04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/11/07//Mon * 13:27
●○千代田ポマード

千代田ポマード01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

インターネット検索中に偶然画像を見つけ、その妖しい雰囲気に一発で惹かれ、
ずっと拾うことを願っていた壜です。千代田ポマードを画像検索しても、その
画像の記事の他には一つもこの壜が見つからない。違う形の壜が見つかるだけ
です。心情的には、憧れである神薬の壜よりも見つけてみたい壜でした。その
記事を見てから後、この壜の欠片を見つけた時には騒然となりました。そして
遂に! まるっと丸ごとこの壜を見つけることが出来たのです! ずっと拾い
たいと思っていて、未だに拾いたいと思う一品で茣蓙居ます。って、え?

丸ごと見つけたって書いてあるのに未だに拾いたいって、一体どういうことだ?
と首を傾げる向きも多いでしょうが、この書き方は間違っていませんです(泣)
詳しくはこの後を読んで行っていただければご納得いただけるかと(泣) って
いうか、実はこの写真にもうそのヒントがなくはないのですが・・・


千代田ポマード02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:神奈川県鎌倉市 2015/04/17

この写真だとトップで書いた不思議文章の意味が更に判り易くなるかなあって
気もしなくもないです。この日鎌倉の浜に降り立って浜拾いを開始して程なく
のこと。大分引いて来た波打ち際のまだ半分水中に、何となく緑っぽいような
何かを見つけました(写真は波が一旦引いた時の瞬間)。この時点でもう心臓が
バクバク。何故かこの時既に「あの壜だ!」って直感してしまったからでした。
屈んでこの物体に手を伸ばす間中、「待って待って待って!」と一体誰に何を
待てというのか知らんけど、少なくとも六回はこの意味不な言葉を唱えながら
半分埋もれた物体を摘み上げ、海水で濯ぎました。そして全貌を現した物体を
改めて見て、「こっ、これは!」「遂にキター(><)」と心の中で叫びまくった
のです。周りに悪い影響を与えるため、現実には叫びませんでしたが。ですが
次の瞬間、大変なしょんぼり具合に陥りました。何しろ興奮MAXであったため、
その落差はそれはもう。この時の私のすぐ傍に誰かがいたとしたら、喜怒哀楽
を全身で表現している様を目の当たりに出来たのではないか。


千代田ポマード03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

・・・なんか引っ張りに引っ張りましたが、この写真を見て腑に落ちたのでは
ないかと思います。清々しい程にお美事なヒビ。上から少し斜めにスパーんと
走り、最深部で横にピシーと行ってます。ヒビが縦に少しならまだよかったが、
これはちょっと酷くないですか? 下手に欠けもなく丸ごときれいにあるもの
だから、この無残感は半端ありません。これならいっそきれいに真っ二つとか
欠片しか見つからなかったとかの方がマシな気がしてなりません(泣) これが
「未だに拾いたいと思う(以下ry)」の正体でした。実は拾う時に薄々見えて
はいたが脳がそれを拒否し、海水で濯ぐまで認めたくなかった疑惑が濃厚です。

この壊滅的なヒビ以外は、海モノらしいエージングがされている以外良好です。
妖しく発光しているような緑色で、八角形のクリームジャー。底面には右書き
で「ドーマポ田代千」とエンボスがあります。気泡もポツポツと入り如何にも
戦前の物質感を醸しています。何よりこの全体を包む不思議な妖艶な雰囲気は
大変魅力的です。


千代田ポマード04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

上写真では見難いので、底面アップ写真を。前述の理由より所有感が薄いため
アッサリと書こうと思いますが、NCMNETに1932年・山岸商店「千代田ポマード」
発売という記述があります。これがそれかは判りませんが、そう思わなければ
話が進まないのでそうすることにして、このポマードがいつまで発売されてた
かは判りませんけど、まあ昭和10年前後辺りのものなのかなって気がします。


千代田ポマード05
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

もうこのあからさまな佇まいから、当然の如くウランガラスを想像されている
方が多数かと思いますが、その通り、お美事にブラックライトで発光します。
まあ既に前記の文で「この壜の欠片」のリンクをしているので、見た方は当然
知ってしまってるとは思いますけど、こうして写真にすると妖しさ倍増ですね。
恐らくこの辺りの年代で、○○ポマードという商品がポツポツとあるのですが、
何故か皆ウランっぽい色のガラスです。殆どが半透明のものですが。何かこの
色がポマードだという流行でもあったのでしょうか。以前ここでもUPしている
井筒ポマードの壜もそういえば半透明グリーンですね。これでウランガラス壜
の完品がやっと二つ目です・・・といいたいところですが、この二つ目は到底
完品とは云えず、未だに未だに拾いたいナンバーワンの壜のままです。しかし、
この壜を初めてネット見た時、到底こんなの拾える訳がない、縁などないモノ
なんだろうなあって思っていたらまさかの遭遇、そして落胆と、ここまで感情
の起伏が激しい事態に陥ったのはこいつが初めてです。↓↑↑↓↓↓と、記号
で簡単に表すことが出来ます。現在も↓↓↓は続行中であって、このまま下降
し続け地球の裏側に到達してしまうときっとよくないことが起きるに違いない
ので、そうならない内に是非とも完品と遭遇したいものですね。


>> 2016/11/07 17:46
気泡、厚み、色
全部美しいです(*゚▽゚*)
ウランガラスのシーグラスでキャーキャー言ってる私
こんなのにライトを当てて光ったら叫んでしまいますよ、きっと
いいですね〜壜探し…(*´-`)

>> 2016/11/07 18:50
タッチミスで見開いてしまった瞬間、あ~
‼と心の中で叫びました(^^;ウランの千代田ポマード!いいなあああ‼ここ最近の中で一番見つけたい瓶です(>_<)
完品かと思いきやヒビが(TT)これはショック受けますね。あ~でも妖しく光るお姿は素晴らしいです‼とにかく、羨ましい‼今はその一言しか出ません(>_<)

>> 2016/11/07 23:51
悲しいですよねガラスの割れ欠けは…
私も 阪本藥局 の20cmの大壜をぶつけて肩に小さな穴を開けてしまった時は大変落ち込みました…
壜 でなく ガラス としてならまた他の喪のに生き返らせる事ができますが(カットして底だけにする、溶かしてペッタンコにするとか)、こんな可愛らしい壜は溶かす切るなんてできないですね…
またよ~かんさんが千代田さんと出会えるようお祈りします!

>> 2016/11/08 09:19
>KUMIさん

ウランのシーグラスとか、欠片とかを見つけられるとそれだけでテンション上りますよね。しかし、壜をメインに探していてもこんな熱狂モノに出逢うことはほぼゼロに近いのですよ。ホント、ヒビさえなければニヤニヤが止まらない成果だったんですが、世の中うまく行きません(笑)

>> 2016/11/08 09:26
>惑星さん

惑星さんもこの壜見つけたいナンバーワンでしたか(><)
私も今のところは神薬を差し置いてナンバーワンに見つけたい壜なのです。ここまでヒビが大きいとかなり所有の喜びは薄れますが、でもこれでも遭遇したのが奇跡のような話であることも確かなので、なんとも歯痒い想いが頭の中をグルグルしてますよ(泣)
この形といい色といい、ホント素晴らしいです。

>> 2016/11/08 09:32
>アラバスターガラスさん

見つけてその場で海水で洗うまでは舞い上がっていましたから、速攻で地面の下まで叩き落された感じでした(笑)
アラバスターガラスさんの例は自分でやってしまったというのがまた悲壮感に輪をかけますね・・・ しかも薬局名入り・・・ 私も相当な期間立ち直れない気がします。

この壜はこうして出逢うことすら奇跡に近いと思っているので、恐らくもう完品に遭遇することはない気もしますが、静かに待っていようと思います。ありがとうございます。

>> 2016/11/11 09:38
海岸であの状態で出会ったら・・・
私もきっと興奮してしまいます
しかも鎌倉の海岸なんて(*^ワ^*)

それにしても美しい色の壜ですね

>> 2016/11/12 23:18
>moca0818さん

正直興奮しましたが、その直後のヒビで垂直降下しましたよ(笑)
とにかく見つけたかった壜だったのです。ホント、色が素晴らしいです。
鎌倉の海岸は、中々壜と出逢うことがないけど、稀にかなり嬉しいものと遭遇したりしますので油断なりません。私も幾つか嬉しい目に遭ったことがありますよ。moca0818さんもきっと鎌倉に通っていれば、きっとそんな出逢いがあるんじゃないかと思いますよ。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/175-c06d0e63

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ