10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/01/27//Fri * 21:17
●○イソバナ

イソバナ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今月はも一つオマケに生物的な何かをUP。イソバナです。いや。もしかしたら、
何か他のヤギの仲間かもしれません。でも、どうせきっと判別は出来ないので
イソバナでいいことにします。軟質サンゴ(ソフトコーラル)の一種。赤橙黄等、
色んな色があり、以前にUPしたツグチガイの宿主で、このイソバナの色により
ツグチガイの色が変化するそうです。ということは、黄色のツグチもいるんだ
よね? もしいるのならすごく見てみたいのですけど・・・

見た通り美しいし形も中々いい感じなので、そのまんま保存できないのかな?
と調べてみたんですが、どうにも無理っぽいですね。日本大百科全書によると
「乾燥すると節部がもろくなり各節部が容易に折れ、原形を保存するのがむず
かしい。利用価値はない。」だそうで、バッサリと断じられています。それに
臭いが結構きつい。動物方向の磯臭さという感じの強めの臭いが、この見た目
の美しさとは裏腹に喜んでやって来るイメージ。何だかあらゆる方面で残念な
感じがヒシヒシと伝わって、残念感を醸しています。
一緒に写ってるのは、同じ日に同じ海岸で拾ったツグチガイです。色からして
このイソバナが宿主ではないようですが、当たり前ですね。場所も離れてたし、
逆にもしそんな偶然があったら、それはもう今年一年分の運を使い果たすこと、
間違い茣蓙居ません。


IMG_3732PSN.jpg
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地:静岡県御前崎市 2017/01/10

この形とか何処かで見たことがあるぞ?ともしチラとでも思われた方がいたの
ならば、大変に素晴らしいです。コモンダカラのページで紹介していた10日に
御前崎で拾った集合写真に出ているアレがコレです。この日は結構な強い風で
海も荒れていたので打ち上がったのでしょうか。よくツグチガイの宿主だ何だ
というのは聞き(見)ましたが、その初めての宿主とのご対面に感動しました。
大きさの写真ですが、今回は物体が濡れていたので、方眼紙の上に乗せられず
こんな写真になっています。一枚目と全く同じ構図のまま縦横を変えて物差し
を添えただけです。今回の個体は見た通りの大きさですが、20cm位になる個体
もあるようです。まあ大きさは別にいいのだけど、欲を云えば黄色いヤツとか
見てみたいですね。


>> 2017/01/27 23:12
枝が密に分かれた綺麗なイソバナと可愛いツグチガイですね。ツグチガイの過去記事も写真が美しくて、何度も読んでしまいました(笑)
以前銚子で何かの卵が枝の一部にビッシリついたイソバナを見つけたのですが、そのときは拾わずに置いてきちゃいました。今思えばあれは何かの貝、もしやツグチガイの卵だったり(⁈)したのかも…なんて思います(笑)
御前崎でもイソバナやツグチガイが上がるそうですね。銚子のツグチは朱赤でとても綺麗です。黄色は見たことありませんね。

>> 2017/01/28 09:29
利用価値は大いにありますよ!
「眺めて癒される」。 この効果大ですから。
でも長く保存できないのは残念ですね。キレイなのに。

>> 2017/01/28 22:05
>Ayaさん

そうなんです、小さくまとまったようなイソバナで、とても手頃できれい、って感じでした。
ツグチの記事も見てもらえて嬉しいです。私のウサギ初めの貝で、結構思い入れがあるのですよ。
ツグチの卵かもしれない・・ってのはとっても興味深いです。もしそうであったとしてもどうにも出来ないのがとても歯痒いですけど(笑)
私のツグチといえばやっぱり御前崎なのです。地元の三浦でも拾えますが、滅多に拾えません。
実は銚子でも拾えるということで一度だけ行ったことがあったのです。でも全く拾えませんでした。多分場所が違ったのでしょう。千葉といえば館山ばっかり行ってるので、銚子って殆ど分からないのですが、とても面白そうな場所なんですね。またチャンスがあったら行ってみたいです。
そもそも黄色のイソバナの打ち上げって、ネットでも見たことないですね。それでは黄色いツグチも見つからない道理なのかな。

>> 2017/01/28 22:07
>なおきさん

確かにその通りですね。物質的にではなくて精神的に大きな利用価値が!
ホントに効果大きいです。そもそも見つけた時点で相当癒されていたような気がします。
ホントこのままの状態で保存できたらどんなにいいかって思います。

>> 2017/01/29 22:22
★01/27 22:54にコメントいただいた鍵拍手様

ツグチの色は宿主の色によって変わるらしいので、このツグチの色のイソバナもあるんでしょうね~
ツグチの色だけでも色々変化があって面白いですよ。

>> 2017/01/30 14:39
珊瑚の王道っていう感じで 美しい姿ですね〜
なんだか竜宮城を思わせるようなぁ〜♬
とっても いい形をしています(*^_^*)

こんな素敵なもの 欠片すら見たことないです^^;

ぜんぜん足元ににも及びませんが 赤色つながりで…
江ノ島あたりで 赤とさか よく打ち上がっていますよね。
時々貝殻リース作りの材料として拾います。
ハイターに漬け込んで赤色をぬいて干すんですが…
地味ーーーに 使えるヤツなんですよっ(´艸`*) 笑

>> 2017/01/30 23:37
>shizuさん

ホント姿はサンゴの王道!って感じですが、固くないんですよ。とはいってもブニブニしている訳ではなく、適度に固いのです。私も打ち上げられているのを見たのは今回が初めてでした。これでこの通りの色とか形で保存が出来たら完璧な生物だったのですけどね(笑)

赤とさか、確かによく見ますね。あれはあの色のままの保存は出来ないんですか? ハイターで色を抜くということは、そのまま保存は難しいということなんでしょうね~

>> 2017/01/31 08:44
赤とさか そのまま干せば赤色のままです^ ^
ただ磯臭いので 殺菌も兼ねてハイター漬けに…
挿し色程度に そのまま干したのも少しだけ作ります♪

イソバナもそのまま干すと固く(?!)なるかもしれませんね。
出来れば 保存可能にしたいですよねぇ〜( ´ ▽ ` )ノ

>> 2017/01/31 20:18
>shizuさん

なる程、色に臭いがあるんでしょうかね。
ハイターで色が落ちるってのは面白いです。

イソバナは、乾くと構造上脆くなってしまうそうです。なのでちょっと力が入っただけでバラバラになるようなので、保存は出来ないといわれているんですよ。とっても勿体無い話です。まあ宝石サンゴみたいにきれいに硬いままだったら、きっと大人気で乱獲・・とかなってしまうんでしょうから、これでいいのかもしれません。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/189-58c87016

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ