07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/03/07//Tue * 00:17
●○リシケイモ

リシケイモ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

なおきさんのブログで「謎のイモガイ」というキャッチフレーズでUPされてた
イモガイ、リシケイモです。オカモトイモという別名もあるようなのですけど、
「オカモトイモ」でGoogle検索をかけてみると、何故か勝手に「オカモト」で
検索されてしまい、検索元の「オカモトイモ」をクリックしてやっと貝の方で
ヒットします。しかも「もしかして:オカモト」と、まだオカモトを検索させ
ようとするしつこさよ。何でそんなにオカモトばかり検索させようとするんだ。
なぜだろうなぜかしら。まあ不思議系です。


リシケイモ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地:全て千葉県館山市

とにかく館山でしか見たことがありません。もちろん他の色んなところで見る
ことが出来るかもしれませんが、少なくとも私的にはこの貝は館山特産です。
結構拾えるのですが殆どがボロボロで、連れ帰りたいと思うモノは極僅かです。
更に、そこから模様が残って穴とかがないヤツになると2%です。海が荒れた後
には結構打ち上がります。

リシケイモで検索すると、ちゃんと色が落ちていない個体が幾つも見つけられ
ますので、こんないい感じのアッサリとした色合いのイモガイでは元々ないの
でしょう。でも私的にはこのアッサリした感じと「謎のイモガイ」のフレーズ
が心に刷り込まれており、これがリシケイモなのです。あ、決して状態のいい
個体を拾えない負け惜しみではない決して。この名と、手に持った時の手頃な
重量感、色合い、形とか総合的にとても好きな貝なのです。そのため、あまり
ボロボロでない個体を見つけるとつい拾って来てしまいます。この貝は、写真
だけではなくて是非とも手に取って感触を確かめて欲しいかも。
・・・っていうか、これってホントにリシケイモなのか? 今更だけど。


>> 2017/03/17 07:04
よ~かんさん、リシケイモいっぱい持ってますね。でもやっぱりいい状態で拾うのは難しい貝なんですね。
先週の休みに阿賀野川の河口をふさぐように張り出している広大な砂州を歩き回ってみましたが、貝もビンも拾えませんでした。

>> 2017/03/17 22:50
>なおきさん

この中で特に二つは状態が結構よかったので、こういうモノだと思っていたんですが、本来はもっと模様が濃いんですね・・・ でもこの薄い色の方が上品で好きです。負け惜しみじゃなく(笑)
壜を拾うのに、河口って結構いい線だと思うんですが、壜が何処かに廃棄される、何処かに流される、それがうまいこと少しずつ打ち上がる、というような歴史と地形がある場所でないと難しいんですよね。なので、そういう実績がある場所を見つけられればかなり長い間楽しめるんではないかと・・・ 私がよく行く場所はほぼ海に川が流れ込んでいる地形のところです。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/197-4fb748c8

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ