかった場合は、仕方ないので、洗剤溶液だけでも口に注射器とかで入れて振るという手を使いますね。これだけだと殆ど落ちないですけどね。

>> 2017/05/03 21:48
★05/02 11:09にコメントいただいた鍵拍手様

しかも比較的短い時間にコメントいただいて、ホントビックリでしたよ。
ニッキ水をご存じなかったのですね。地域によって偏りでもあるんでしょうか。ミルクセーキの壜って逆に気になりますよ~
やはり古い壜はこの適当さが命ですね(笑)
薄くてひょうたんだし気泡だし、これで裏側の白いのが取れたら完璧なんですけどね~

>> 2017/05/03 21:59
>尚 nao.さん

こんばんは~
ありがとうございます! 二年前のモノですけど(笑)
尚さんはそういえばかなりたくさん色んな形のニッキ水を拾ってますよね。小さなジュース瓶の形とか、いいなあとか見ていました。
私の場合、欠片すら見たことがないんですよね。薄いガラスのヤツなんかは中々長い年月の間に原形を保つものは少ないんでしょうね・・・
そういえば私も最近海に行けていないです・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/207-bab08eae

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ