09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/05/11//Wed * 13:40
●○シボリダカラ

シボリダカラ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

一体何がどう絞られりゃこんな名前になるのか?とか思いがちですが、どうも
「絞り」とは絞り染めからとられたらしい。そう云われてみると、なるほどう
とか思わないでもないようなあるような・・・ 左側の二つは打ち上げの癖に
かなりのピカピカ度。真中と右二つは最初からそういう色だったのと、経年の
色落ち(古いので2012年モノも)か何かがあるのか、薄まったような色になって
いますが、いずれにしてもとても美しい貝です。青黒い色調の背景に白い斑点
が宇宙空間に星が瞬いているように見えるので、私的にはホシダカラって云う
名前が合ってるように思えるのだけど、既にそういう名前のタカラガイは別に
いるし(白地に黒い斑点の模様)、ホシキヌタってのもいるので大変残念でした。
じゃあソラ(宇宙)ダカラは?(しつこいしゴロが悪い)


シボリダカラ02
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

取得地:神奈川県三浦市 2016/02/22

トップ写真、左上のヤツの打ち上げ時。
この日の海岸はやたらに海藻類が打ち上がっていましたが、その中にそおっと
紛れて落ちてました。メチャクチャピカピカで、青味がかった色が素晴らしく
きれいでした。乾いた時にそのピカピカ度が殆ど変わらなかった時の嬉しさと
いったらもう。本当のツルピカと較べたら落ちるかも知れませんが、打ち上げ
のヤツの中では最上級の部類ではないかと。


シボリダカラ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

左が城ヶ島、右が館山でそれぞれ今年に拾ったモノです。
腹側もかなり特徴的です。モノによっては、白い斑点がブツブツと盛り上がる
個体もあるようですが、今まで一度も見たことがありません。もっともシボリ
ダカラは私が行く海岸でよく見かけられるものでもないので、単純に出逢って
いないだけかも知れませんけど。


シボリダカラ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

何となくオマケの一枚。
このパターンで撮るのが最近自分内で流行っているのか、気がつくとこの構図
になってしまっています。っていうか、タカラガイの効果的な構図ってないの
かな・・・ いつも撮影していていいなって思える写真が出来ず、悩ましい。


>> 2016/05/11 22:48
 
 ご訪問、コメントありがとうございます。
 
 そうですか、2回経験あるんですね。
 突然やってくる恐ろしい痛みですよね。


 私はこれで、3回目の石コロコロ体験でして、最初は筋肉痛かと思いきや、
 ただならぬ痛みで、腎臓結石と判明しても薬なしといわれ痛みに耐えつつ
 帰宅し、ひたすら水をグビグビでした。
 
 お互い気をつけましょうね~

 いろいろ採取されてておもしろいですね~
 どんな人が関わってたのか、想いをはせてしまいます

 うちも自宅前が海なので、台風後はいろんな物が漂着します。
 亡き父は大きな流木を拾ってきて、夜な夜なサンドして、二スをかけ床の間
 にデ~ンと飾ってました。(笑) 
 
 この貝ずっと以前に見たことあります。
 名称は知りませんでした。
 最近前の海の生態も変わってきて、以前見かけた
 貝や魚がどんどんいなくなってきています。 
 

>> 2016/05/11 23:50
>シナモンさん

こちらこそありがとうございます!
私の場合は尿路と診断されました。二回とも病院が休みの祝日で、病院を探しているような余裕がなく、仕方なく自分で救急車を呼びました(笑)
おかげで二回とも違う病院に運ばれ、二回目の病院で、症状が出たときは水をとにかくたくさん飲みなさいって云われましたけど、発症中はおしっこが出ないので、水を飲むのって結構恐怖でしたね。
お互い、気をつけましょう!

元々写真を撮るのが趣味で、その内の目標で日本百選の滝を巡るのをやっていて、その途中でとある浜に寄ってしまったのが運の尽きでした(笑)
基本的には興味があるものは何でも拾います。壜類はアンティークな楽しみ方、貝はその自然の芸術を楽しむ・・といった感じです。

自宅前が海って・・浜拾い人にはこれ以上ないシチュエーションですね~
高知には百選の滝を見に行ったことはありますが、海岸歩きでは行ったことがなく、しかもかなり貝拾いが楽しそうな場所のようなので、また行きたいです。

>> 2016/05/14 21:05
★05/12 00:46にコメントいただいた鍵拍手様

ソラダカラに一票、ありがとうございます! 宇宙と書いてソラと読むのが外せないポイントです(笑)
そうです、百名瀑巡りはあの頃メインでした。今では時間とお足の関連で中々進めることが出来ませんけど・・・
救急車は苦肉の策でした。あんな苦しい状況で病院なんか探していられません。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/138-b2ac975a

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ