09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/06/11//Sat * 22:51
●○ホソテンロクケボリ

ホソテンロクケボリ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

っていうか一体どこが細いのか? 寧ろでっぷりしているのではないのか?

点が六つあるからテンロクケボリ。そう思っていました。ホソテンロクケボリ
ってのは、名前は知っていたけどきっとテンロクケボリに較べて明らかに細い
特徴があるんだろう?と勝手に思っていたため、この写真の者たちはテンロク
と信じて疑わず、テンロクと一緒に写真を撮ってテンロクの記事に載せようと
していたのです。その記事を載せる直前に、尚さんkudamakiさんのページで
それを発見してしまったのです。なんと、ホソテンロクケボリには背面の縁に
縁取りがあるというじゃないですか! 慌てて拾った者たちを確認してみると、
嗚呼、前回の記事になっているヤツ以外全てに縁取りがあるじゃないですか!
尚さんのページの細いヤツはツルツルでとてもきれいなため(嗚呼羨!)比較が
難しいけど、kudamakiさんの細いヤツがもうどう見ても私のと同じで決定です。
つまり、今回の五つの物体には。前回にUPしている城ヶ島の物体以外全て館山
で見つけているので、つまり、館山のヤツらは全部細かった! 細くないけど。
っていうか、撮り直しですよ(泣) そしてこの前とこの記事に至った訳です。
もうちょっと早くちゃんと調べていればすぐ判ったのに、横着なことやってる
からこうです。


ホソテンロクケボリ02
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

取得地:千葉県館山市 2015/10/27

トップ写真上段真中のヤツを拾った時のヤツ。この日はもう一つ、トップ写真
上段右側のヤツまで拾っていて、中々いい調子な日だったんだけど、いい調子
だったのはそれまででした(泣)
それにしても、これだけの貝溜まりが目の前に現れると、微小貝人はそれだけ
で幸せになってしまうのではないですか?


ホソテンロクケボリ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

トップ写真五つの中から二つを大きさ用写真に。結局、ホソテンロクケボリは
ツルピカなヤツとは出逢えていません。まあ普通の打ち上げでは仕方ないこと
なんだけど。そしていつもの習性で、記事UP前にキツチリと六つ目を拾ったの
ですが、その一つのために、また写真を撮り直すことを想像しただけで、こう
目の前が暗くなつたり眩暈がしてみたり無力感が苛んでみたり体重が減少して
みたり(体重、これだけは歓迎します)しそうだったので、スルーですよスルー。


ホソテンロクケボリ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

はい、いつもの。
こうして見ると、少しはツヤらしきものも残っているんだなあ。こうして見て
みると、オレンジっぽい縁取りが判るかと。更にテンロクケボリの私のページ
を見てみると、ちょっと判り難いけど縁取りがないことが判るのではないかと。

全然関係ないのですが、ウサギ系を見つけると、高確率でテンロクケボリだと
勘違いすることが多いです。「ああ、テンロクか~」なんて思って連れ帰って
来て、後から冷静にみると違うヤツだったという現象が何度か発生しました。
似ているヤツならいいのです。でも時に、全く似ていないヤツまでテンロクと
勘違いしたことがあったので、一体どれだけ節穴なのか。


>> 2016/06/13 17:02
こんにちは♪
縁取りがあるのはホソテンロク・・・
私がもっている唯一のテンロクケボリを見てみたら
なんと縁取りがありました~
わかりやすい見分け方ですね^^
また見つけたいですが、これからの季節、チマチマBCはきびしいですね~^^;

>> 2016/06/14 19:50
>KUMIさん

こんばんは~
コメントありがとうございます!

KUMIさんとこだとテンロク系はあまり見られないのですね。
縁取りは私のような素人には非常に判り易い判別法だなあって思います。でもまさか、九割テンロクじゃなかったとはやられました(笑)
私はいい加減ホソじゃないヤツをもう少し見つけたいです・・・
これからビーチコマーには厳しい季節になりますね。でも本格的な夏ビーチ前になってしまう前に、もう少しがんばりたいかも。。

>> 2016/06/27 23:34
自分のブログにも書いたかと思いますが、テンロクよりホソテンの方が見ますね。
貝掘りは全然していないし、漁労屑漁りも刺し網漁師の減少で頭打ち。
最近はまったくウミウサギ類に縁がありません。
まだブログに上げていないのが2種ほろありますが、新しい種類を仕入れたいですね〜。

>> 2016/06/29 13:56
>尚 nao.さん

結局テンロク系に関しては、城ヶ島では一つしか見つけられず、他は全て館山です。館山にはホソテンしかいないのか?って位ホソテンばっかりでした。そういうものなんでしょうかねえ。

しかし、漁労屑が良質なウサギ系の資源だとしたら、かなりの危機ですね。微小貝探しもこれからの季節きついし・・・ 私ももっと新しい種類のウサギを見つけてみたいです。
色落ちのお話を聞いてしまうと、早く手持ちのヤツの写真を撮らねば!と思うのですが、中々手を付けられません。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/146-73812575

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ