10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/11/04//Fri * 22:47
●○クチベニデ

クチベニデ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何というか、へんてこな名前です。漢字では「口紅手」と書くようです。
以前にUPしたクチベニガイと同じクチベニガイ科の貝ですが、クチベニガイの
方はお見事に名は体を表す的な貝なのに、こちらは何故ゆえこのような名前に
なったのか、名付けた人の真意をぜひとも確認させていただきたく。
今回載せているモノは全て合弁で、しかもピツタリ閉じているので裏は見られ
ないけど、別に縁は紅色じゃないし、何より口紅・・手・・・うん、全くよく
分からない。確かにクチベニガイに形は似てるところもありますが、それなら
実際にあるマメクチベニとかチビクチベニとかいう名前の方が、余程しっくり
来ますよ。殻も白っぽい色の方が多く、色がつくのもあるけどだから何故口紅?
とか云われてもなあ。まあ百歩譲ってクチベニガイ科の貝だからクチベニって
名が付くのは仕方ないとして、じゃあ何で「手」なの?とか、純真な子どもに
聞かれてしまったら、大人もうお手上げではないのですか?

・・・と散々な書きようですが、実はこのクチベニデというへんてこな響きが
大変に好きでして。いいよね、クチベニデ。何かいい。名前もそうだけど貝殻
自体もかわいいし小さいし、結構なお手前ではないのですか?


クチベニデ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

大きさはこんな感じ。大きくても10mmに満たない位です。この貝は私の微小貝
集め対象の一つなのですが、この貝を集めるのに一つだけ縛りを設けています。
それはしっかりと殻が閉じた合弁であること。元々この貝は殻が閉じた合弁で
見つかることが多いからということもあるのですが、何故か合弁でない片側や
開いた合弁を見ても何も心トキメかないのです。逆に閉じた合弁であれば少し
位状態が悪くてもツメタっぽい何かに穴を開けられていても、不思議なことに
集め対象の許容範囲内に入ってしまうのです。何故かは自分でも分かりません。
っていうか、こんな小さな貝にまで穴を開けるか普通? 身なんか殆ど入って
ないんと違うか? ヤツめ。


クチベニデ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

立体的に接近した図。
何かお菓子みたいですね。白っぽいヤツから赤っぽいヤツから、とりどりって
感じで楽しいです。不思議でしょうがないのですが、こんな頑なに殻が閉じて
いて、中身はどうなっているんでしょうか。開けたくても勿体無くて開けられ
ないので、永久にこの謎は解けないのでせう。


クチベニデ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

集めモノ対象ではありますけど、この貝そんなに頻繁に見つけられません。
今まで合弁を見つけた総数は、トップ写真で全て、カツキリ26個です。
この貝は写真の通り、試験管みたいな容器に入れています。以前に無銘 022
いう記事に登場した容器(この記事のトップ写真一番左端)です。その時の記事
でも書いたけど、これに東急ハンズで購入した三号のコルク栓が大変ピツタリ
で容器として成り立ったものですから、こんな風にクチベニデ専用容器として
デヴューしたのでした。いつかこれが一杯になる日を楽しみにしています。


>> 2016/11/06 23:15
★11/05 09:33にコメントいただいた鍵拍手様

やっぱり気を惹きますよね、この名前。あ、でも傷んだ親指の爪って表現、絶妙だと思います(笑) もう少しツルツルしていたらきっと「和菓子みたい!」って感じだったんでしょうけど、その辺がこの貝のツメの甘いところです(笑)

>> 2016/11/09 20:30
こんばんは。
コメントが遅くなりましたが、『貝の和名』相模貝類同好会会報みたまき特別号に次のように書かれています。

厚手、薄手、この手の品、手変わり、などというときの『手』、即ち『クチベニ形の貝』の意味で、『クチベニ手』と名付けたのではあるまいか。

真意は解りませんが。

>> 2016/11/10 21:29
>kudamakiさん

こんばんは~
そっちの「手」なんですね!
ずっと「○○の手」とかそんな風に考えていて、思いつきもしませんでした。
まあそっちの「手」だとしても微妙にすっきりしないですが(笑)
いつもありがとうございます。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/174-33c062c9

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ