04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/08/26//Fri * 22:44
●○崎陽軒なのか?

崎陽軒なのか?01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

いきなり全くどうでもいい話を一つ。私は崎陽軒のシウマイが大好きでござい
まして。アノ一口でいける小振りなサイズ、締まり、味、全てツボなのです。
更にもっとどうでもいいことを謂わせていただくこと、あのシウマイは温めず
そのままがよろしい(個人の感想です)。
あのシウマイは神奈川県民(敢えて横浜市民とは書かん)の誇りの一つなのでは
ないですか? そのシウマイを盛り立てる小道具たちも、中々にお熱いものが
あって、ひょうちゃん然り、醤油皿然り。これらの古いモノたちは多くが湘南
三浦の海岸に打ち上がり、浜拾い界でも名物になっているのが何か嬉しい。
だがしかし、こんなに崎陽軒崎陽軒云ってるというのに、今回の醤油皿らしき
モノが果たして崎陽軒のものなのかすら判らないという、崎陽軒をこんなにも
盛り立てておいて梯子を外してどうすんだ?的な何とも心憎い展開は如何にも
参ったな。とまあ、怖ろしく長い前置きに出て来た、崎陽軒なのかもそれ以前
に果たして醤油皿なのかも不明のガラス製の醤油皿らしきものを載せてみます。
まあ形状的には醤油皿に間違いはないと思いますけど。

ゴチャゴチャっとした写真ですが、主役は中央のガラス製のモノです。これが
崎陽軒のモノなのかどうかは置いておいて、とりあえず崎陽軒と仮断定して話
を進めることにしまして、賑やかしに今まで拾って来た崎陽軒の醤油皿を背景
にしてみました。そしたら主役の存在感が薄く全く目立たなくなってしまって、
思っていたのと何か違う写真になってしまったような気がしないでもない。


崎陽軒なのか?02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

気を取り直してガラス皿だけで撮り直してみました。
今までに見つけた謎のガラス皿はこの二つ。左側のヤツはトップの右端のヤツ
で、前にUPしています。そして今回の主役は右端。トップ写真では中央のヤツ。
う~ん、ややこしいな。同じガラス製でも随分感じが違います。左側のヤツの
方が中の仕切りが高く、ほぼ皿の高さまで達しているのに対し、右側のは低い。
幅も違う。左側のは気泡が入っていてかなり古さを感じるけど、右側のは気泡
がほぼ無いし、新らし目に感じること。共通してるのは右端がカーブを描いて
いることと、ガラス製というところですね。


崎陽軒なのか?03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

今回の主役の大きさ写真。
所々欠けも見られるけど、比較的きれいな状態です。このタイプももう一つの
ヤツもネットではポツポツ見かけます。見かけたもの全て湘南の海で見つけた
モノのようです。これをUPしている方たちの間では、これは崎陽軒の磁器醤油
皿以前のモノではないか?ということになっているようですが、前回の記事に
書いた通り、これが崎陽軒の醤油皿なのか、公式には全く触れられていません。
しかもこれも前回記事に書いている通り、崎陽軒にこのガラス製の皿について
問い合わせた方がいらっしゃいましたが、使用していた当時の記録が崎陽軒に
残っていないため分からない、という回答をいただいています。つまり、この
皿については何一つ判らないことになり、もうこいつはきっと崎陽軒の醤油皿
だ!という浪漫で生きて行くか、この皿のことを知る人物が「あ~それはね~
ワシが若い時にどうのこうの。」的な話を持ってこの世に現れてくれることを
待つしかないのでしょう。いやあ、しかし気になって仕方がない。本当に何か
コレが何かを知る手段はないのかな・・・


崎陽軒なのか?04
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:神奈川県藤沢市 2015/03/13

ガラス崎陽軒醤油皿(仮)の打ち上がり状況。光を受けキラキラと輝いてました。
この日は中々賑やかで、このブツの他にも、味の素のこんなん二つとか、古い
方のビゲンとかレートクレームの磁製の蓋とか、同じ海岸で拾ってます。


崎陽軒なのか?05
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

取得地:神奈川県藤沢市 2015/02/14

もののついでに、磁器皿も一つ、打ち上げ状況を。何でコレを載せたのかって
いうと、よく見てください、もの凄いギリギリに足跡があります。よく踏まれ
なかったなっていうのもあるけど、ここまで接近しておいてコイツ放置という
ことは、ここを通過した人はコイツには全く興味がなかったんだなあっていう
ことを思うと、ちょっと哀愁であり、載せない訳には行きませんでした。


崎陽軒なのか?06
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最後に今までに拾った崎陽軒醤油皿と崎陽軒醤油皿?の全てをどうぞう。
前回の記事でも最後に「よくも集まったものです」というセリフを吐いてます
けど、今回もそっくりそのまま返すことにしましょう。ひょうちゃんに較べる
とどうしても地味に見えてしまう醤油皿ですが、拾った中に一つとして文字が
同じモノはないし、文字がないもの、シウマイの文字が入ってないものがある、
形も大きさもまちまちだし、底の溝がないヤツがあるしと、見ていて飽きさせ
ないのです。それにしても、この皿の歴史が全く判らないのはやっぱり歯痒い。
初代ひょうちゃんは昭和30~63年までの間。私はこの頃のひょうちゃんを普通
に見ていて覚えているし、一緒に入っていた貝殻付きのプラ製爪楊枝も覚えて
いる(竹製のは覚えてない)。でも、この時に入っていた醤油皿がどんなだった
のか、全く覚えていないのは何故なんだろう。やっぱり地味だったからなのか。
歴史が分からないとか云っておいて、自分で覚えていないんじゃ説得力皆無と
しかいいようがないけど、崎陽軒もいつからいつまでこの磁器醤油皿を使って
いたか、以前はガラスだったかとか全く分からないってのは、迂闊だと思うん
だけどなあ。しかし今書いてて思ったけど、初代ひょうちゃんとか醤油皿とか、
何で取って置かないかな。その頃リアルに知っていたクセに。その頃って今の
ように集めモノには全く興味がなかったからということはあったけど、それに
しては、まあ下らないどうでもいいガラクタは取ってあったりするのが大変に
腹立たしい。全くもってコレクターのセンスはマイナス三百点ですね(泣)


>> 2016/08/27 15:27
こんにちは!
十代でビーチコーミング・ボトルディレクティングをしている若造です
いつも楽しく拝見しています
私にとってのお宝はまだロート目薬や神薬の壜くらいですが集めて行きたいです
全国的に有名な物も面白いですがこうううご当地物、面白いですよねー…
私も崎陽軒の醤油皿、入手したいです

>> 2016/08/29 10:46
★08/27 00:57にコメントいただいた鍵拍手様

ほぼ湘南の海岸で見つけられているからということもあるかもしれませんが、崎陽軒の醤油皿と推定されていらっしゃる方が多いです。私も是非そうであって欲しいと願っています。形状も何となく似ているし。でも裏付けは全く得られていません。しかし崎陽軒が覚えていないというのは寂しいですね。まあひょうちゃんみたいに印象に残り難い地味な物体なので、私も全然覚えていないし仕方ないのかな・・・

>> 2016/08/29 11:06
>アラバスターさん

初めまして。コメントありがとうございます!
アラバスターとはなんとも魅力的なHNですね~
私の野望の一つに、色とりどりのアラバスターガラスの壜を見つけて並べてニヤニヤするってのがあるのです。まあ現実は並べてニヤニヤするに到底至っていませんが・・・

しかし、神薬の壜を持っていらっしゃいますか!
神薬は未だに欠片しか見つけられていない憧れの逸品ですよ~
住んでいる土地に、ご当地モノがあるのはいいですよね。崎陽軒の醤油皿はひょうちゃんよりは見つけ易いシロモノだったのだけど、最近はあまり見かけなくなりました。

>> 2016/08/30 20:48
よ~かんさん返信ありがとうございます!
神薬は底が大きく欠けてしまい何とか立つような状態の物で完品ではないのです…
自慢みたいになってますが十代でレトロに興味のある友人は中々いないのでこちらで言ってみたかったんです…
アラバスターガラスは必ずゲットしたいと思いこのHNにしました
これからの更新楽しみにしています

>> 2016/09/03 16:02
ひょうちゃんも憧れではありますが、崎陽軒も未だ縁がないので上と最後の写真はクラクラしますwまだまだこのコレクションは増えそうですね!100個目指して崎陽軒の壁を作成してほしいですw
陶器皿にプリントされた字形がそれぞれ違っているのがいいですよね。見てると和みます。文字の色はこの2種類のみなんですかね?

>> 2016/09/05 00:25
>アラバスターさん

そうだったんですか~
それではお互いに完品の神薬の壜を見つけられるよう、がんばりましょうね。まあビーチコで見つけられる確率は相当低いと思うので、私に見つけられるチャンスはあるのか?ってところですけど・・・
私もリアルでは全くこの趣味の人はいませんね。だから何かを見つけても話せない(笑)
アラバスターガラス、魅力的ですよね。これまたお互いに見つけられるよう祈っています。私は青いのと黄色いのが見つけられれば「並べてニヤニヤ」かなあ・・・

>> 2016/09/05 00:30
>惑星さん

そちらで崎陽軒関係は相当厳しいですよね・・・
アレですよ、機会があれば是非鎌倉湘南に浜拾いに来てください(><)
とはいっても、最近ホントに渋くて、ひょうちゃんも醤油皿も全然見つかりません。数日前にやっと醤油皿一つ追加されましたけど。
文字の色はこの二種類以外には見たことがないので、多分コレだけなのかなあって思います。今一番見てみたいのは、ひょうちゃん前のガラス製の醤油入れなんですが、もしコレを見つけたとしても、それが崎陽軒のモノなのか、文字が入っていない限り判らないという歯痒さ(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/163-703248fd

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ