08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2016/09/18//Sun * 14:29
●○ハナヤカケボリ

ハナヤカケボリ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

過去に再三、テンロクケボリだ!と思って拾い連れ帰ってよく見たら全然違う
ケボリだったって話をしているとかと思いますが、今回のコレもそうでした。
あ、テンロクだ!とひょいと拾い上げ、後でよく見てみたら全く全然違う物体
ということが判って、愕然としたものでした。コレをテンロクと間違えるとは
我ながらあんまりではないのか。ホソテンだってセロガタだって、見かけ上は
かなりテンロクに似ているからまだ許してもらえそうな気がしますけど、コレ
はちょっと・・・ だがしかし、仕方ないのです! 小さくて模様が入ってる
ケボリなんかみんなテンロクに見えるモノなのです!(泣)


ハナヤカケボリ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

腹側から見た図。何となく全体的にカクカクした感じを受けますね。


ハナヤカケボリ03
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

取得地:和歌山県東牟婁郡串本町 2015/10/21

砂利が入り混じっていた貝溜まりをジョリジョリ掘っていたら、ポロッと出て
来ました。今までに只一度だけ訪れたオゴクダ浜。そこで拾った二つのウサギ
類の内の一つです。もう一つは、既にUPしているセロガタケボリです。つまり
見つけた二つのウサギは、その時点ではテンロクケボリと思っており、現地で
初めての種類のウサギを見つけたという感動はゼロでした。二つとも連れ帰り
マジマジと眺めてそれぞれ「あれ?テンロクじゃないじゃん?」と驚いた次第。


ハナヤカケボリ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

大きさ図。見ての通り小さいです。しかし見れば見る程、コレをどうやったら
テンロクと間違えられるのか、己の迂闊さ加減を嘆かずにはおられません(泣)
形も模様も全然違うし・・・ ツルピカまでは行きませんが、結構状態はいい
方だと思います。磨耗が少なそう。写真だと横向きにしていますが、この方向
に対して縦に細かい線が入っています。その線と同じ方向に斑点が腹側から背
にかけて三列入っていて、それとは別に背に波線みたいな模様があります。


ハナヤカケボリ05
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最後にもう一枚。全体的なオレンジ色といい、模様といい、美しい貝ですね。
ハナヤカケボリのハナヤカは「華やか」という意味なら、中々いいネーミング
ではないでしょうか。1cm弱しかない小ささなのに、存在感があります。

ウサギたちは何となく海岸を歩いているだけでは見つけられないので、種類も
数も中々増えて行きません。そのため、見つけた時には何か小さな宝石の粒を
発掘したような(宝石を発掘した体験はないのでイメージである)、熱い気分に
なれます(個人の感想です)。これからもこの熱い気持ちを味わうべく、果敢に
這いつくばりに行きたいものですね。


>> 2016/09/19 21:32
こんばんは。
オゴクダのハナヤカですね。
このオレンジを主体とした色合いと、黄色を主体としたもの、ピンクややや薄いものなど、いくつかのパターンがあります。
でも、ウサギさんは最近かなり少なくなって、さびしい限りです。
ウサギさんに限らず、他の貝もそうですが。
ウミウサギガイ科は、オゴクダでは33種記録しています。
次回お越しの折には、違う種類が採集できるといいですね。

>> 2016/09/21 21:15
>kudamakiさん

こんばんは~
33種! オゴクダだけでもそんなに種類が上るとは・・・ 半端ないですね~
もしまた行けたら、きっと相当な這いつくばり状態になりそうです(笑)
結局ハナヤカもセロガタも、こちらで見つけられた以外、一度も見つけられたことがありません。
ピンクっぽいハナヤカ、見てみたいです。

>> 2016/09/22 21:14
これはなかなか状態の良いハナヤカケボリですね。
僕は三浦半島の漁労屑から過去に1個だけです。
華やか…というほど派手さはないですけど、綺麗な貝ですよね。
オゴクダは行ったことありませんが、南紀は大昔に1度。
またゆっくり旅をしたいな〜。

>> 2016/09/23 17:38
>尚 nao.さん

ツルピカまでは行きませんが、乾いてもきちんと色合いやツヤ感は失われませんでした。拾える中ではかなりレヴェルが高い状態と思います。
三浦でも拾えたんですね。意外とウサギ類は色んな種類が神奈川にもいて、でも打ちあがっていないだけなんでしょうね。
ホント、きれいな貝です。小さいから拡大しないと模様とか楽しめないけど(笑)

オゴクダも、周辺もまた行きたくて仕方ありません。私もゆっくり旅をしたいです・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/166-4069934c

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。