07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2017/01/17//Tue * 22:27
●○コダマケボリ

コダマケボリ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

恐らく。多分。色々と調べていて、何となくこれが一番近いかなあって思った
のですが、正直云ってホントにコダマケボリなのか、全く自信がありません。
漢字では小玉毛彫と書くようです。特徴的な模様でもあればまだしも、真っ白
だし、でもこれはただ色が落ちているだけかもしれないし、小さいし。
しかし、このプックリ具合はどうですか。個人的にはコダマケボリって名より
コダマウサギって名前にすればかわいかったのに・・とか思うんですが、その
名前で調べるとまた違う形のウサギが現れます。何ていうか紛らわしいですね。


コダマケボリ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地(左側のみ):千葉県館山市 2016/04/25

お美事にお約束なお話しをします。つまり、テンロクとまた間違えました。
だがしかし言い訳しますと、コレは間違っても仕方がないのではないか。現地
では色の抜けたテンロクにしか見えませんでした。連れ帰ってからもしばらく
はずっと色抜けテンロクだとばかり思っていて、ある時ふと「形違わね?」と
思って初めて、違うウサギなのでは?疑惑が。
写真は比較として右側にホソテンを置いて撮ってみました。ちょっと見難くて
申し訳ありませんが、明らかに形が違って、少なくともテンロク系な感じの形
ではないと判ります。しかし、このプックリ具合はどうですか。そして不敵な
笑いが結構不敵ですよね。

これまでUPして来たウミウサギの仲間は、今回のを入れて八種類。まだUPして
ないのはもうあとホンの少し(しかも残りは??となるのばかり)。ホント全然
集まりません。立って歩いていてはほぼ見つけられない上、這いつくばったと
してもほぼ見つからないのだから仕方ありませんけど・・・


>> 2017/02/04 15:45
右側のホソテンて貝も可愛いんですが、メインの貝にどうしても目を奪われちゃいますね。この貝珍しいもんなんですか?無知故、愚かな質問でしたらすみません( ̄  ̄;)この光沢といい、形といい、かなりツボです(^^)

>> 2017/02/04 20:06
>惑星さん

右側のヤツ、ホソテンとか略してますが、ホソテンロクケボリっていう名前です。ウミウサギの仲間では見つけ易い部類ですね。
メインの貝ですが、正直珍しいのかどうか全く分かりません。そもそもウミウサギの仲間自体中々拾えないので珍しいといえなくないって位で(笑)
とりあえず今まで一度しか出逢ってません。真っ白な感じといい形といい、私もかなりのお気に入りなのです。

>> 2017/02/08 00:22
いいですね〜。こういうの大好き!
でも、地道な貝拾いは苦手だし、ウミウサギ類はハードル高めですからね。
このコダマケボリとか、マメウサギとか、ぜひとも拾いたいけど
手元に来るのは、いったいいつのことになるやら…。

>> 2017/02/09 23:30
>尚 nao.さん

正直ウサギ類は何となく歩いているだけではほぼ見つけられないですからね・・・ だからといって這いつくばっても稀にしか見つからないし(笑)
このコダマケボリは、現地では完全にテンロクと思って拾って来たものです。しばらく色が落ちたテンロクとずっと思っていて、あるとき手にとって眺めていたらなんかこれテンロクじゃなくなくね?と気がつきました。
ウサギ類はほんといいですね。尚さんのまた質のよいウサギ写真を是非とも見てみたいです。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/187-82496ef4

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ