09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
特徴:何でもよく拾う
性格:熱いモード
種別:弱蒐集人
居所:海の縁に現れる

空白行を作る
Categories
 
 
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Links
Favorite
 
おさんぽカメラ
浜拾い

とげとげ友の会
あばら寫眞舘

2016/04/13//Wed * 00:22
●○ハナマルユキ

ハナマルユキ01
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

漢字で書くと「花丸雪」だそうです。前回の「初雪宝」は云い得て妙って感じ
な名前でしたが、今回のは一体何でこんな名前が付いたのか、イマイチピンと
来ない、よく拾えるタカラガイの一つです。そして私が持っているタカラガイ
中、一番ツルピカ度が高くしかもそんなツルピカが幾つもあるという類い稀な
逸品で御座います。今年の二月から三月にかけて、三浦と館山でやたらにツル
なヤツらが拾えました。打ち上げでこんなにピカピカなのが幾つも拾えたのは、
このハナマルユキ以外に経験したことがありません。まあ残念ながら亜成貝が
殆どでしたが。トップ写真の左上の三つがなんとか成貝で、後は全部亜成貝。
亜成貝の更に若いのは、真ん中に帯が入っているヤツです。

一番左上の小型のヤツですけど、このハナマルユキツルピカ第一号。拾った時、
なんかやたら異様にツルツルしているな?と思っていたのですが、持ち帰って
よく見てみたらなんと中身入りでした。幾ら突いても動かなかったので、多分
お亡くなりになり立てだったと思います。今まで数だけならやたらに拾ってる
タカラガイの中で、初めての中身入りでした。しかし本当に怖ろしいツルピカ
度であり、中身が無くなってから海ざらしになっていたブツと、つい先程まで
生きていたブツがどれ程違うモノなのか、身を持って思い知りました。宝石と
云っても云い過ぎじゃありません。私は打ち上げ拾い専門なので、こんなモノ
に巡り逢うことはほぼありません。色々調べて、すっごい慎重に中身を抜いて
洗浄しましたよ。おかげで今も尚ツヤツヤしています。


ハナマルユキ02
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

一部のヤツの大きさ写真。上二つは成貝、下二つは亜成貝。大きいのは4cmを
超えるものもあるようですけど、私はどうもハナマルユキの大きいのには縁が
ないようで、成貝は特に、大きいのを見つけられません。


ハナマルユキ03
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

ちょっと間抜けな写真になってしまいましたが、腹側。一番左が前写真の一番
上で、後は順番に並べています。右二つは亜成貝ですが、歯がまだ出来切って
なく、殻も薄くて軽いです。成貝になると厚くなり、重厚感が出て来るのです。


ハナマルユキ04
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM

最後に、ちょっと斜めからのヤツ。成貝トリオ。一番手前は、先述の中身入り
だった個体です。2015年12月に城ヶ島で、打ち上げられた海草の間から見つけ
ました。ツヤピカ過ぎて何が映り込むのか分かったもんじゃなく、中々危険な
シロモノですね・・・


>> 2016/04/13 23:38
今冬はハナマルユキ、ちょっと見かけますね。
ここ数年、タカラガイ類はかなり不作が続いてますが
少し回復してきたかな〜と感じました。
私のブログにも載せてますが、2010〜2011年の冬はキイロダカラがかなり拾えました。
この時はどこに行ってもキイロダカラだらけみたいな感じでしたよ。
それには少し劣りますが、ハナビラダカラ、ハナマルユキもそこそこ多かったです。
そして、その後はずっと不作って感じで、つまりはその時に一気に減りすぎた??
という気がしなくもありません(苦笑)

>> 2016/04/13 23:48
おー、映り込んでますねえ。三浦半島や館山でこんなキレイなハナマルがたくさん拾えるとは。関東では何年かおきにキイロやハナビラもザクザクの拾える当たり年があるみたいですが、キイロやハナビラも拾えてますか?

>> 2016/04/14 21:59
>尚 nao.さん

ということは、毎年この位の時期に多く拾えるという訳ではなく、今年は多目ということなんですね。それならいい時に行けたのかも知れませんね~
尚さんのキイロダカラザクザクのヤツは読ませていただいてました。キイロもハナビラもとても好きなのに未だに殆ど見つけられていないので、もう少し早くから貝殻に興味を持てばよかったって、本気で思いましたよ(笑)
一気に減ってもまたジワジワと増えて行って、臨界点まで到達したら夢よもう一度!ってなって、キイロとハナビラがザクザク!ってことにならないかなあ(><)

>> 2016/04/14 22:03
>なおきさん

打ち上げ専門の私にとっては正に宝物ですね~
半端ない映り込みようです♪
重厚感ある成貝が殆ど拾えず、未成貝ばっかりってのがちょっと不満ですが、そんなこと云ったらバチってもんでしょうね(笑)
キイロとハナビラは全然拾えません。館山では特に三浦と較べたら拾い難いと思いますが、三浦でもこの辺りの貝のポイントを知らないので、まとも(しかもツルピカじゃないけど)なのは一つしか持っていないレベルなんですよ。

>> 2016/04/17 18:25
あまりのツヤツヤっぷりに目がバルスされました。
以前、御前崎でガスガスなものを拾いましたが、ハナマルユキは手持ちがそれ一つきりなので大切に保管しています。
去年、沖縄に行ったときには「拾いたいタカラガイリスト」なんてものを用意してました(笑)
ハナマルユキもしっかりリストに載ってたんですけど結果はゼロ・・・。
私もいつか、こんな綺麗なハナマルユキに出会いたいものです(>_<)

>> 2016/04/17 21:42
よ〜かんさん
おしさしぶりです(^_^;この所込み行って来れませんでしたが・・・

九州では地震が頻発して居りますが、何時何処で何が起こりうるか分かりません
海辺での捜し物の際には特にご注意を!急激な潮位の変動は危険信号ですので
特にご注意を。

>> 2016/04/18 00:23
>やんそさん

そう、あまりツヤツヤなタカラガイを見ると、目がおかしくなりますよね(笑)
私はここまでツヤピカなタカラガイは、このハナマルユキと以前にUPしたチャイロキヌタしか経験がありませんが、とにかく怖ろしいツヤツヤ度です。なんというか、手で持つと熱で曇るんですよ。
そいえば、御前崎には数回行ってますけど、ハナマルユキはほんの二つ三つ位しか見つけてませんね。東京湾側は当りだったようで、今年の二、三月にかけて三浦、館山で結構ツルピカの打ち上げを確認してますよ。ホント、場所によるんですね。
私は去年沖縄に行った時はまだ貝にそれほどの熱意が無かったので、今はそのことがとても悔やまれます。まあその沖縄に行ったことで貝に熱くなってしまったのだから、微妙なところではあるのですけどね。
やんそさんが素晴らしい花丸に出逢うことを祈っています。確実に拾えると分かっているのなら、三浦や館山に是非!と云いたいところだけど、こればかりは、運否天賦ですからおススメし難いんですよね~

>> 2016/04/18 00:29
>darkgrain

おひさしぶりです!
ご心配ありがとうございます。九州の地震は、最初に発生した時は全く気が付かず(テレビもネットも見ていなかったのです)、翌日の朝の出勤時にテレビをつけて初めて知りました。宮崎に家族が住んでいるので人事ではなかったです。早く収束して安心して過ごせる日が熊本の方々に来ることを心から祈っています。

確かに浜歩きはかなり集中するし、特にラジオとか持ち歩いている訳ではないので、非常にいざという時は危険ですよね。ご心配ありがとうございます。気を引き締めなければ・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nidnidid66.blog.fc2.com/tb.php/133-8e34a823

[TOP]
copyright (C) 2006 壜忘備録(仮) all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ