05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/07/29//Fri * 11:58
●○鎌倉えび

鎌倉エビ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

毎年一月に正月飾りを一箇所に集めて盛大に燃やす、どんど焼き。今でもそう
なのかもう今は違うのか分かりませんが、少なくとも昔はこの正月飾りに陶製
鎌倉エビが付いていて、それも一緒に燃やされましたが、当然のことながら
陶製のため燃え残り、波に攫われ海底に眠り、時を経てまた何かの拍子に打ち
上ります。陶製だからかドロエビとも呼ばれているようです。時を経ていれば
当然ボロボロになって行くので、打ち上ったものは妙にデフォルメされてたり
部分だけだったりと、とっても味がある物体に見えます。

さて、私が拾ったのはこの写真の二つ。上記の観点から見てみると妙にきれい
なのが非常に不安なことこの上なし。大体燃えている筈なのにこんなにきれい
なのだろうか。もしかしたら燃やされずにそのまま海底に眠り、外的ダメージ
を受けなかったという可能性はなくもないけど・・・ まだ小さい方は、少々
デフォルメがかって来ているから雰囲気がなくも無いけど、何にしろ古からの
浪漫とか感じろってのはちょっと無理があるなあ・・・


鎌倉エビ02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

これは二つの内の大きい方。鎌倉エビだけど鎌倉ではなく、三浦の小さな干潟
で見つけました。中々に擬態しています。写真の通りの色だったのが洗浄して
みると明るいレンガ色っぽくなってしまい、ちょっと古そうな感じだったのに
それが一気に薄れました(泣)


鎌倉エビ03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

取得地・小:神奈川県鎌倉市 2015/03/03
取得地・大:神奈川県三浦市 2015/05/25

小さい方が初めて見つけた鎌倉エビ。拾った場所も鎌倉の海岸。
大小とも前面に二箇所、髭用の穴があり、裏面には一箇所針金が入っていた跡
があります。針金は飾る際に何かに引っ掛けられるように付いてたらしいです。
私が今現在持っているモノは、特に大の方に古さを感じさせないので、陶製の
エビは現在も普通に使われているのかな。どうも、こういうことを調べようと
しても、現在エビはプラ製ですとか、陶製ではないです的な話が見つからない
のです。実際にどんど焼きを見に行けば一発なんでしょうけどね。


>> 2016/07/29 21:14
鎌倉エビと言われてますが、これは鎌倉のビーチコーマーが言い出したことで、普通に言えばイセエビですよね(笑)
イセエビを指す鎌倉海老という呼び名そのものは、江戸時代くらいには実際にあったそうですが。
お飾りのイセエビ、僕が子供のころは石膏製だったと思います。多分今も基本はそうなのでは。
ただ最近は昔のような大きなお飾りを飾る家は少なくなったようです。
お正月も昔から少しずつ様変わりしてますからね。
子供心にお飾りの海老が欲しくて仕方なかった自分としては、ちょっと寂しい感じがします。

>> 2016/07/30 21:59
>尚 nao.さん

鎌倉エビは、鎌倉だけで使っていた名称なのかなと思っていましたけど、調べてみると意外と昔の関東はこの呼び名だったようですね。そうならやっぱりこの物体の名称は鎌倉エビの方がしっくり来るかも(笑)
今は石膏なんですね。こういう行事とか全然子どもの頃に体験していないし、今もどうなっているとか全然分からないので、一度は実際に体験してみたいです。
今更なことだけど、海岸拾い歩きからは色んな事柄の一端に触れられたり、色んな方面の歴史を齧ってみたりと、ホント楽しいです。

>> 2016/07/30 22:12
★07/29 22:37にコメントいただいた鍵拍手様

写真では素焼きっぽい感じになっていますけど、本来はこれに茹でたエビみたいな色が塗られていて、髭とか足とかも付いて、それが飾られていたようです。
陶製のエビは、何となくベタですが、海岸沿いの風習なのでは無いかと思ったりします。どんど焼き自体はただの住宅地辺りでもあったりしますので、全国区っぽいですよね。
鎌倉エビという呼び名は、今では使われていなくて、調べてみると関東一帯のイセエビが、昔こう呼ばれていたようです。
見つけた時は嬉しかったのですけど、出来たらもっと揉まれたヤツの方がよかったかも(笑)
あ、文才というものが私にあるとは思えないですよ~(笑)

>> 2016/08/26 18:32
初めまして。古い記事にコメントごめんなさい。ときおり覗かせてもらっています。エビの飾り物は今でも土でつくっている方がいらっしゃいます。それをお知らせしたくて。http://koharu2009.blogspot.jp/2013/12/blog-post.html
失礼しました。

>> 2016/08/26 20:23
>春さん

初めまして。コメントありがとうございます!
私も春さんのブログは時折どころじゃなく覗かせていただいています。
古い記事のコメントは大歓迎です。このブログはその日行ったことを書くって性質のモノではなく、今までUPしたものも何か後から情報が分かったら追記しているので、感想や情報をいただけるとホント嬉しいのです。

このご紹介いただいたページ、今回この記事をUPする際に読ませていただいていました。ありがとうございます。
もしかして今回私が載せているこのエビも、この方作のモノかも知れませんね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/158-082aa0c7

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ