05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/10/11//Tue * 23:37
●○月星印 食用色素

月星印 食用色素01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

そんなに状態はよくないんですが、かなりお気に入りの壜です。
「月星印 食用色素」という、心をくすぐるエンボスが大変よろしい。月星印
で真っ先に思い浮かべるのは、私的には靴ですが、多分今回のコレは全く関係
ないでしょうね・・・

この壜、惑星さんのブログでUPされていて、くもりのない数段きれいなブツを
拝めます。うをー、いいなあ!って指を咥えたりしました。この時、この記事
に「私も拾っています」というようなコメントをさせて頂いているのですけど、
それが去年の10月! もう一年も経ってようやくのUPです。しかも拾ってから
一年半位経っているので、UPまで随分かかったな…と感慨深かったりします。


月星印 食用色素02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

取得地:神奈川県藤沢市 2015/03/26

この壜は、前回のすずらん絵の具の容器と同じ日同じ場所で拾いました。って
いうか、前回の絵の具容器を拾ってから僅か二分後に見つけてます。一見何か
の錠剤壜かと思い危うく通り過ぎようとしてだがしかし待てよ?と思い直した
のですが、嗚呼思い直してよかった系です。つい二分前も何かの蓋?と勘違い
したばかりだし、結構な危うさ加減。コレを拾い上げたのは普段は水中であり、
かなり大きく潮が引かないと現れない場所でした。半分粘土状な土に埋まって
いて、水に触れている半分は曇り、土側の半分は比較的きれいな状態。しかし
よくこれだけの傷みで済んだよなっていう感じを受けるのは、比較的最近まで
全て土の中にあり、色んな外的なモノに影響された期間が短かったのかも。

壜の状況とか。無色透明の、如何にも染料系の壜って感じの壜です。明らかな
引っ掻き傷らしきものはないけど、全体的に薄っすらと曇り気味。前述をして
いますが、土に埋まっていた方が少しきれいです。気泡がポツンとあります。
底はちょっと厚めで偏っています。一箇所製造時に出来たと思われる傷が底面
近くにあり、全体的に薄っすらと銀化が見られます。
側面には四段のエンボス。上段から月星印、食用、ー、色素となっています。
「食用」と「色素」の間の「ー」は、横に読ませるように引いた線でしょうか。
底面には星と月のマークがエンボスされています。


月星印 食用色素03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

惑星さんも触れている通り、この壜は何といっても底面のマークが素晴らしい
のであり、アップでUPするのに値します。ので、UPしました。しかし撮影時に、
埃が多数ついているのに気付かず、PCの画面でガックリ来ました。もう面倒で
撮り直しするのは嫌だったので、PC上で多少色々とがんばってみましたよ(泣)
拾った時はこのマークに全く気が付かず、洗浄時にアッとなりました。しかし
その時点でも中々マークの意味に気が付かず、しばらく眺めていて嗚呼月星だ!
と気が付きました。天地左右がどれが正解なのか判りませんが、何て魅力的な
マークなんでしょう。元々エンボスが入っている壜を拾うことはそんなに多く
ないんですが、その少ない中でもこのエンボスは、眺めてニヤニヤするのに値
します。ニヤニヤしました。


月星印 食用色素04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

側面の文字を見易い感じでもう一枚。
この月星印食用色素の壜、調べても全く判りませんでした。月星と食用色素で
それぞれ検索に引っかかるんですが、繋がらないのです。月星なんて、だから
読み方すら判りません。ゲッセイ、ツキホシ、ムーンスターとか想像すること
位しか出来ません。でも印象に残る名前とかエンボスですよね。あと気になる
のが、蓋のこと。きっと蓋も素敵デザインだったに違いないと睨んでいます。


>> 2016/10/16 07:44
月星印、懐かしいです(^^)
以前コメントを頂いたときに状態が悪いものと仰っていましたが、よ~かんさんのは元から磨りガラス製っていっても通りますね。状態、画像を見ると全然悪くないですよ!柔らかい月星がより幻想的に見えていいです(・∇・)
瓶があまりにも可愛いので、蓋の存在を忘れていました(^^;確かに、これは蓋も可愛いに違いないですね!ラベルも可愛いはず(>_<)完品いつか拝んでみたいです。

>> 2016/10/17 09:05
>惑星さん

そう、「懐かしい」って程前の話になってしまってますね(笑)
ちょっと撮影に工夫しているから、状態についてはもう少し割り引いて見てもらった方がいいかも知れませんが、海モノとしてはそんなに悪くはないかなって感じです。惑星さんのがとてもきれいだったので、おお!って思ってしまったのです(笑)

蓋付きのを見てみたいですね。何となく骨董市をフラフラしていたら、いつかラベル蓋付と出逢えそうな気もします。

>> 2016/11/03 19:02
こんにちは(^^)

http://www.tsukiboshi-s.co.jp/company/

月星ソースさん、マークが同じですね。
ソースが美味しソース。

>> 2016/11/04 23:16
>すみだゆうこさん

こんばんは!
月星ソースさん、この壜を調べまくっていた時に見つけてましたよ~ 食品を扱っているし、もしかして色素も扱っているのかな?って悩んだけど、結局関連は分からず。面白いことに月星の名前の会社は結構な確率で月と星のマークなんですよね。
しかし、月星ソースの概要を見ていたら焼きそばとかソース関連の美味しそうな文が出てきて、ちょっとここのソースが欲しくなってしまいました(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/170-071a4ffe

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ