03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/11/12//Sat * 23:07
●○石蹴り

石蹴り01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何というか、おはじきビー玉石蹴りとかそういう類いには殆ど縁がなくて、
おはじき拾い率:稀。ビー玉拾い率:極稀。って云う感じ。更に石蹴りなんて
もんは超絶縁がなくて拾い率以前の問題であり、浜拾いを始めてからこの記事
にUPの日付現在、この写真の通り、石蹴り×1、豆蹴り×1。以上。だけという、
見つけられなさ。しかもこの二つ、海岸は違えど同じ日に拾っているのです。
つまり浜拾いを始めて四年と少しの間に、どのようなものであれ石蹴りと遭遇
出来たのはただの一日のみ。この縁の薄さは何なんでしょうか。色々とネット
を見ていると、石蹴りとか、おはじきとか、ビー玉とかを結構拾っている方の
記事とか出て来たりして、益々自分の縁の薄さを思わずにはいられないのです
けど、考えてみれば石蹴り以外にも一度拾ってそれっきり同じタイプのモノが
見つからない壜とかいくらでもあるなって思ったら、結局は全体的に縁が薄い
だけであり、石蹴りだけが縁が薄いんじゃないと思って安心した(違)


石蹴り02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

・・・なんだか舌なめずりしている丸い人。みたいで嫌である。
初めは鎌倉の海岸で、小さい方を見つけました。云うまでもなくトップ写真の
右側のヤツです。最初見つけた時、何だコレは?と訳判らないままに拾い上げ
ました。次に藤沢の海岸の、今まで何も拾いモノなんか見つからなかった場所
でこの舌なめずりしている人に遭遇しました。とはいっても写真のように表側
ではなく、裏返しでベタっと砂浜に貼り付いてました。やはり、何だコレは?
と拾って裏返し、すぐさま石蹴りと判り絶叫(心の中で)。先程見つけたヤツが
石蹴り(豆蹴り)とは気付いていなかったので、生まれて初めて拾えた石蹴りが
この舌なめずりした丸い人だと思ったまま帰途に着きました。
因みにこの写真、見つけたそのままじゃないです。見つけた時は裏返しでした
ので。ただなんとなく、この舌なめずりした丸い人具合がシュール感を醸して
いたため載せてみました。


石蹴り03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地・小さいの:神奈川県藤沢市 2015/04/21
取得地・大きいの:神奈川県鎌倉市 2015/04/21
※おはじきは友情(っていうかただの大きさ比較)出演。

大きさ比較写真です。小さい方は中央が凹んだおはじきのお化けみたいな感じ。
ライトブルーで気泡がプチプチ。一箇所、茶筋のような黄色っぽい色の変化が。
裏側は古いおはじきで見かける木の葉みたいな模様のようなものが入ってます。
海モノらしいある程度擦れた一品。年代は、この写真のおはじきと形状が似て
いること、このおはじきの年代が京都書院「女の子の玩具」という書籍による
と1910年代のものと思われるので、似たような年代なんじゃないかと思います。
大きい方は、海水で濯いでしばらくして気が付きましたが、ペコちゃんですね。
新品までとは行かないけど、海モノにしてはそんなに状態が悪くない。上二枚
の写真だと判り難いけど、青いガラスなのです。表面にラスター加工がされて
いるので上から見下ろすと全然判りませんが。厚みもあってズッシリしてます。
こんなキャラクターモノの石蹴りを、これまで全く石蹴りに縁がなかった私が
拾えるなんて、一体どうなっているのか?と本気で悩みましたからね。やはり
これも気泡がプチプチ入っていて、一つとても大きな気泡があります。こちら
の年代は先の「女の子の玩具」に同じペコちゃん石蹴りが載っていて、それに
よれば1950年代です。


石蹴り04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

それぞれ表裏の光透過写真です。光を透過させるとラスター加工はこんな感じ
になり、ガラスの地の青色が透けて見えます。コレで見るとペコちゃんの方の
大きな気泡が判るかと思います。

こうして石蹴りの玉を手に持っていると、とても懐かしい感じはするんですが、
石蹴りを遊びで体験した覚えがありません。おはじきやビー玉も持っていたり
しましたけど、どうやって遊んだのかあんまり記憶が・・・ 小学生の頃って
どんな遊びをしてたかな・・・ 男子はスーパーカー消しゴムとか、女子だと
チェーリングとかは記憶に残っていますけど。遊んだ覚えがない玩具でも手元
にあると懐かしい感じがするのは何でなんでしょうね。


>> 2016/11/15 23:41
こんばんは
これはレアだと思います!骨董市で見かけたことがありますがキャラものということもあり立派な値段で売られていました
浜拾いで手に入ることはそうそうないのでは…?(*_*)
羨ましいです(^∇^)

>> 2016/11/17 16:17
>もち子さん

こんにちは~
キャラモノ、石蹴り拾うなら一つは欲しいなあって思っていたのですが、いきなりこんなの拾ってから後にも先にも全くどんな石蹴りにも出逢えません・・・ いいんだか悪いんだか(笑)
私の行く場所では石蹴り、おはじき、ビー玉は殆ど拾えないので、そういった意味でもレアでしょうか。しかし子どもの玩具ってのはなんでこう魅力的なんでしょうかねえ。

>> 2016/11/18 23:52
★11/18 00:24にコメントいただいた鍵拍手様

石蹴りは名前は聞いているのです。ただ女子の遊びだったから印象が薄かったのかも。
確かにこんな素敵なガラス玉だったら、勿体無くて蹴れないですよね(笑) 何か全く別の遊びに使用していたりして・・・

>> 2016/11/19 16:14
ああー羨ましい!千代田に続いて羨ましい!!
石蹴りの完品は未だに見つけられていません(TT)
欠片は多く見つかるんですけどね( ̄  ̄;欠けまくったものですが、似たようなラスター青を持っています。この石蹴り、深い青色がキレイですよねー。
あと石蹴りの底の感触が大好きです。手触りが凄くいいので、暑い日なんかは冷感を求めて触る率が高まりそうです(^^)

>> 2016/11/19 22:03
>惑星さん

いつもは惑星さんの素晴らしい品々に圧倒されっぱなしなので、たまにこういうのもいいのではないかって気がします(笑)
惑星さんが石蹴りを見つけてないのはかなり意外でしたが、カケラは多く見つかるというのであれば、時間の問題ですね~ 必ずある訳ですから。
私なんか奇跡的に完体が見つかりましたが、普段はカケラさえ見つけることがないので、今もって全く見つかる気がしないですよ。
ペコちゃんの青いガラス、ホントきれいです。なんでわざわざラスターなんかでこのガラスのよさを・・って思わないでもないけど、ラスターしないとペコちゃんが見難いんでしょうきっと。
石蹴りは手触りもそうですが、このズッシリとした質感、重みもとってもよろしいです。

>> 2016/11/26 22:10
立派なペコちゃん石蹴りですね!
石蹴りは何個か拾ってますが、この完全なペコちゃんのはないのです。
ほかにも欠片だけしか拾えていない絵柄のものもありますが
最近は海岸で石蹴りを見かけることもほとんどなくなりました〜。

>> 2016/11/27 21:43
>尚 nao.さん

多分行っている海岸がそういうモノ向けではないかと思うんですが、石蹴りなんか欠片すら見ることがないので、これが出た時はホントに驚きました。
壜を拾い始めてから僅か三年弱くらいの私ですら、尚さんの仰る通り明らかに前と較べて壜とかを見つけ難くなったように思います。私としてはまだまだ大して拾えていないのになあ・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/176-63e04518

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ